山階鳥類研究所研究報告
Online ISSN : 1883-3659
Print ISSN : 0044-0183
ISSN-L : 0044-0183
9 巻 , 1 号
選択された号の論文の9件中1~9を表示しています
  • 中村 登流, 飯島 一良
    1977 年 9 巻 1 号 p. 1-19
    発行日: 1977/03/31
    公開日: 2008/11/10
    ジャーナル フリー
    1.ホオアカ(Emberiza fucata)の高密度越冬地で日中分散と夜間分散の様式を見,カシラダカ(Emberiza rustica)を含めて広くホオジロ属と比較検討をした。
    2.九州南部串良町の水田地帯に方形区を設定(1.2×1.6km)し,1975年2月に調査し,1149羽の出現鳥について分析した。
    3.調査地の水田地帯に越冬しているホオジロ属は4種ホオアカ,カシラダカ,ホオジロ(E.cioides),アオジ(E. spodocephala)。水田地帯にもっとも多いのはカシラダカ(61.2%),次がホオアカ(33.6%),ホオジロ(3.4%)とアオジ(1.8%)はわずかしかいない。
    4.カシラダカとホオアカの間に生態的分離状態があきらかである。ホオアカは串良川沿いに草地を中心に分布し,群れサイズは小さく(平均1.6羽),変異も小さい(変異係数2.26),集合指数は中程度(I=4.00)であるが集落指数(m/M=2.99)は低い,カシラダカは水田のまん中に,湿田を中心に分布し,群れサイズは大きく(平均9.2),変異は大きい(変異係数254.23)。集合指数は高く(I=44.46),集落指数も高い(m/M=12.28)。
    5.ホオアカのねぐら集合が見つかった。ねぐらは水田内の草地や河川敷内の草地にあるが,後者の集合の方が大きい。ねぐらに関する番い行動が観察された。
    6.ホオアカの分散様式はカシラダカからホオジロにいたるグラデーションの中間に入ると老えられた。
  • 渡辺 通人, 丸山 直樹
    1977 年 9 巻 1 号 p. 20-43
    発行日: 1977/03/31
    公開日: 2008/11/10
    ジャーナル フリー
    ハクセキレイの生活様式を明らかにするため,多摩川中流域において亜種の一つであるMotacilla alba lugensの越冬生態の調査を行なった。調査は,中央線多摩川鉄橋上流の約6haの地域ならびに残堀川の一部で,1972年11月から1974年3月にかけて7回にわたって行なった。
    1.ナワバリおよび防衛されない採食地は11月までには完成し,それは渡去直前まで維持されるものと考えられた。
    2.ナワバリは1羽または2羽で占有され,この2羽の組み合せは,羽ふるわせ誇示•垂直飛び誇示の関係から雄と雌であるように考えられた。そして,これらのナワバリの間を放浪しているナワバリ非占有個体がいることが確かめられた。
    3.ナワバリ防衛行動には,confronting, threat, chase, fight, alertの5っのパターンが認められた。この地域のナワバリ占有個体は,ナワバリ以外に防衛されない1つまたはそれ以上の採食地を持っていることが考えられた。
    4.ナワバリ占有固体の示したobservation-area curveには,ロジスティク曲線型,三次曲線型,直線型の3型が認められ,これらの型を示す個体数には季節変動•年変動がみられた。
    5.また,feeding siteの面積にも季節変動•年変動が認められたが,これらの変動とナワバリ定着率あるいはナワバリ面積とは直接の関係があるとは考えられなかった。しかしながら,いずれの場合もハクセキレイの活動はfeeding siteに集中していた。
    6.ナワバリ面積の平均値は,1972-1973年冬の場合3364m2であり,1973-1974年冬の場合4519m2であった。
    7.就塒行動は,日没前後30分の時間帯に集中して観察され,北方へ去る個体が多かった。
    8.ハクセキレイは,この地域においては冬の間セキレイ科内で最も優勢な種であると考えられた。また,ハクセキレイのpredatorと考えられる鳥に対する攻撃行動も観察された。
  • 小川 巖
    1977 年 9 巻 1 号 p. 44-55
    発行日: 1977/03/31
    公開日: 2008/11/10
    ジャーナル フリー
    北海道に夏鳥として普通に渡来するモズとアカモズ,および冬鳥として少数が渡来するオオモズの大地域的な分布を,筆者自身の実地調査,アンケート•聞き取り調査,および文献調査などによって調べ,北海道を国土地理院発行の5万分の1の地図大に区切った区画に記入して分布図を作成した。また,札幌周辺とオホーツク海沿岸の小清水町における中地域的な分布調査を行ない,それらからモズとアカモズ,それにオオモズの分布傾向について以下のような知見をえた。
    1.モズ,アカモズ共に,北海道全域に広く分布していることが確認された。しかし,モズの方がより広い範囲にわたって分布し,かつ相対的な生息密度もより高い地域が多かった。また,道東,道北地方では2種の生息数は,多くの場合非常に少なかった。
    2.オオモズも同様に全道的に記録された。その期間は6月と9月を除く10ヶ月間におよんだ。また,オホーツク沿岸地方では,1~2月前後に記録数が比較的多く,オオモズの渡来,渡去との関連が想定された。
    3.札幌周辺と小清水町における分布調査によって,モズは低平地から山麓•山間部にかけて広く分布しているのに対して,アカモズは低平地に分布している傾向が認められた。
