山階鳥類研究所研究報告
Online ISSN : 1883-3659
Print ISSN : 0044-0183
ISSN-L : 0044-0183
5 巻 , 1 号
選択された号の論文の11件中1~11を表示しています
  • 黒田 長久
    1967 年 5 巻 1 号 p. 1-12
    発行日: 1967/06/30
    公開日: 2008/11/10
    ジャーナル フリー
    1. This is the second report on the result of monthly census (but lacking a few months) made during April 1966 and March 1967 in the Imperial Palace (4km) and Akasaka Palace (2km) by six research members.
    2. The census was made by line transect through the same routes as those of the previous year. In total 64 species, with addition of 6 species to the previous year list, in the Imperial and 56 species, with 11 additions at Akasaka palace, were recorded
    3. Comparisons of the census by year at each Palace and between two palaces are discussed.
    4. During January to March, a flock of more than 1, 400 Carrion Crows, Corvus corone, concentrated at the Imperial Palace, returning from their morning feeding areas (E-S-W directions) from about 10.00am. Such a concentration has not been seen in the previous year.
    5. In general, bird density was higher at Akasaka Palace with smaller area.
  • 石沢 慈鳥, 千羽 晋示
    1967 年 5 巻 1 号 p. 13-33
    発行日: 1967/06/30
    公開日: 2008/11/10
    ジャーナル フリー
    Stomach contents of the following 12 species, 202 individuals of hawks collected by the sinior author during 1924-1937 in nothern part of Japan were analysed by the junior author: Falco peregrinus(5), F. columbarius(6), F tinnunculus(13), Buteo buteo(57) Spizaetus nipalensis(6), Circus aeruginosus(5), Accipiter gentilis(14), A. nisus(41), A. virgatus(23), Milvus migrans(15), Pernis apivorus(12), and Butastur iudicus(6),
    The specimens were collected throughout the year but more in winter except from some buzzards, goshawks, sparrow-hawks, honey buzzards and buzzard-hawks, the last two being summer visitors.
    The result can be shown by the table below:
    It is to be noted that although many passerine birds are taken by these hawks, the Tree Sparrow, which is the seasonal pest to rice crops, far more outnumbered other species; for example, it occupied 73% of the diet of Sparrow-hawk, Accipiter nisus.
  • 細野 哲夫
    1967 年 5 巻 1 号 p. 34-47
    発行日: 1967/06/30
    公開日: 2008/11/10
    ジャーナル フリー
    1.1962年3月~1964年4月までの間に長野県下善光寺平の川中島町北戸部常行寺附近に行動圏をもつオナガ群を対象としてその就塒行動を調査した。
    2.塒に選択する樹種はリンゴと庭木で,その変更は規則的である(Fig.2参照)。
    3.塒の季節的変動を就塒羽数の変動(Fig.3),塒場所の変動(Fig.4)からとらえ,塒型を5つに区分した(Table.2)。
    4.入塒および休眠時刻の季節的変化(Fig.5)を照度および食物条件から検討した。
    5.就塒行動を5つの塒型から検討し,a繁殖期型,b日中行動圏内型,c日中行動圏外型の三つの就塒行動型を設定した。
  • 山本 弘
    1967 年 5 巻 1 号 p. 48-60_4
    発行日: 1967/06/30
    公開日: 2008/11/10
    ジャーナル フリー
    1. First detailed observation on the breeding biology of Phalacrocorax capillatus has been made by the author chiefly in 1962 and 1963. About 1, 000 photographs, taken using 750mm astronomical telescope from a distance of about 100 meters, were analysed.
    2. The breeding colonies were on the top of coastal rocky islands, about 60m in height, which could be observed only from a cliff point of mainland of the same height, difficult to access.
    3. The arrival to the colony, in April, is irregular and if the former site were found disturbed by man, other place is selected, although the same colony has been used for some years under predation by sea-eagle Haliaeetus albicilla. Thus the shift of colony site by year was not unusual, and the disturbance by man during a breeding season seems to cause the shift in the next year.
    4. Nest material is collected from nearby and the amount of nest-pile differed by site. Nest may be completed in about 10 days but material is brought in by male until after laying.
    5. Clutch size was unclear, and it might be that eggs are covered by material on leaving, since eggs were shown in no photograph. Change of incubation was made after a short ceremony and is initiated by returned bird, but in other cases, the latter (male ?) fed the sitting bird and remained standing nearby. The female usually has more white neck plumes and the male broader black area around the bare face.
