山階鳥類研究所研究報告
Online ISSN : 1883-3659
Print ISSN : 0044-0183
ISSN-L : 0044-0183
6 巻 , 4 号
選択された号の論文の4件中1~4を表示しています
  • 黒田 長久
    1971 年 6 巻 4 号 p. 321-355
    発行日: 1971/12/30
    公開日: 2008/11/10
    ジャーナル フリー
    The myological illustrations here presented are based on more than ten examples of Columba livia (Carrier Pigeons killed by cats), studied during 1945-46. The illustrations have been so devised as the origin and insertion of each muscle could be shown not hidden by other muscles, by restricting the number of muscles in one illustration. The originals were prepared with different colors by muscle belly, tendon and bone, but here they are reproduced by ordinal drawings.
    Appendicular (wing and leg) and caudal muscles only are illustrated (partly cited in author's previous works) and listed, according to Berger's (George & Berger, 1966) nomenclature, and the names used by the author in his previous works are added to the list when different from Berger's. Minute muscles, one in the wing (on radiale) and three of caudal region, are additions to Berger's list, though their further confirmation is necessary. Illustrations of muscles of Columba livia other than figured here are to be found in the literature given in this paper.
  • 山岸 哲
    1971 年 6 巻 4 号 p. 356-388
    発行日: 1971/12/30
    公開日: 2008/11/10
    ジャーナル フリー
    1.ホオジロのhome rangeの内部構造について1966年~1968年まで長野市郊外の畑地を主とした環境で調査した。調査は1967年に特に集中的且つ継続的に行った。
    2.調査区は150m×150mの2.25haで行ない,できるだけその中に〓息するホオジロにカラーリングがをつけ,個体識別した。個体群密度は1966年67年が2.7羽/ha,1968年が2.2羽/haであり,河原の環境におけるホオジロのそれと比較して約3倍の高密度である。
    3.Home rangeを決定するために中村(1969)のtime-mapping法を用いたが,ホオジロの行動圏を決定するためには,いつでもいいから1時間をひと続きとした6回のmappingを繰返せば充分であることが証明できた。
    4.小田切のホオジロのhome rangeの平均は6,150m2(0.615ha δ=1689.9)であった。
    5.調査区のhome rangeの数は環境の変化にともない年々漸減したが,home rangeの位置はほぼ一定であり,安定性を示した。
    6.Home range内の構造化をはかるために,♂の活動点の密度分布を見た。その結果♂は繁殖期のはじめはhome rangeのほぼ中央に活動密度の高いcenterを有するが,繁殖の進行にともない,巣にひきつけられていき,巣の近くにsub-centerができる傾向が見られた。
    7.♂の行動様式の面からもこのことは証明され.繁殖期のはじめはhome rangeのほぼ中心の活動centerから星形に周辺部へ出ていく行動を示すが,だんだんこの型はくずれていく。
    8.囀り活動密度の分布をみると,ほぼ活動密度分布と一致するが,周辺部にかなりの密度の高い場所を有する。これは隣接個体に対する自己宣言の場であり,囀りが社会性のものであることを示している。
    9.ホオジロのテリトリー行動にはsong, chasing, actual fighting, confronting, displacement activityの5つが認められた。
    10.Home range内でこれらのテリトリー行動が起った場所を分折し,高密度下におけるホオジロの行動圏の内部構造をみると他個体を入れない中心部をかこむ,必勝帯,対立帯,必負帯の同心円構造を有することが明らかとなった。
    11.この帯の中は一定ではなく,環境によって狭くなったり,広くなったりする。それは鳥が学習しやすい所では狭く,目標物のないところでは広くなる。
    12.ホオジロのテリトリーの境界は,隣接個体とのdefensive intensityのつり合いによって決定する。
    13.ホオジロにおけるテリトリーは囀りによるadvertisement area (song area)によく一致する。
    14.これらのことからホオジロはtypicalなterritorial birdであるということができる。
    15.高密度下におけるこのようなcompactなhome rangeのあり方はEmberiza属の中でオオジユリン,コジュリンtypeのものとは別の系統をたどって分化してきたものであろう。
  • 風間 辰夫
    1971 年 6 巻 4 号 p. 389-398
    発行日: 1971/12/30
    公開日: 2008/11/10
    ジャーナル フリー
    The author first noticed in 1959 the shore washed sea birds on the beach of Kashiwazaki, Niigata prefecture and has reported, since 1964, Synthliboramphus antiquus, Uria lomvia, Brachyramphus marmoratus, Cerorhinca monocerata, Lunda cirrhata, Aethia psittaculus, Rissa tridactyla, Larus argentatus, Calonectris leucomelas, Gavia stellata and Gavia arctica, found dead by oil pollution. Alcids are especially affected by the pollution and the Ancient auklet, Synthliboramphus is the most usual species.
    In this report, 30 examples of this auklet were selected for anatomical analysis. On 24 January 1971 numerous dead ones contaminated black by oil were found along, 280km of the beach, 5 birds in 100m at a certain part. They could be grouped into 3 categories with respect to the body weight, amount of fat and oil attached. The most severely polluted example had oil weight 50% of the body weight with least fat. Others still had some fat. The oil was found even in the digestive tract.
    The ship oil is still being casted offshore in Japan Sea but is drifted ashore by prevailing winds. After much effort by the author and others, the problem became seriously considered but no definite solution is reached yet.
  • 黒田 長久
    1971 年 6 巻 4 号 p. Plate4
    発行日: 1971/12/30
    公開日: 2008/11/10
    ジャーナル フリー
feedback
Top