山階鳥類研究所研究報告
Online ISSN : 1883-3659
Print ISSN : 0044-0183
ISSN-L : 0044-0183
7 巻 , 1 号
選択された号の論文の7件中1~7を表示しています
  • 山階 芳麿
    1973 年 7 巻 1 号 p. 1-17
    発行日: 1973/06/30
    公開日: 2008/11/10
    ジャーナル フリー
    I have had a thankful opportunity of paying a visit to Moscow and stayed there between May 29-June, 1972, also to Khabarovsk between June 14-16 of same year. The purpose of my visits to U. S. S. R., was to try my efforts for restoring an amiable friendship between the ornithologists of Soviet Union and Japan, which has long been interrupted in the past and to promote the interexchange of scientific knowledge and research works for the conservation of wildlife, also to push forward the closer cooperation between the bird experts of our two nations.
    It is my delightful privilege to say that I was able to fulfil all those long cherished desire in full every way, through the warm courtesies of many respectful persons I met at Moscow and Khabarovsk, all of whom cordially greeted me.
    Especially, I wish to acknowledge special obligation to Mr. L. K. Shaposhnikov, Dr. Y. V. Sapetin, and Dr. A. A. Kistchinski of the Central Laboratory on Conservation of Nature in the Ministry of Agriculture; Dr. Margarita Ivanova Levedeva, Director of the Bird Banding Centre in the Academy of Sience of U. S. S. R. My deep thanks are due also to Dr. Nazarenko, Dr. Firsova, Dr. Litvinenko, Dr. Shibaev and Dr. Shapilo, who has shown me a great kindness during my stay with them.
    Further, I would like to express my appreciation for the thougtfulness of the Institute of Zoology of Leningrad and the Library of Academy of Science of U. S. S. R., who was so kind as to sending us quite a few valuable literatures, as they promised me while I was in the Soviet Union as to exchange books and documental records each other. Also, the books and scientific papers we received from the U. S. S. R. authorities recently were very informative and up-to-date, most of the descriptions in which plainly explained about the things happened after 1969. All of them would unquestionably contribute a great deal on the studies of ornithology and for the movement of bird preservation in Japan in future. I certainly feel very grateful to all of them.
  • 黒田 長久
    1973 年 7 巻 1 号 p. 18-33
    発行日: 1973/06/30
    公開日: 2008/11/10
    ジャーナル フリー
    This is the 8th annual report of monthly census in the Imperial Palace from April 1972 to March 1973. The same route of 4.1km was censused from about 9.40-11.30a.m. as in the previous years. The results are tabulated in the same order of species only to add at the end additional species for the year.
    Tallies were made in two tables, one for wooded area with small ponds, the other with big moats used as duck resort in winter and heron colony in summer. The monthly species records in total area ranged 14-26 (Av. 20.1) and the number of individuals 185-697 (Av. 404.4).
    Two species Phylloscopus borealis (passage migrant) and Regulus regulus (rare winter visitor to this low plain) were added to the list, making a total of 52 species for 1972 and 85 species so far recorded. As in the previous year the avifauna of the Palace area was stable, although incidental larger flocks of Sturnus cineraceus, Corvus corone and Egretta garzetta were recorded than in 1971. Some observational reconds of the Great tit, Green Pheasant, fruits of trees eaten by birds, dead birds found, etc. were given in respective tables.
  • 黒田 長久
    1973 年 7 巻 1 号 p. 34-55_4
    発行日: 1973/06/30
    公開日: 2008/11/10
    ジャーナル フリー
    A big bamboo bush surrounding the duck-netting pond at Koshigaya, Saitama Pref., situated at southern central part of Kanto Plain, is used as winter roost by 30, 000-50, 000 Sturnus cineraceus (with annual difference in 1960, 1967, 1968). Its winter status has already been reported (Misc. Rep. Yam. Inst. No. 18, 1962), and here, the monthly fluctuation of the roosting flock in 1967-68 is described. Flocks returning to the roost were counted at a fixed observation point before the roost and were tallied later by 10 minutes intervals, and by directions.
