山階鳥類研究所研究報告
Online ISSN : 1883-3659
Print ISSN : 0044-0183
ISSN-L : 0044-0183
6 巻 , 1-2 号
選択された号の論文の13件中1~13を表示しています
  • 山階 芳麿
    1970 年 6 巻 1-2 号 p. 1-15
    発行日: 1970/12/30
    公開日: 2008/11/10
    ジャーナル フリー
    The University of Kyoto has dispatched a scientific exploration party to the north side areas of Nassau Mountains, West New Guinea, between November, 1963 and March, 1964. Dr. Taian Kato, the leader of the party collected sixty six (66) specimens of birds belonging to 39 species at the following four localties.
    (A) Area along the upper reaches of Kemabu River, between Homeo and Ugimba (elevation 3, 000-3, 500m).
    (B) Dogabu River, chiefly in the vicinity of Hitariba (elevation 1, 700-2, 500m).
    (C) Area along Dogabu River, near Beoga (elevation 1, 700-2, 500m).
    (D) Area along the upper reaches of Kemabu River, in the northern skirt of Carstenz Top (elevation 3, 500-4, 000m).
    Annotated list of the following species is given with localities, measurements and notes:
    Excalfactoria chinensis novaeguineae, Anurophasis monorthonyx, Rallus pectoralis captus, Gallinago megala, Macropygia n. nigrirostris, Psittacella modesta subcollaris, P. lorentzi, Eurostopodes archiboldi, Collocalia vanikorensis granti, Anthus gutturalis wollestoni, Turdus poliocephalus versteegi, Crateroscelis robusta sanfordi, Sericornis beccarii idenburgi, S. a. arfakianus Megalurus timoriensis macrurus, Rhipidula a. atra, R. brachyrhyncha devisi, Machaerirhynchus nigripectus saturatus, M. flaviventer albigula, Microeca papuana, Poecilodryas albonotata griseiventris, Pachycephalopsis poliosoma approximans, Pachycephala schlegelii viridipectus, Pitohui dichrous monticola, Paradigala brevicauda, Lophorina superba feminina, Myzomela r. rosenbergii, Toxorhamphus poliopterus maximus, Melidectes nouhuysi, M. belfordi kinneari, Oreornis subfrenatus melanolaema, Ptiloprora erythropleura dammermani, Dicaeum geelvinkianum setekwa, Pristorhamphus vesteri meeki, Paramythia montium olivaceum, Zosterops f. fuscicapilla, Lonchura teerinki, Erythrura trichroa sigillifera and Oreostruthus fuliginosus pallida.
  • 黒田 長久
    1970 年 6 巻 1-2 号 p. 16-31
    発行日: 1970/12/30
    公開日: 2008/11/10
    ジャーナル フリー
    The 5th year result, April 1969-March 1970, of monthly 2 hour bird census in the Imperial Palace, along a same route of 4.1km, is reported. The route includes pond areas with winter duck resort and summer heron colony. Total of monthly recorded species varied from 18 (June) to 31 (April), with average of 23.2. The number of birds recorded were 264-718, av. 439.2. Total number of species so far known from the Palace is 75 of which 48 were recorded in the period with only one addition, Japanese Robin which occurred on migration.
    Seasonal fluctuation of the number of Great Tit during the past five years, their flock sizes by month, their winter feeding sites, etc., fruits and seeds eaten by birds, records of dead birds found and short accounts on some species are added.
  • 吉井 正, 蓮尾 嘉彪, 市田 則孝
    1970 年 6 巻 1-2 号 p. 32-53
    発行日: 1970/12/30
    公開日: 2008/11/10
    ジャーナル フリー
    During the period covered by this report, April 1, 1968 to March 31, 1969, total of 19, 759 birds, 139 species were ringed at 34 localities in 21 prefectures of Japan and Southern China Sea. The number of birds ringed and released is shown in Table 1. The names of principal ringing sites and cooperating ringers are shown respectively in Table 2 and Table 3. Recoveries of birds ringed by our ringing team and its cooperators are totalled to 100 birds of 20 species, of which 21 individuals of 5 species were reported from foreign territories. Those recovered at or in close proximity to places where ringed, and less than 6 months after ringed, are not described here. Furthermore, those of Motacilla alba and Delichon urbica recovered at the ringing places, even in case of more than one year after ringed, are also excluded. Recoveries of birds ringed by the ringing team of the Forestry Experiment Station, Ministry of Agriculture and Forestry are mentioned in Appendix, but their ringing information are not described in this bulletin. During this period, recoveries of 14 birds of 5 species ringed abroad were reported from the interior Japan. Among these, the specially interested are, one Anas acuta ringed in California, U. S. A. and three Sterna fuscata which were ringed at Midway Atoll, U. S. A. and blown to Kochi Prefecture by a typhoon.
