山階鳥類研究所研究報告
Online ISSN : 1883-3659
Print ISSN : 0044-0183
ISSN-L : 0044-0183
7 巻 , 5 号
選択された号の論文の10件中1~10を表示しています
  • 黒田 長久
    1975 年 7 巻 5 号 p. 439-451
    発行日: 1975/06/30
    公開日: 2008/11/10
    ジャーナル フリー
    This is the 10th annual report of monthly (except July, August, January) census in the Imperial Palace area in Tokyo from April 1974 to March 1975. The same route of 4.1km was censused from about 9.40 to 11.30 a.m, as in previous years. Two basic tables of the same order of bird species were used, as usual, only to add at the end additional species newly recorded for the year. One table tabulates the bird records for wooded area with small ponds, the other for an area with big moats used as duck resort in winter and heronry in summer.
    The numbers of species and individuals recorded per one census day ranged 16-33 (av. 26.2) species and 236-950 (av. 610.1) birds, which were slightly higher than in the previous year, mainly because of greater numbers of herons (E. garzetta and N. nycticorax) in this year, but otherwise bird numbers and species were stable. The total number of species recorded for 1974 was 48 which was 52.7% of the species so far recorded (91 species).
    In this year (1974) only two species (Accipiter nisus and Dendrocopos kizuki) were added to the bird list of the Imperial Palace area. It is to be noted that Alcedo atthis, which disappeared since 1963 and reoccurred in 1973, was registered also this year. As in previous reports some observational records on the flock size, family group and nest-box utilization, etc. of the great tit and green pheasant were tabulated for annual comparison. Only one eastern turtle dove was the example of dead bird during the census period.
  • 吉井 正, 杉森 文夫
    1975 年 7 巻 5 号 p. 452-475
    発行日: 1975/06/30
    公開日: 2008/11/10
    ジャーナル フリー
    During the period covered by this report, April 1, 1971 to March 31, 1972, total of 16, 744 birds, 112 species were ringed at 18 prefectures of Japan. The number of birds ringed and released is shown in Table 1. The names of principal ringing sites and cooperating ringers are shown respectively in Table 2 and Table 3. Recoveries of birds ringed by our ringing team and its cooperators are totalled to 142 birds of 30 species, of which 28 individuals of 15 species were reported from foreign territories. Those recovered at or in close proximity to places where ringed, and less than 6 months after ringed, are not described here. Furthermore, those of Motacilla alba and Delichon urbica recovered at the ringing places, even in caes of more than one year after ringed, are also excluded. Recoveries of birds ringed by the ringing team of the Forestry Experiment Station, Ministry of Agriculture and Forestry are mentioned in Appendix, but their ringing information are not described in this bulletin. During this period, recoveries of 13 birds of 6 species ringed abroad were reported from the interior Japan. Besides these, one recovery of Diomeda exulans was reported from a Japanese fishing boat on the sea off the coast of southeastern Australia. This bird was banded at Kerquelen Island.
  • 吉井 正, 杉森 文夫, 真野 徹
    1975 年 7 巻 5 号 p. 476-500
    発行日: 1975/06/30
    公開日: 2008/11/10
    ジャーナル フリー
    During the period covered by this report, April 1, 1972 to March 31, 1973, total of 27, 543 birds, 113 species were ringed at 16 ringing stations and 6 other localities in 18 prefectures of Japan. The number of birds ringed and released is shown in Table 1. The names of localities of the ringing stations and the cooperating ringers are shown respectively in Table 2 and Table 3. Recoveries of birds ringed by our ringing teams and the cooperators are totalled to 126 birds of 28 species, of which 32 individuals of 8 species were reported from foreign territories. Those recovered at or in close proximity to the places where birds were ringed, and those less than 9 months after ringed, are not described here. Furthermore, those of Motacilla alba and Delichon urbica which were recovered at the ringing places, even though more than one year after ringed, are also excluded. Recoveries of birds ringed by the ringing team of the Forestry Experimental Station, Ministry of Agriculture and Forestry are mentioned in Appendix, but their ringing information are not described in this bulletin. During this period, recoveries of 32 birds of 8 species ringed abroad were reported from the interior Japan.