    1. The size of roosting flock fluctuated as follows: Oct. 16, 1967: 14, 840 birds, Nov. 23: 19, 510 birds, Dec. 13: 22, 553 birds, Jan. 10, 1968: 29, 398 birds (Feb. 2, 1960: 49, 700 birds), Feb. 14: 24, 150 birds, Mar. 3: 17, 016 birds, Mar. 17: 6, 995 birds, Apr. 6: 850 birds, May 6: 172 birds, June 5: 30 birds, July 10: 1, 183 birds, gathered, but not roosted, and flew to NE (to the summer roost at Omatsu), Aug. 5: Some 140 birds and other overflying flocks flew to NE., Oct. 21: In this year still only 500 birds roosted in this month (owing perhaps to new house construction before the roost), Nov. 11: 41, 959 birds roosted, but 2, 260 birds flew to NE (to summer roost), and other 2, 070 birds to another direction (to NW). The roost in this direction was not confirmed, but this may be a small subsidiary roost used when the main roost became too crowded.
    2. Thus, the Koshigaya roost was confirmed to be a winter roost and summer roosts were found, as the result of roosting flight observations at various places of feeding area.
    3. There were two summer roost sites, the one at Hirakata village 5km northward and the other at Omatsu 4km northeast.
    4. The Hirakata roost consisted of three different bamboo bushes surrounded by trees or small cryptomeria wood (here some Little egrets and Night herons roosted). However, the bamboos were dying (it was dying over extensive area in Kanto plain in this year) and flocks that gathered were observed to move to Omatsu roost, 3km apart, but about 2, 500 birds remained to roost.
    5. The Omatsu roost was a big one, formed in the bamboo bush of a temple where about 20, 000 birds gathered from all directions, including Koshigaya area. Thus, Koshigaya roost had in summer no more value than a mere feeding site or a gathering point on the roosting flyway to Omatsu.
    6. The populational roost change by summer and winter may depend principally on the change of status of the feeding areas. The Koshigaya area is extensive rice fields which serve as the best winter feeding ground but after the rice has grown in early summer, the area no more fits as feeding ground and although some vegetable fields are mixed, they are dry. In the nerthern area, the vegetable fields are prevailing and are cultivated in well watered conditions. More over, villages are scattered with well wooded surroundings where much tree fruits are available as summer food. Thus, the population moves to this area and censequently the roost is sought in that area. It may seem that the roost has its significance only when the surroundings are fit for feeding grounds.
    7. All the roosts were so situated as one side facing to a river with not easily accessible edge of the roost.
  • 細野 哲夫
    1973 年 7 巻 1 号 p. 56-72
    発行日: 1973/06/30
    公開日: 2008/11/10
    ジャーナル フリー