  • 内田 康夫
    1970 年 6 巻 1-2 号 p. 54-72
    発行日: 1970/12/30
    公開日: 2008/11/10
    ジャーナル フリー
    Although white and grey forms had long been known in Japanese Crested Ibis Nipponia nippon, its scarcity prevented detailed research. Contrary to a former opinion that these were color phases, Mr. H. Sato (1957) considered them as seasonal forms and later suggested (1968) that the grey form is caused by cosmetic coloration toward breeding season.
    This paper presents a detailed analysis on the mechanism of this type of color change based on numerous feather samples offered to Yamashina Institute by Mr. Y. Muramoto who collected them in its natural habitat in Ishikawa for many years. Supplemental observations were made with live birds in Sado I. with valuable assistance of Messrs. K. Chikatsuji and T. Takano of Ibis protection Center. Histological studies were made by the author at Department of Zoology, Tokyo University.
    Some important points clarified in this paper are as follows:
    1. The feather samples suggested neither of the known types of color change: 1) molting, 2) abrasion, 3) cosmetic staining with color substance in preen oil, 4) photo chemical change of biochrome in the feather, and 5) external staining (e. g. iron in water birds).
    2. Under the feathers surrounding the naked face of Japanese Crested Ibis, a particular area of the skin was found producing 'black substance.' (Fig. 12).
    3. A few tiny samples of this black substance fell on the snow when a captive ibis scratched that region of the head (Fig. 13, 14). These could be collected and used for chemical analysis (to be published elsewhere).
    4. Prior to the breeding season, in late January through February, a characteristic behavior of rubbing the side of its head to the shoulder region was observed after bathing. This was named 'daubing behavior' (Fig. 16) and it lasted 20-30 minutes followed by normal preening.
    5. The grey, or rather blackish, tint of the neck to shoulder region got deeper as the 'daubing behavior' was repeated.
    6. Histologically, it was proved that the grey tint was caused by external adherance of 'black substance' to the proximal (not distal) barbules of the normal white feathers (Fig. 4-10).
    7. The black substance on the feathers and those picked up after head scsatching were identical microscopically and chemically. These are supposed to come out along feather pores of the skin, since the feathers of the black substance producing area had black ring near the root of the rachis (Fig. 2, 9, 10).
    8. The change from grey to white form occurred by normal post-nuptial molting (Fig. 17) and neither 'daubing behavior' nor dropping of black substance was observed after bathing in this period.
    9. The 'daubing behavior' was so important in this new type of plumage color change that even during the critical period of change from white to grey form, the white plumage remained untinted unless this behavior was performed, which always occurred after bathing. Five to six bathing-'daubing behavior' sequences completed a typical grey form. The first bathing of the season was observed on a fine day in late January.
    10. Physio-ethological mechanisms and the hormonal control involved were analysed (Fig. 20) and significance of the grey form was discussed eco-evolutionarily.
  • 黒田 長久
    1970 年 6 巻 1-2 号 p. 73-81
    発行日: 1970/12/30
    公開日: 2008/11/10
    ジャーナル フリー
    Thirteen examples of Corvus levaillantii japonensis obtained in Tokyo, May 27, 28, 1969, were measured, and examined anatomically.
    1. Sex ratio was even, being 6_??__??_, 7_??__??_, and one of the each sex retained Bulsa of Fabricius (the famale example examined still showed a small non-pneumatic part of the skull). These, and perhaps one other male, were young of the previous year. Others were probably non-breeding 2nd year subadults, having little developed gonads in this season (Least developed in the above young of the year). One of the famale was a breeding adult having incubation patch.
    2. They had little or almost no fat, except one young male which ate more animal food.
    3. Body weight and all external measurements were larger in the male, and this difference was expressed by 'sexual index', S. I. which is: smaller measurement/larger measurement % (positive value in _??_>_??_, and negative in _??_>_??_), and its significance was discussed. This index ranged 88.94% (Body weight)-98.33% (Tail 1.) and all were positive.
    4. In one example, the total pectoralis was 14.82% of body weight, the femoral muscles 5.66% and tibial 5.50%.
    5. Length of intestine was average 882.0mm in 5_??__??_, 895.7mm in 7 _??__??_ and 'intestine index', 3√body weight/length of intestine, was calculated, which was 0.101 in the male and 0.100 in the femal. The caeca were 15-16mm. The gizzard was av. 38×28mm in size and 10.5g (1.4% of body weight) and the liver in one example was 2.74% of body weight.