    4.これまで夏鳥とされていたモズが,冬季間にも記録されていることから,ごく少数が越冬する可能性が示唆された。
  • 黒田 長久
    1977 年 9 巻 1 号 p. 56-89_5
    発行日: 1977/03/31
    公開日: 2008/11/10
    ジャーナル フリー
    This is additional observation records of 1970 of a breeding pair of Jungle Crow Corvus macrorhynchos and chiefly supplements the lack of 1969 observations in early incubation period.
    1. In 1970, probably the same pair remained in the same territory of 1969. On March 27, the female was found incubating, unexpectedly in a Ligustrum about several meters from the ground, not high up in the big gingko tree as in the previous year.
    2. In early incubation period (2nd-3rd days), the incubation rate of the female was 68-70%, with average 20 minutes sessions and 7-8 (longest minutes 16, 22) minutes recessions. In a case of middle incubation period (14th day), the rate increased to 75%, with 15-42 (av. 29.3) minutes cessions and 5-10 (av. 7) recessions. In later period (19-20th days), in short evening observations, the incubation rate further increased to 76-86%, with 15-32 (av. 19) minutes sessions and av. 2-3 minutes recessions.
    3. The trespass intrusion over territorial border of wandering, apparently young, pairs or solitary crows were frequent, especially during early incubation period. These were not so strongly defended (often only watched by male), but those intruded over territory within about 400m from nest site were positively chased away by male with cooperation of female, and once, when the female was away from the nest, a crow succeeded to thrust himself deep to the center of territory attracted by old (1969's) nest in gingko tree, but was violently attacked by female and chased away by male (see Kuroda, Misc. Rep. Yam. Inst. Nos. 37/38: 548).
    4. The territory trespass of wandering crows was most frequent during the morning and in total 9 cases of 21 birds on March 28 and 6 cases of 11 birds on March 29 were recorded during 7.30-12.08 a. m. (278min.) and 6.45-9.07 a. m. (137min.): therefore 1.98 times and 2.64 times per hour respectively. But at noon, March 29, 12.40-15.42 p. m. (182min.), there was only one case of trespassing.
    5. On April 9 (14th day of incubation), there were still 4 cases, 6 birds of trespassings, during 5.05-7.01 a. m. (116min.), 2.04 times per hour, but no case was observed on May 1 (14 days after hatching) between 8.45 a. m. -12.02 p. m. (197min.) and only 2 cases on May 2, 4.45-6.29 a. m. (104min.) (1.15 times/h).
