山階鳥類研究所研究報告
Online ISSN : 1883-3659
Print ISSN : 0044-0183
ISSN-L : 0044-0183
24 巻 , 1 号
選択された号の論文の5件中1~5を表示しています
  • 石本 あゆみ
    1992 年 24 巻 1 号 p. 1-12
    発行日: 1992/03/30
    公開日: 2008/11/10
    ジャーナル フリー
    1.1987~1989年の9月下旬から11月初旬に,北海道風蓮湖と新潟県福島潟で標識調査中,アオジの翼長,頭頂羽の羽色及び,風切羽の換羽について調査した。
    2.北海道と新潟県をあわせて99個体の成鳥のデータを得たが,地域による翼長•羽色•換羽の違いは認められなかった。
    3.成鳥の頭頂羽の羽色は性の識別に有効であり,羽色が緑系は雄,茶系は雌となった。性差は自然翼長において顕著に現れ,雄の方が雌よりも翼長が大きかったが,若干の重複を認めた。また,初列風切は換羽を完了していた。
    4.幼鳥544個体を調査した結果,頭頂羽の羽色は緑系と茶系に大別でき,翼長は緑系の個体の方が茶系の個体よりも大きかった。しかし,その測定値は重複が非常に大きく,ばらつきも大きかった。
    5.幼鳥の Post Juvenile Molt は Complete Molt, Partial Molt 及び No Molt であった。頭頂羽の羽色に関係なく,最長風切羽が換羽完了している個体は,未換羽の個体より翼長が大きかった。
    6.幼鳥の翼長のばらつきの原因は換羽状態であり,翼長の長短から性を論じる場合には最長初列風切の換羽状態を考慮する必要がある。
    7.死亡鳥132個体の各部の測定,頭頂羽の羽色及び風切羽の換羽について調査し,生殖器の確認によって性別を判定した。この結果は生体で得られた推論を裏付けた。
  • 上田 恵介
    1992 年 24 巻 1 号 p. 13-17
    発行日: 1992/03/30
    公開日: 2008/11/10
    ジャーナル フリー
    I analyzed the Yellow Bittern Ixobrychus sinensis foods obtained from boluses regurgitated by nestlings in 1991 at Akigase paddy field, Saitama, Japan. Main foods of the Yellow Bittern were fishes and frogs. Of all food items identified, 68% were loachs, 12% were small fishes, Motsugo, and 14% were two species of frogs. A few crayfishes and spiders were obtained. Bitterns did not select the sizes of tree frogs. The Yellow Bittern seemed an opportunistic forager.
  • 藤原 宏子, 奥村 浩
    1992 年 24 巻 1 号 p. 18-31
    発行日: 1992/03/30
    公開日: 2008/11/10
    ジャーナル フリー
    1.一定時間内に発せられる鳴き声について4つの時間的パラメーターを測定することにより,セキセイインコの音声の特徴を明らかにすることを試みた。
    2.セキセイインコの音声にはthe warble state (WS)とthe chedelee state (CS)の2つの主要なstateがある。WS,CSともに時間的パラメーターで表される時間的パターンがみられた。
    3.さらにこれらの鳥(♂3羽,♀2羽)が模倣学習を行うように,毎日3音節の日本語単語が呈示された。その結果1羽の♀を除いて全ての鳥が模倣学習を行った。
    4.また模倣音はすべてWSのelementとして発せられた。このことはWSではelementの周波数の特徴は必須ではないことを示唆している。従ってWSにおいてelementの周波数の特徴は付加的な機能を果たしてはいるものの,WSが機能する上では時間的パターンが必須であると思われる。
  • 江口 和洋, 久保 浩洋
    1992 年 24 巻 1 号 p. 32-39
    発行日: 1992/03/30
    公開日: 2008/11/10
    ジャーナル フリー
    1.史料に基づき,日本におけるカササギの生息の起源について検討した。
    2.16世紀以前の史料にはカササギに関した具体的な記述はほとんどなく,17世紀以降の史料にはカササギの生息地,生息地域における呼称,習性などの記述が見られる。
    3.17世紀以降の江戸時代には,カササギは福岡,佐賀両県の有明海沿岸(旧柳川,佐嘉藩領内)で多く目撃されている。
    4.17世紀前半には,カササギが朝鮮半島より人為的に渡来したとの認識が広まっていた。
    5.佐嘉藩ではカササギをもたらした人物の名が記録されている。
    6.佐嘉藩ではカササギは捕獲禁止の対象となり,17世紀に禁止令が何度か発令された。
    7.史料検討の結果,カササギは17世紀以降に朝鮮半島より旧柳川,佐嘉藩領内へ移植され,藩主の保護策により個体数を増加させたと,推測される。
  • Yoshika Oniki
    1992 年 24 巻 1 号 p. 40-41
    発行日: 1992/03/30
    公開日: 2008/11/10
    ジャーナル フリー
    ドバトColumba liviaはブラジルでは地上で米,パン,トウモロコシを食べているが,九州でドバトが早朝に樹上で椋の実を採食しているのを観察した。
feedback
Top