    6. Most gizzard and intestine (4 examples examined) contained cherry berries (their stones) with other items such as toad's part, beetles, pigeon eggshell, bird feathers and animal hairs (probably chair material) or cake piece, etc. In observation toad and rat are favored food items beside human food debris.
    7. Two species of Cestodes, Passerilepis sp. and Raillietina sp. were found in all of four intestines examined (not found in the gizzard) and the numbers were counted by individual length and by its sum, i. e.: the 'total parasite length'. Younger bird (with Bulsa of Fabricius) had total parasite length of only 10cm and the intestine was clean, while others had from 85cm (scattered along the intestine wall), 137.2cm (clustered at the middle) to 191.7cm (found as two clusters) in an adult female with incubation patch. The individual length was also increasingly longer.
    8. The parasite's number and total parasite length thus increase with the age of the bird and this might affect the bird's longevity or mortality. The Acanthocephala usually to be found in suburban crows (possibly C. corone) was not found and this reflects that C. levaillantii in Tokyo is permanent resident within the city zone.
  • 中村 登流, 山岸 哲, 飯島 一良, 牛山 英彦
    1970 年 6 巻 1-2 号 p. 82-102_1
    発行日: 1970/12/30
    公開日: 2008/11/10
    ジャーナル フリー
    1.霞ケ浦西岸におけるコジュリン(Emberiza yessoensis)の高密度個体群の調査である。
    2.この高密度個体群の生活域は繁殖コロニーと,それをとりまく共同採食地とから成っている。繁殖コロニー内での密度は7.67羽/haであり,共同採食地を加えると1.48羽/haとなる。
    3.繁殖コロニー内でのテリトリイは,2~3番いのグループの共同防衛地である。このグループは棲みつきの単位であり,囀鳴活動によってとりまかれており,中心部に営巣位置がかたまっている。単位内の各番いの間隔あけは直接のたたかいによっている。
    4.共同採食地はコロニーは隣接しており,各個体は別々に営巣テリトリーから20~700mのところへ採食に行く。個体によって一定地域へ行き,棲みつき単位や番いのメンバーに関係はない。
    5.共同採食地は広大な水田地帯内の農道の草地であり,繁殖コロニーはカモノハシ草原である。そのあり方はルーズなコロリーということができる。
    6.採食地との接触部からコロニー内へ深く入るにつれてclutch size, brood size,卵重が減少する。採食地からはなれているテリトリーのものほど,遠くへ採食に行くために,コロニー内の栄養配分が不平等となるからである。
  • 山岸 哲
    1970 年 6 巻 1-2 号 p. 103-130
    発行日: 1970/12/30
    公開日: 2008/11/10
    ジャーナル フリー
    1.この研究はホオジロ(Emberiza cioides)の繁殖期生活の特殊性を明らかにするため,1965年から1967年まで長野県長野市近郊の畑地で行った。
    2.ホオジロの隣接する数番の営巣開始は非常にシンクロナイズされていて,4月下旬から5月上旬にはじまる。
    3.営巣は雌のみによって行われ,営巣日数は3~9日で,平均6日であるが,繁殖シーズンの早期営巣者では長く,晩期営巣者では短い。
    4.巣の形はopen nestであり,置くようにして作られる。巣材運搬の回数は外張りではげしく,内張りでは少ない。巣の構築に費す時間は外張りでは短く,平均25秒であり,内張りでは長く平均220秒である。交尾は内張りの時期に主として地上で行われる。