  • 権 奇政, 元 炳〓
    1975 年 7 巻 5 号 p. 501-522
    発行日: 1975/06/30
    公開日: 2008/11/10
    ジャーナル フリー
    1.本調査は,1974年6月25日から8月5日まで42日間に亘って京畿道楊州郡榛接面光陵林内の約60.8haの面積に蕃殖したアカハラダカAccipter soloensisの8巣に対する蕃殖生態と,8月27日から9月17日まで蕃殖後の密度を調査したものである。
    2.8巣は平均11.7mの地上高さの樹幹中層部樹枝に営巣し,39.5×34.6cm(外径),17.1cm(高さ)の平たい皿型の巣であり,巣立ち後4巣の重さは平均661gであった。
    卵は白色卵形であり,8巣33卵の測定値平均は36.9(長径)×29.6cm(短径),卵の重量は平均17.2gであった。
    3.抱卵期間は,8巣33卵の調査で平均19.5日であった。1腹の卵数は4.1卵で,親が抱卵のため巣を出入した回数は計269回で,雄と雌を合わせた1日の平均出入回数は28.9回であった。抱卵期間のあいだ親の巣外時間と巣内時間の比率は,1日平均雌が,41.8%,雄が30.1%であった。
    4.8巣33卵中,6巣23卵が孵化し,平均孵化率は65%であった。
    5.育雛期間は,5巣21雛の調査で平均19.4日であった。雌と雄を合わせた親の1日平均給餌回数は31.7回で,孵化後14日目が47.3回でもっとも多く,雄より雌の給餌回数が多少多かった。
    6.育雛期の親の在巣時間は,1日平均37.2%で,雌が雄より6.5%長く,雛が成長するに従って減少した。
    7.育雛期の雛の成長率は,1日平均全長は,6.54mm,翼長は5.74mm,尾長は3.29mm,体重は孵化直後平均17.83g,巣立ち直前は142.49gであり1日平均成長率は6.67gであった。
    8.5巣19雛の巣立率は75.8%であった。
    9.営巣地を2地区に分け,各区で1巣,計2巣8雛を調査した。育雛期の食物は動物質だけであり,主食はカエルであったが,全食餌物に対するカエルの比率は64.74%と75.32%であった。
    10.採食地は,巣から平均165m距離以内の殆んど一定の水田であった。
    11.8巣の親が占めていた平均行動圏は2.95haであり,8巣の全体の行動圏面積は23.6haで全調査面積の38.8%に該当した。8番の勢力圏(テリトリ)の平均面積はで1.05haあり,8番を合わせた勢力圏の全面積は全行動圏面積の35%を占め,採食地は勢力圏外にあった。
    12.勢力圏に侵入した鳥類は,26種378個体であった。種別比率は,シジュカラ18.78%,コウライウグイス11.38%,ブッポウソウ9.79%,アカハラダカ8.73%,アカゲラ7.67%,マジロキビタキ6.35%,ホオジロハクセキレイ5.03%であり,雌と雄の防禦比率は雄が平均69.28%,雌が平均21.37%で,雌と雄が共同防禦した比率は9.35%に過ぎなかった。
    13.蕃殖後1日おきに11日間に亘って調査地内で観察したアカハラダカは計125個体であった。其の中,親が39.20%,幼鳥が60.80%を占めていた。9月17日に終認した1個体の観察以後には見かけられなかった。
  • 朴 永根, 尹 茂夫, 元 炳〓
    1975 年 7 巻 5 号 p. 523-532
    発行日: 1975/06/30
    公開日: 2008/11/10
    ジャーナル フリー
    1973年6月24日から7月31日まで28日間,京畿道楊州郡榛接面光陵林で,アカハラダカAccipiter soloensisの繁殖生活史を調査した。
    1.巣は長径38cm×短径30cm×高さ12cmの楕円形皿型で,卵は白色卵形で,5卵は平均長径36.4mm×短径30.7mmの大きさと、17.2gmの重さであった。
    2.孵化まで10日間の抱卵観察で,親の巣内出入回数は,1日平均23.4回であった。
    3.抱卵率は1日平均雌が44.3%,雄が42.3%であり,巣外時間は13.4%であった。
    4.孵化から巣立ちまでの育雛期間は21日で,この期間中親の巣内入回数は,1日平均16.6回であったが,雨天の時は2回に激減し,巣立ち4日前には19回で一番多かった。
