山階鳥類研究所研究報告
Online ISSN : 1883-3659
Print ISSN : 0044-0183
ISSN-L : 0044-0183
4 巻 , 1 号
選択された号の論文の9件中1~9を表示しています
  • 黒田 長久
    1964 年 4 巻 1 号 p. 1-30
    発行日: 1964/06/30
    公開日: 2008/11/10
    ジャーナル フリー
    この報告は,東京都の農地(江戸川区谷河内)と市街地(渋谷区常磐松東宮仮御所)のムクドリ巣箱コロニーの蕃殖率に関する比較で,1956,'57年度の研究(Kuroda 1959)に引続き,1963年まで(但し1958,1962年を除く)の結果をまとめたものである。内容は1)産卵開始と温度,積算温度の関係,2)産卵開始頻度の年及び時期的変化,3)1巣卵clutch sizeの年,場所及び時期的変化,4)蕃殖成功率比較からなるが,5)は別報とする。結果は次のように要約できる。
    1.天候とくに気温の産卵日への影響は平均産卵日及び最早産卵日から検討した。産卵日は1巣卵の初卵日で示した。
    2.平均産卵日は両コロニーで年毎に平行的な変動が示され,4月下半期の気温との関連が暗示された。
    3.最早初卵日の意義について論じ検討した結果,産卵前10日間の気温や日照時が場所,年月日によらず最も一定で,その値従って積算温度が,産卵域値となると考えた。
    4.食物は産卵の栄養的要因であるが時間的要因ではないという考えに到達し,この観点から,育雛期と餌条件との一致について論じた。
    5.年度最早産卵は有意義に市街地コロニーで数日早く,これは市街地で農地より5日平均の気温が0.2~2.7°C高いという統計で支持され,その関連を認めた。
    6.温度条件の上では産卵域値に達しても,コロニー内の心理的要因により,実際の産卵日に,とくに若鳥において,変動が起ることを観察を基にして論じた。
    7.1巣卵とくにその上限は統計的に有意義に市街地コロニーで大きく,これは食物条件が完く異ることに関連すると思われ,市街地では動物食に木の実が多く混る。
    8.巣箱架設後,2~3年で上限1巣卵が多くなり,4~5年目に低率となる傾向が両コロニーに共通して暗示された。これは個体群の年令転換を反映すると思われ,将来興味が持たれる。
    9.大1巣卵は蕃殖期の初期に,小1巣卵は後期に産まれる傾向は両コロニーに共通で且明かに現われ,その要因及び進化的意義について考察した。
  • 金井 郁夫
    1964 年 4 巻 1 号 p. 31-41
    発行日: 1964/06/30
    公開日: 2008/11/10
    ジャーナル フリー
    1960年から1963年までの4年間に調査した,70個のツバメの巣に関するデーターをまとめた結果を次に記す。
    1.造巣作業中,巣での滞在期間は平均34秒,泥の運搬間隔の平均は73秒で,1時間の回数は平均27回である。仕事は主に午前中行い,造巣日数は平均10日である。
    2.縦の変異は4.8~12.1cmで平均が7.9cm,標準偏差は1.05である。
    3.横の変異は7.5~14cmで平均が9.9cm,標準偏差は1.23である。
    4.縦横差の変異は0~6cmで平均が1.7cmである。
    5.縦横平均の変異7~13cmで平行が8.9cm,標準偏差は1.09である。
    6.深さの変異は1.5~5cmで平均が3.2cm,標準偏差は0.27である。
    7.外高の変異は2~32cmで平均が7.8cm,標準偏差は6.04である。
    8.巣上空間の変異は4~42cmで平均が10.8cm,標準偏差は2.78である。
    9.旧巣と新巣の測定差は,縦で0.3cm(3.8%)古巣,横で0.9cm(9.1%)古巣,縦横変異(差)で0.4cm(24%)新巣,縦横平均で1.4cm(16%)古巣,深さでは0.4cm(1.1%)古巣,外高で0.8cm(10%)古巣,巣上空間で2.5cm(23%)古巣の方が大きい。
    10.屋外と屋内の測定差は,縦で0.1cm(1.3%)外,横で0.4cm(4%)外,差で0.4cm(23.%)外,縦横平均で0.1cm(1.1%)内,深さで0,外高で1.6cm(2.1%)内,巣上空間で4.8cm(44%)外が大きい。
    11.各調査項目とも一般に旧巣が新巣より大きい。但し,縦横変異は新巣が大である。屋外と屋内を比べると,巣の上面積と巣立ちの空間は屋外の方が大きい。他はすべて屋内巣が大である。
    12.ツバメの巣は一般に横長である。縦と横は比例し,縦横平均に対し深さは変異の幅が狭い。営巣に必要な空間は6~74cmで平均19cmである。縦横平均と容積指数,深さと容積指数は比例している。
  • 黒田 長久
    1964 年 4 巻 1 号 p. 42-52
    発行日: 1964/06/30
    公開日: 2008/11/10
    ジャーナル フリー
    1.1957年から1963年の間,東京都渋谷区常磐松旧東宮仮御所において,皇太子殿下の設置せられた二種のムクドリ用集団巣箱の利用成績を記録させていただいた。
    2.四面集団巣箱(一面5巣房)では3番までは正常蕃殖したが,通常一面を一番が占領して上巣房で蕃殖し下巣房にも営巣することが多く,この労力のため卵期がおくれたり,巣材の入れかえなどに終始し或は1~2卵を放卵するに止まった例や1腹を二巣に分産して抱卵度不足で孵化しなかった場合などがあった。
    3.横列集団巣箱(横列に30個で入口は交互)でも,殆んどすべての巣房に営巣するが,同様に放卵とか分産の例をみた。
    4.この式では左右の端の方の巣房を多く利用し中央部はなわばりの拡張の意味の営巣に止った。
    5.一般に雛の巣立ちの後で営巣欲が再発し同一巣又は隣接巣房に営巣が進んだ。しかし二回目産卵例は少なかった。
    6.色別では白(恐らく端という位置効果も加わり)がよく黄,赤,生木など区別し難かったが,緑は成績がよくなかった。
    以上の如く,これらの集団巣箱も好んで利用するが,巣なわばりの習性のあることから余分な巣房の占領営巣や分産など有効でない点が認められた。しかしこれらを考慮すれば集団的に調査できる利点を生かすことができると思われる。
  • 黒田 長久
    1964 年 4 巻 1 号 p. 53-54_8
    発行日: 1964/06/30
    公開日: 2008/11/10
    ジャーナル フリー
    On 29 November, 1963, excellent photographs of a big roost flock of Grey Starling were taken by Mr. Shigemoto Otaka at Koshigaya roost, Saitama Prefecture. Number of birds were counted by checking each bird within 2-5cm squares on the tracing papar attached on the photographs enlarged to 40×23cm. Even minute dots of birds could be checked with light from below. In a photo of distant flock estimates of densities per square were made by counts with sample squares. The results of counts from four (three show part of the flock) photographs well coincided and 15, 000 birds were determined for this roost in the early winter. Former observational counts were 49.690 birds in February and only 1, 500 birds in April, 1960.
  • 小沢 敬次郎
    1964 年 4 巻 1 号 p. 55-57
    発行日: 1964/06/30
    公開日: 2008/11/10
    ジャーナル フリー
    In August 1963, Umitaka Maru, a training ship of University of Fisheries, made a research cruise in central Japan Sea. Birds and insects observed during this navigation were recorded with meteorological notes.