    5.卵やヒナが天敵に食害されると,その日のうち,または翌日から直ちに新しい巣を別の場所へ作る。その場合,前の巣から平均29mはなれたところに再営巣される。
    6.営巣場所は地上と樹上の1m以下が大部分であるが,第2回目以後の巣は樹上へ構築される傾向がある。
    7.産卵は1日1卵であり,早朝5時から6時の間に行われる。平均一腹産卵数は4.4であるが,シーズン早期から晩期に向って平均5.0~3.5と減少する。
    8.抱卵は雌のみによって最終卵産下後から行われ,抱卵日数は平均11.16日であった。日中の抱卵活動は平均分58.3巣内にいて,平均25.5分巣を空けている。Skutch(1962)の抱卵率は67.3%であった。また抱卵中の雌への雄からの給餌は見られない。
    9.抱雛は孵化後6日目頃まで行われるが,これはヒナの本羽の羽鞘が出はじめる時期と一致する。雌は給餌後15分間抱雛する。
    10.育雛には雄も雌も参加するが,給餌回数から見た雄雌の仕事率は約50%ずつと言える。ヒナ1羽あたり1時間の給餌回数は,平均0.45であり,給餌間隔は平均26.6分であるが,初期と晩期にはやや少ない。巣内育雛日数は約11日である。
    11.巣立ちヒナは巣立ち後25~29日間,親のホームレンジ内で養われ,その後親のホームレンジから消える。直ちに親は第2繁殖の営巣にかかる。
    12.ホオジロが営巣を開始してから幼鳥を独立させるまでの1繁殖サイクルに要する日数は58~65日で約2ケ月間と言える。
    13.ホオジロの小田切個体群の増大を繁殖期において調整している重要な部分は卵やヒナの天敵の食害による孵化率の低さであり,産卵数に対する巣立ち率は20~35%を示す。
  • 羽田 健三, 岡部 剛士
    1970 年 6 巻 1-2 号 p. 131-140
    発行日: 1970/12/30
    公開日: 2008/11/10
    ジャーナル フリー
    1968~1969年にわたり長野県戸隠高原の中社においてウグイスCettia diphoneの繁殖生活について調査した。
    1.調査地は標高1200mで大部分が植林されたカラマツ林及び落葉広葉樹(シラカバ,ミズナラ等)林で林床はササが密生している。
    2.繁殖地への出現時期は4月中旬で10月中旬まで本調査地に棲息している。
    3.生活場所としてササ等のヤブと密接に結びついており,個体群密度は147.0羽/km2であった。
    4.産卵は1日1卵ずつ早朝に行なわれ,一腹卵数は4~6卵であった。
    5.抱卵,抱雛,給餌は全て♀が行ない,抱卵期間は16日であり,雛は14日目に巣立った。
    6.♂の行動範囲は繁殖期を通じてある程度安定しており,囀り範囲と一致している。
    7.♂の生活場所は低所から高部まで平均して利用しているが囀り場所としては樹木の上部を選好する。
  • 中村 登流
    1970 年 6 巻 1-2 号 p. 141-169
    発行日: 1970/12/30
    公開日: 2008/11/10
    ジャーナル フリー
    1.本州に棲息する同所性カラ類について,その生態的分離の状況を摂食位置と食物の比較によって分析した。
    2.生態的分離は夏よりも冬にいちぢるしい。
    3.落葉広葉樹及びカラマツではエナガとシジュウカラの共存がいちぢるしく両種は上下,内外,小枝と幹,枝をわかっている。
    4.樹木内の冠部ではエナガとヒガラの共存がいちぢるしいが,樹種,枝上の位置をわかっている。カラマツではエナガの位置は安定しており,ヒガラの位置は不安定である。それは小枝が氷や雪におおわれる危期にはっきりする。
    5.西南日本のシジュウカラとヤマガラの共存はいちぢるしいが,樹林内の上層と下層をわかっている。ヤマガラの位置はヨーロッパのアオガラに相当する。
    6.亜高山帯のヒガラとコガラは樹種をわかっている。ヒガラは針葉樹を好み,局地的な食物量産に左右されやすく,移住する。コガラは落葉広葉樹を好み,定住性であり,林内下層部,特に枯枝に摂食することが多い。
    7.エナガとParus属では食物内容が異る。Parus属各種でも,それぞれ異る領域を持っている。
    8.ヒガラ,コガラ,ヤマガラは食物貯蔵をおこなう。亜高山帯のヒガラとコガラは食物貯蔵の場所と種類を違えている。両種の貯蔵行動の生物学的意義は異る。ヒガラは局地的な種子生産の変動に左右されるものであり,コガラは有色果実から草本の種子を含めた安定した貯蔵をおこなう。
    9.樹林内でのカラ類の生態的分離は樹冠部で鋭く,複雑となり,下層床部では単純である。
  • 小笠原 〓
    1970 年 6 巻 1-2 号 p. 170-178
    発行日: 1970/12/30
    公開日: 2008/11/10
    ジャーナル フリー
    1.カラ類(シジュウカラ科)混合群の構造及び種間関係を明らかにするため,東北大学植物園において各種群(Sf),エナガAegithalos caudatusの含まれている混合群(Mf+)及びエナガの含まれていない混合群(Mf-)で,各種の採餌垂直分布を比較検討した。