    6. Incubation period was estimated as 34 days based on various photograph series of the same pair. The brood size was 3 in all cases observed.
    7. Usual feeding method by both parents is described and their ceremonial behaviour was still observed during this period. On one hot day, a parent was observed to disgorge water which was poured on the chicks: two times per chick, the parent returning with water four times with the intervals of 5 minutes.
    8. Chicks may move out of the nest by about 40 days. In this period a returned parent pretended to feed the begging chick and flew off, but the chick did not follow. A chick was observed to flap down possibly to the water and after the flying of chicks no family bond was confirmed, each individual acting entirely at their will.
    9. The growth of chicks is described by stages, their plumage is totally black first and becomes white below later.
  • 羽田 健三, 小林 建夫
    1967 年 5 巻 1 号 p. 61-71
    発行日: 1967/06/30
    公開日: 2008/11/10
    ジャーナル フリー
    1.巣は雑木林中の蔓性木本のからまる木に造られ,巣の高さは地上から平均2.8mであった。
    2.産卵は1日1卵ずつ早朝になされ,卵数は4が8巣,3が1巣であった。
    3.抱卵は♀のみによって行なわれ,4卵の巣では3卵目産下の夜から抱卵に入る。抱卵期間は13~14日である。1回の抱卵持続時間と巣外時間の平均はそれぞれ29.95分,12.81分で,♀は巣内もしくは巣ふきんで♂から給餌を受けることはなかった。
    4.全卵の孵化はおよそ12時間以内に行なわれるが,1巣のみ24時間を要した。
    5.給餌は孵化日から始まり,総回数の約60%を♀が占めた。給餌物は昆虫類が主だが木本植物の漿果も認められた。ヒナの糞はその96.8%をその場で呑み込んだ。抱雛も♀のみによって行なわれ,気温の低い時期では巣立ちの前夜間も行なわれた。
    6.巣立ちは孵化から10~11日である。
    7.家族群はおよそ2ケ月間ナワバリ地域内で行動した。
    8.ナワバリはMAYR(1935)によるA型に属しその面積の平均は1,4000m2であった。争いは同種に対して最も多く,モズやカラス科鳥類に対しても行なわれたが,そのうち80%以上を♂が行なった。警戒は巣立ちとともに急に増大した。♂による早期のナワバリ巡回が巣造り期から巣立ち目まで見られた。
  • 羽田 健三, 小淵 順子
    1967 年 5 巻 1 号 p. 72-84
    発行日: 1967/06/30
    公開日: 2008/11/10
    ジャーナル フリー
    この研究は,ヒバリ,Alauda arvensis japonicaの繁殖期の生活を究明するために,長野県東部の小諸市郊外(海抜約680m~700m)において,野外観察を行なった結果から,巣造り,交尾,産卵,抱卵,フ化育雛,巣立ち,家族期,ねぐら,諸行動の分担,サエズリ,争い,繁殖率について述べてある。この主要調査は1966年に行ない,1巣の第1繁殖についての観察結果を主とし,比較のために他の巣の結果も用いている。
    1.平均2.25回繁殖(成功,失敗を含む)であるが,1回の繁殖生活は,巣造り交尾期,産卵抱卵期,育雛期(フ化も含む),家族期(巣立ちも含む)と区分した。
    2.巣材運搬は♀のみで行ない,長くとも1週間で仕上る。re-nestingの時は,ほんの2,3日で仕上げてしまう。
    3.産卵はほとんどの場合1日1卵ずつ,朝方行なわれる。抱卵は♀のみで行なわれ,第1卵産下と同時に徐々に増加し,最終卵の日には完全な抱卵に入る。夜間抱卵は,終卵前夜から行なわれた。
    4.終卵産卵の翌日から10日目にフ化する。ほとんど同日フ化である。
    5.育雛期における給餌回数の♂♀の割合は,♂36%,♀64%で,給餌形態はすべて,採餌してきた親が直接ヒナに与える。
    6.育雛期間は9~10日と短く,巣立ってから次の繁殖の始まるまでの日数は,平均約19日である。
    7.繁殖諸仕事の♂♀分担は次のようである。♂はサエズリ,♀は巣造り,抱卵,抱雛を分担し,防衛行動と給餌は♀♂共に従事するが前者はほとんど♂により,後者の大半は♀によって行なわれる。
    8.♂のサエズリは,空中サエズリ,地上サエズリの二種類があり,またサエズリは常に防衛行動と関連してなされている。1日のサエズリ開始と終了の時刻の季節的変化を見ると日出,日入の時刻と調和的である。2種のサエズリ時間の合計は,日中時間の14%にあたる。
    9.争いの日周変化は,サエズリと同じく朝方と夕方にピークがある。また期別変化をみると,サエズリの変化と調和的である。
    10.繁殖が産卵期まで以上に進行した18巣の平均卵数は約3.6個,フ化率75%,巣立ち率47%となった。
  • 竹丸 勝朗, 小笠原 〓
    1967 年 5 巻 1 号 p. 85-91
    発行日: 1967/06/30
    公開日: 2008/11/10