    Twenty or thirty of Streaked Grasshopper Warblers Locustella lanceolata were encountered and one was obtained on August 21 in 36°54'N, 134°47'E and one Middendorff's Grasshopper Warbler L. ochotensis was captured on August 22 in 39°13'N, 135°02'E. On these days a low pressure storm of the maximum wind velocity 15m/s passed this sea area, causing strong NE winds at its front and accompanying heavy rains and SW winds south of it.
    On both days, dragonflies, Pantala flavescens, also passed near the ship. Apparently, the storm had drifted these birds and dragonflies (which were otherwise found near the coast) to the central Japan Sea while they were migrating along the coast.
  • 黒田 長久
    1964 年 4 巻 1 号 p. 58-62
    発行日: 1964/06/30
    公開日: 2008/11/10
    ジャーナル フリー
    The comparative study of the ontogeny of behaviour should be of evolutionary interest, as in the morphological characters. Here some reported data of observations of this sort are extracted for comparison from the works of Barrand (Great Tit, Chaffinch), Blase (Red-backed Shrike), Kuroda (Grey Starling), Messmer (European Blackbird. Original was not available) and Sauer (Garden Warbler).
    Twenty four behaviour items classified into sight development, physical behaviours (preening, etc.), self protection (crouching, fleeing, etc.), social behaviours (aggressiveness, juvenile song, juvenile nesting, etc.) and food getting (oriented gaping, pecking, species-specific use of bill, self foraging and drinking, etc.) were selected for comparison.
    It could tentatively be concluded that: 1. The duration from hatching to self foraging does not differ much by species with different habits and duration of nestling life. This should there-fore be the evolutionary basic Passerine character. 2. The hole and open nesters would have developed later adaptively. The nestling life was lengthened in the hole nesters (about 20 days) and shortened in the open nesters (10-15 days) as the result of natural selection against predators, but the basic growth pace was not changed. Thus hole nest chicks that stay longer in the nest are fed by parents shorter time after flying since they are well grown and open nest chicks fly precociously and are fed longer (Thus they retain incomplete adaptation against the danger of predation when flying). 3. This difference of the nestling period caused the difference in the timing of physiological and behavioural growth of early nestling life, such as eye-opening, lateral sight, preening and self protection, etc. These were accerelated in open nest chicks so as they have developed by the time of their precocious flying from the nest. 4. But, this accerelation of the occurrence of behaviours seems to have not influenced the basic timing of the final completion of self foraging. However, at the time when self foraging becomes established species-specific use of the bill (and feet) occurs similarly at around 20-25 days after hatching irrespective of the difference of habit by species. 5. The social habits occur first as an aggressiveness against each other (head forward posture, maintenance of individual distance) at different period by species (this occurs early at about 20 days in strongly territorial species), but always after or when the self foraging is established. 6. These species-specific behaviours (4 and 5) which occur latest during the ontogeny should be the ethological characters which have evolved recently.
  • 1964 年 4 巻 1 号 p. 62a
    発行日: 1964年
    公開日: 2008/11/10
    ジャーナル フリー
  • 1964 年 4 巻 1 号 p. 62b
    発行日: 1964年
    公開日: 2008/11/10
    ジャーナル フリー
  • 小沢 敬次郎
    1964 年 4 巻 1 号 p. Plate1
    発行日: 1964/06/30
    公開日: 2008/11/10
    ジャーナル フリー
feedback
Top