    2.同様に,調査は東北大学近くのアカマツを優占種とする仙台市釣取地区で行った。そして両地の採餌垂直分布を比較検討した。
    3.カラ類4種の採餌垂直分布は明らかに,おたがいに異なっていた。エナガとコガラParus atricapillus (montanus)は植被度の比較的高い広葉樹上部(階層IV)及び針葉樹下部(階層III)で主に採餌していた。
    4.エナガ及びシジュウカラParus majorは採餌垂直分布に明らかな季節的変化がみられた。シジュウカラは少なくとも,秋期から冬期には地表で多く採餌するようになった。また,ヒガラはほとんどが針葉樹の樹冠で餌を探していた。
    5.各種群の採餌垂直分布は,両混合群(Mf+,Mf-)における場合とは明らかに異なり,また,Mf+ではシジュウカラ,ヒガラ(Parus ater insularis)は,エナガに引きつけられるように,その垂直分布が変り,Mf-ではシジュウカラやコガラはヒガラに引きつけられているようにおもわれる。このことは鈎取地区でも同様であった。
    6.採餌樹種の選択における種間関係も,採餌垂直分布の場合とほとんど同じであった。
    7.このようなことから,各種群が混合群を形成することによって,各種群で利用する採餌場所とは異なり,種群間の相互関係のためその利用範囲に変化をきたすといえる。
  • 小笠原 〓
    1970 年 6 巻 1-2 号 p. 179-187
    発行日: 1970/12/30
    公開日: 2008/11/10
    ジャーナル フリー
    1.この研究は,カラ類混合群の群構造及びその機能を明らかにする目的で,東北大学植物園において,1961年4月から1963年2月の間に行った。すなわち,混合群の各種群の垂直分布,移動様式,分離及び合流等について比較検討した。
    2.混合群における各種群は林層垂直分布においてお互いに異なり,群の移動は大別して,drifting movement及びintegrated movementに分けられる。また長時間にわたって移動せずに一ヵ所で比較的広い範囲で採餌している混合群もみられた。このような群れの移動は植生や特に構成種によって,その移動行動が異ってくる。
    3.エナガAegithalos caudatus trivirgatusのいる混合群は,エナガのいない混合群よりも明らかにその移動速度が早く,前者は平均267m/hourから864m/hourで,後者は平均154m/hourであり,シジュウカラParus major minor種群の移動速度とほぼ同じである。
    4.混合群の分離は,秋期から冬期にしばしばみられる。このような分離は,エナガのいる混合群ではいない混合群でよりも多くみられ,混合群の採餌移動中にしばしば観察された。
    なお,混合群の分離はエナガ種群が,比較的早い速度で移動するため,他種がその速度に従うことができない時におきるようにおもわれる。
    5.以上のことから,エナガは混合群において,種群として,リーグーのような役割りをもっているように考えられる。しかし,エナガのいない混合群では,エナガのような役割りをする種は明瞭には認められなかった。
  • 高良 鉄夫
    1970 年 6 巻 1-2 号 p. 188-194
    発行日: 1970/12/30
    公開日: 2008/11/10
    ジャーナル フリー
    1) 本文は中ノ神島の地理的環境,海鳥の種類およびその生息状況について述べたものである。
    2) 同島に来集する海鳥の主なものは,セグロアジサシ,オオミズナギドリ,クロアジサシ,カツオドリで,その総個体数はおよそ5万羽と推定される。
    3) 同島の海鳥は近年人為的侵害を受け,年をおうて激減している。
    4) 同島は海鳥の習性を観察するのに絶好の場所であり,かつ西表島に近く,尖閣列島に比較すると管理も容易である。
    5) 中ノ神島の海鳥は,学術的ならびに観光的な立場からきわめて重要な存在であり*天然記念物指定基準に該当するものとして,海鳥およびその繁殖地を指定すべきである。
  • 小沢 敬次郎
    1970 年 6 巻 1-2 号 p. 195-205
    発行日: 1970/12/30
    公開日: 2008/11/10
    ジャーナル フリー
    1968年4月2日から8日にわたり,東京水産大学練習船海鷹丸は東支那海中央部の北緯28°40'-30°15',東経125°-128°に囲まれた海域で行動中,鳥類の観察をおこなった。観察された鳥種はオオミズナギドリ,アカアシミズナギドリ,トウゾクカモメ,アカエリヒレアシシギおよびカモメ類5種の海鳥とツバメ,ハクセキレイ,キセキレイ,ミソサザイ,シロハラの5種の陸鳥であった。
    観察は日の出から日没の間,毎30分に見られる鳥種とその数を数え,目視観察野帖に記録した。総観察度数は150回であった。
    オオミズナギドリとアカエリヒレアシシギについて水塊に対する分布を考察し,前者は黒潮系温水域に,後者はむしろ黄海冷水域の外縁に多いとした。ツバメと天候,雲量との関連を求めたが明瞭な結果は得られず,ツバメの分布は黒潮流域にむしろ多く,渡りも黒潮流域に沿って行われるようである。
feedback
Top