    ジャーナル フリー
    宮城県,伊豆沼,内沼における鳥類の調査を1967年1月から3月及び1965年11月から1966年3月までの2冬期間に,特に水鳥を中心に行なった。
    両沼周辺で観察された鳥類は25科69種1亜種で,そのうち,留鳥28種,冬鳥35種1亜種,漂鳥3種,旅鳥3種となっている。そのうち,38種が水鳥及び水辺の鳥である。
    このうち,マガン(Anser albifrons)は特に多く,1,500羽以上,オオハクチョウ(Cygnus cygnus)は,1966年2月17日に460羽内外で,近年の最高値を示した。ハクチョウ(Cygnus columbianus)は1966年,1月1日に109羽を数え,その後2月初旬には50羽内外に減じていた。
    また比較的数の多い種としては,ヒシクイ(Anser fabalis)が50羽内外,カワアイサ(Mergus merganser)が1965年1月17日に200羽円外,ミコアイサ(Mergus albellus)が20羽内外それぞれ認められた。
    その他珍らしい種として,ハクガン(Anser caerulescens)が1965年2月24日から3月17日までに1羽,シジュウカラガン(Branta canadensis)が1965年2月25日に1羽,カリガネ(Anser erythropus)が1966年2月18日に1羽,それぞれ観察され,ハイイロチュウヒ(Circus cyaneus)は1965年2月24日と1966年3月22日に各1羽,オジロワシ(Haliaeetus albicilla)は時々みられ,オオマガン(Anser albifrons gambelli)は伊豆沼で1966年2月18日にはじめて記録された。この種は,1925年千葉県手賀沼及び仙台市福田町で,1964年12月につぐ3度目の記録である。
    さらに伊豆沼,内沼における生態的知見として,主な水鳥の冬期における滞在期間及び分布,移動行動についての概要について記載した。
  • A. Hoogerwerf
    1967 年 5 巻 1 号 p. 92-99
    発行日: 1967/06/30
    公開日: 2008/11/10
    ジャーナル フリー
  • 中川 道朗, 東 政宏
    1967 年 5 巻 1 号 p. 100-105
    発行日: 1967/06/30
    公開日: 2008/11/10
    ジャーナル フリー
    A pair of C. c. ciconia first bred in 1964 in a flying cage three years after arriving. In this year, the family was transfered into a new cage, 26×29×12(hight)m, together with other birds. This pair, raised chicks successfully also in 1965 and 1966, almost at the same season. Their behavior and growth of chicks are described and shown by photographs.
  • 黒田 長久
    1967 年 5 巻 1 号 p. 106-109
    発行日: 1967/06/30
    公開日: 2008/11/10
    ジャーナル フリー
    Various types and degrees of asymmetry of ears in owls have been studied by Pycraft as earlyas in 1898 (also 1910). But, this interesting adaptive feature seems to have not been reexamined, except recently illustrated by Payne (1967) in Tyto. Here, remarkable type of asymmetry in Asiof lammeus is confirmed by photographs. Although the skull is symmetric in basic structure as Pycraftstated, a minor asymmetry could be found in more protruded squamosal wing on the right side, andperhaps compensatory slight reduction of post-orbital process of the same side was noticed. Thefacial discs can be most extensively turned over in Asio among owls. Ninox for example, has nofacial disc opercula and has normal symmetric external ears. It is to be noticed that different typesof asymmetry revealed in owls may be taken as an example of random adaptations established bynatural selection. The sygnificance of ear asymmetry for sound orientation has been discussed byPumphrey (1948), and the comparative development of the facial discs is considered in relation tohabit by Grossman & Hamlet (1965).
  • 山田 巽
    1967 年 5 巻 1 号 p. Plate1-Plate4
    発行日: 1967/06/30
    公開日: 2008/11/10
    ジャーナル フリー
feedback
Top