    5.育雛期間中,餌をくわえて巣を出入した回数は,1日平均7.7回であったが雄が若干多かった。
    6.育雛期の親の在巣時間は,1日平均34.7%であったが,雌がより多い方であり,雛が成長するにつれて減少した。
    7.育雛期の成長率は,1日平均全長が,6.35mm,翼長が10.55mm,尾長が3.25mm,体重は6.97gmであった。
    8.育雛期の食餌物は動物質のみで,両生類91.35%,鳥類8.65%であり,両生類はカエル69.13%,不明カエル類22.22%で,鳥類はダルマエナガ6.18%と不明鳥類2.47%であり,カエルが主食であった。
    9.採食地は3個所を選んだが,みな混淆林の草地で水田は選ばず,抱卵期から家族期まで同じ場所から採食した。
    10.テリトリは営巣地を中心にして約35m×75mで,北の山林の方に長く片寄った範囲であり,採食地はテリトリ外であった。
    11.外敵の侵入は,抱卵期に21.7%,育雛期に78.3%であり,防禦率は雌が26.0%,雄が65.3%で,雌雄共同防衛が8.7%であった。闘争した対象種別比率は,ツバメ26.0%,ブッポウソウ17.4%,アカゲラ13.0%,アカハラダカ8.7%,ムクドリ8.7%,其他,キジバト,カラフトミヤマカケス,チョウセンシジュウカラ,シマアカモズ,カササギ,ササゴイ等が26.0%であった。
  • 細野 哲夫
    1975 年 7 巻 5 号 p. 533-549
    発行日: 1975/06/30
    公開日: 2008/11/10
    ジャーナル フリー
    1.1962年4月から1973年12月までの間に,長野県長野市川中島北戸部附近でオナガと他の鳥類との相互関係について調査した。
    2.北戸部附近に行動圏をもつ常行寺オナガ群の行動圏内に出現した鳥類は,27科53種である。そのうち,次の17種にオナガとの反応行動が観察された。オオミズナギドリ,ゴイサギ,コサギ,マガン,トビ,ノスリ,チョウゲンボウ,コアジサシ,キジバト,カッコウ,ヒヨドリ,アカモズ,スズメ,ムクドリ,コムクドリ,カケス,ハシボソガラス。
    3.反応行動がみられた17種について代表的な事例を述べた。
    4.反応行動をその発生状況と場面から,害的関係,食物関係,塒関係の三点に分け種別に第6表にまとめた。
    5.害敵関係は,13種の間にみられた。その際の反応行動は,A,警戒的な音声の発声B,攻撃C,擬攻撃(mobbing)D,追撃飛翔E,逃避の五つにまとめられた。Aによる表現が最も多く観察された。
    6.ゴイサギ,コサギなどの大型の水鳥類に鋭敏に反応した。捕食者的地位にないものになぜ反応するかは,明らかでない。
    7.ノスリ,チョウゲンボウの飛翔しているものに反応を示し,停止しているものには,全く反応を示さないか,または,mobbingした。トビに対しては,主として低空の直線飛行にのみ反応を示し,その行動に前2種とは,別な評価を下していた。
    8.カッコウに対する反応の頻度は低く,タカ類に似た羽色や形態が効果的に作用しているかどうか明確でない。
    9.ハシボソガラスとは,警戒的な音声による反応が通年(第5表参照)みられたが,繁殖期には,攻撃,追撃飛翔などの烈しい行動が加わった。また,幼鳥や塒への通過鳥には反応行動は示さなかった。
    10.食物関係としては,ムクドリ>オナガ>ヒヨドリという順位が成立していた。種間の食物争いは,食物の量や分散状況のみならず,鳥相互が,どの食物を選択するかによっても生ずる。
    11.塒関係は,ムクドリとの間にみられた。ムクドリの個体数が増加することによって,オナガは,塒を移動した。
  • 河村 宜樹
    1975 年 7 巻 5 号 p. 550-561
    発行日: 1975/06/30
    公開日: 2008/11/10
    ジャーナル フリー
    1. The roosting behavior of the Hooded Cranc Grus monacha has been studied for 15 years since 1960 at its wintering place Yashiro-mura, Yamaguchi Prefecture.