    1.1964年2月から1972年7月までの間に,長野県長野市川中島東部地区,同県軽井沢町旧軽井沢,東京都渋谷区南平台,同東久留米市学園町等でオナガの塒および就塒行動について調査した。
    2.秋,冬期に使用した塒の樹種は,主にアカマツ,タケ,スダジイ等の常緑樹であった。また,場所によってはコナラ,ヨシ原等が使用された。しかし,最終的には,どの地区でも常緑樹に変更された。
    3.塒の樹高は,2mから20mにわたっていた。第2報同様に塒の樹高そのものは,利用に影響していない。
    4.塒は密生した木立に主としてとられる。しかし,時には写真3のような独立した遮蔽度の低い樹木も使用した。塒樹種の多様性とあわせて,塒樹の選択に巾広い適応性をもっている。
    5.塒は,人家の木立,自動車が往来する道路等,人間生活に接近したところにもとられた。第2報でみられた塒と用水堀との関連性は,常行寺群にのみかかわる一地方の特殊性であった。
    6.非繁殖期のオナガの塒は第2報と同様に継続的,恒常的に使用されている。
    7.繁殖期および非繁殖期の就塒行動について常行寺群と比較して述べた。両者を通して塒型を第2表のように改めた。また,就塒行動を次のような一連の行動基本型にまとめた。1)採食移動-2)木立集合-3)帰塒飛行-4)入塒の儀式的行動-5)入塒,位置選択-6)就眠
    8.塒樹内での行動は,就眠枝の選定-休息-就眠という経過をたどり,外見的な行動停止が即,就眠とはならない。
    9.禽舍での就塒行動を自然群の行動と比較し第3表を作成した。両者の間に儀式的飛行や塒位置選択の上で共通したものが見られた。
    10.帰塒の影響要因について,照度,距離,天候,食物の諸条件から検討した。就塒行動では,大きくは照度低下が塒への指向や,就眠に関係しているが,帰塒発動照度は群にかなり差があった。また,距離は3km以内では,影響要因としての働きは殆どみられなかった。天候では強風,降雪にともなう寒気等が帰塒発動に強く強響していた。食物条件との関係は,第2報同様明確でなかった。
  • 佐野 昌男
    1973 年 7 巻 1 号 p. 73-86
    発行日: 1973/06/30
    公開日: 2008/11/10
    ジャーナル フリー
    1.この調査は,1968年の積雪期,繁殖期,群行動期に飯山市分道で行なった。行動圏の大きさ,構造,行動内容について検討した。
    2.調査地の分道は,人家12戸の孤立部落である。冬は積雪が2m以上になる。
    3.積雪期の行動圏は,11,500m2ある。行動圏内の休息場所や餌場へ活動点が集中する。行動圏は,部落の中にある。積雪期前半の餌は柿である。
    4.繁殖期の行動圏は最も狭い(9,600m2)。この時期の行動圏は,繁殖ステージが進むにしたがって次第に広くなる。活動点は巣とその周辺に集中する。
    5.群行動期の行動圏は,最も広く(37,200m2),水田地帯へ広がる。餌はほとんどがイネで(96.6%),特定の水田へ集中する。
    6.積雪期は餌が他の時期より少ないため,採食行動が最高になる(27.8%)。また,雪のため休息のほとんど全てが人家ののきや屋根で行なう。
    7.群行動期は餌となるイネが実るため,採食行動が最低になる(11.9%)。一方,休息は最高となり,水田近くのウドやヨシなどに群がっている(88.1%)。
    8.積雪期と繁殖期の採食場所は,ほとんど部落内である(89.9%.85.6%)。群行動期は,部落外の水田が多い(98.3%)。
    9.行動圏は,二重構造をしている。外部行動圏と中心行動圏がある。中心行動圏は,一年中使用されている。活動点は,外部行動圏のおよそ3~8倍も集中している。中心行動圏は部落の中にあり,営巣場所を含んでいる。
    10.生息条件のきびしい積雪期の行動圏は,その65.8%が使用され,むだな場所が少ない。繁殖期には,50.0%を使用する。群行動期は,最も広い行動圏になるが実際に使用するのは,36.6%である。63.4%も未使用な場所がある。
    11.住みつきの場をもった成鳥は,一年中上に述べた行動圏の中で全ての生活をしている。また,スズメは人的環境に強く結びついている定住性の強い鳥である。
  • 母袋 卓也
    1973 年 7 巻 1 号 p. 87-103
    発行日: 1973/06/30
    公開日: 2008/11/10
    ジャーナル フリー
    1.本報は雄の囀り行動と巣づくり行動からセッカCisticola juncidisの一夫多妻について,1967年の二時間観察(8時~10時)の資料を中心に述べたものである。調査地は長野県埴科郡坂城町の千曲川河原の中洲(河川敷)である。
    2.セッカの繁殖期の雄の主要な行動は囀りと巣づくりである。
    3.セッカの囀りは飛翔しながらの空中囀りと樹上囀りに分けられる。囀り回数•囀り時間とも空中囀りの方が多い。
    4.セッカは繁殖期(4月上旬~9月中旬)を通して囀りがみられ,囀り回数•囀り時間の平均は1時間あたり12.9回,12分37秒であった。
    5.セッカの巣づくりは雄が外装を雌が内装をつくる。1967年のある雄は一繁殖期間に20巣の巣をつくった。そのうち雌の使用した巣数は8巣であった。セッカの雄は一般に雌が使用する多くの巣をつくる。
    6.巣づくりは4月25日~9月11日までの観察を行なった78日のうち66日(84.6%)でみられた。1巣をつくるのに要する日数は平均6.6日である。
    7.雄は雌の使用しない巣は放棄するがその巣をこわして新しい巣づくりのときに用いることがあった。
  • 風間 辰夫
    1973 年 7 巻 1 号 p. 104-111
    発行日: 1973/06/30
    公開日: 2008/11/10
    ジャーナル フリー
    1.筆者はイヌワシについて主として,へい死鳥の確認につとめ,過去約10年間の事例にもとづき,その生息状態を判断した。
    2.へい死鳥が他の都道府県と比較して多く,死因の具体的な調査など保護対策は早急にする必要がある。
    3.生息地は高山帯でなく,低山帯であることが判明した。
    4.狩猟統計からみて,主食となっているノウサギの生息数が多いことが,本種の生息を助けていることが,うかがわれた。
    5.へい死鳥は具体的に死因がわかったが,殆んど剥製標本にすることだけに重点がおかれたのは残念であった。
feedback
Top