    2. The roosting places were discovered by: 1) Observation of the direction of evening roosting flight from feeding area, 2) Confirmation of morning take off from an expected roosting spot, 3) The detection of actual roosting flock in the following morning.
    3. By this procedure, 19 roosting places (A-S) where groups of 1-38 birds, often a family group of 2-4 birds, roosted, could be recorded on a map.
    4. Of the 19 roosting places, 15 were wet paddies and 4 were bare grounds, but wet paddy roosts have decreased to 10.
    5. These roosts were located at elevations of 195-450m above sea level and at 0.75-10.2km from the feeding areas.
    6. The area of roosting paddies was 40-1250m2 with the depth of water 1.0-7.5cm and mud depth 4.5-10.5cm. The water of about 5cm depth is considered desirable for the cranes since they drink it during the night.
    7. The individual distance of roosting cranes, behavior of roosting flock, the movements of the flock in the night when disturbed, the surroundings of roosts, the human disturbance and gradual recent destruction of roosting environment are described.
    8. Some roosting places are outside the crane protection area and the safeguard of scattered roosting places, wet paddies or bare ground spots, is an important measure to be taken for the maintenance of this locally isolated wintering population of the Hooded Crane, which is protected as one of the Special Natural Monuments.
  • 山之口 一憲
    1975 年 7 巻 5 号 p. 562-563
    発行日: 1975/06/30
    公開日: 2008/11/10
    ジャーナル フリー
    A Chestnut Bunting Emberiza rutila was captured on 23 December, 1974 at Ibusuki, Kagoshima Prefecture, S. Kyushu. This species is first recorded from Kyushu, and when captured this bird was in 1st winter plumage which was molted to the male adult plumage during middle April and the end of May.
  • 黒田 長久
    1975 年 7 巻 5 号 p. 564-565_4
    発行日: 1975/06/30
    公開日: 2008/11/10
    ジャーナル フリー
    筆者の家の前の芝生に3月頃からムクドリ数番が訪れ4月中旬の産卵までは番で行動していた。しかし芝生で雌雄は各個に探餌しつつ歩き回り,2~3m以上離れると雄は雌の行動に注意しつつ立止り嘴を斜上方に向けわずかに早く開閉し(恐らく低い声を発するらしい),頭の羽毛は倒し,下胸部から背部の羽毛をふくらまして体を大きくみせる(ここで“上向羽毛立て姿勢”と名づける)。そして雌のいる側の片翼を体側に下して腰の白帯を顕示するらしい。この動作をみると雌は引つけられるように小走りで雄の所に来る。しかし10~20cm以上には接近せず雄の回りでその顔を覗くようにして止る。すると雄はすぐ体羽を普通に戻し,雌雄はまた各個の探餌に移る。
    ムクドリは雌雄の羽色が特化しておらず合同の餌場に群れ集る。そこで繁殖期には番の雌雄が群のなかで互に見失わないことが必要であり,今回の観察された行動は正に群中での番の確認の意義があるものと思われ,それ以上の雌雄間の性的行動には移行しない。
    雌雄同色で群性の鳥類ではこのような何らかの番確認行動がある筈であり,例えば,ツル類の雌雄のダンスなどもこの番確認行動から発展したものであろう。
  • 林 武雄
    1975 年 7 巻 5 号 p. 566-567
    発行日: 1975/06/30
    公開日: 2008/11/10
    ジャーナル フリー
feedback
Top