    6. However, the female's defensive impulse is raised toward later incubation to nestling periods. Thus, the female would suddenly fly out of the nest, with attacking notes, to chase the intruders away, and on April 9 even flew to distant (750m. from nest) territory border. Moreover, she was observed on May 1 and 2, to chase smaller birds, the bulbul Hypsipetes amaurotis and blue-winged magpie Cynopica cyana from last year's nesting tree adjacent to her nest tree of this year.
    7. On the other hand, the male, who often positively defended by pursuing trepassers, even by aerial fighting in some cases, during early incubation period when the female closely sat in nest without noticing the trespassers, got conservative in defense as the female's defensive attitude was strengthened toward later incubation period, and now he only assisted her or watched her with warning notes. He was even indifferent to trespassers if he was busy in his job of food searching.
    Thus, the territorial defense of the pair was well balanced to be effective according to the breeding stage, territorial maintenance and food securance in correlation with the sexual division of labor.
    8. In incubation period, especially early in the morning, the male works hard for food search widely, but usually within about 400m. from the nest, to prepare stored food on buildings, under eaves of houses, or in trees (hidden by plucked leaves) and under stone (hidden by fallen leaves).
  • Pyong-Oh Won
    1977 年 9 巻 1 号 p. 90-95
    発行日: 1977/03/31
    公開日: 2008/11/10
    ジャーナル フリー
  • Pyong-Oh Won
    1977 年 9 巻 1 号 p. 96-111
    発行日: 1977/03/31
    公開日: 2008/11/10
    ジャーナル フリー
    1. As appears in Tables 1-2, the number of species and individual birds sighted in the census generally shows a decreasing tendency as the census was progressing from Seocheon area where the forest is suffering a severe damage by pine needle gall-midges, through Kochang area where forests are suffering an average affliction, to Muan area which suffered a severe forest damage but it now much recovered from the affliction.
    In each of these areas, more species and individuals of birds are sighted in a red pine forest than in a black pine forest. In general, more species of birds are sighted in October than in November because of the arrival of transients, while in November large flocks of a few species of winter visitors arrive in the census areas for wintering showing a high population density.
    2. Typically dominant species in the census areas are the 6 species of permanent residents-Great tit, Jay, Turtle dove, Crow tit, Yellow-throated bunting and Greenfinch; the 3 species of winter visitors-Siskin, Brambling and Golderest; and several species of transients such as Dusky thrush, Tristram's bunting and Chestnut bunting. These dominant species of birds have a feeding activity closely related to pine needle gall-midges. A survey of insectivorous birds previously conducted by Ko et al. in 1969 reports that the majority of these bird species feed on pine needle gall-midges also.
    3. Jay is dominant in red pine forests and Greenfinch is dominant in black pine forests.
    4. Early morning plot censuses usually sight more species and individual birds than plot census carried out later in the morning.
  • 中村 一恵, 田中 裕
    1977 年 9 巻 1 号 p. 112-120_1
    発行日: 1977/03/31
    公開日: 2008/11/10
    ジャーナル フリー
    1.この研究は,東京大学海洋研究所白鳳丸による航海(1974-1975)で得られた資料に基づき,北太平洋におけるマダラシロハラミズナギドリ(Pterodroma inexpectata)とハジロミズナギドリ(P.solandri)の分布と渡りを考察したものである。
    2.観察記録に基づき,2種の外部形態の特徴を記載し,野外における見分け方を述べた。
    3.マダラシロハラミズナギドリは渡りの終了後,アリューシャン列島からアラスカ半島沖にかけての亜寒帯海流域(夏期の平均表面水温10°C)に広く小群で分散するものと思われ,表面水温8-10°Cの海域でもっとも高密度に観察された。
    4.北緯40度から45度にかけての海域で5月に観察された個体群は,単独またはペアで北または北西の方向に早い速度で外洋を移動中のものであった。これらはさらに北方の適水温海域への渡りがあることを示すものであろう。個体によっては5月に亜寒帯海流域に達するものもあるが,7-8月のこの海域(北緯50度以北)に分布密度のピークがあった。
    5.1974年5月5日から5月16日にかけて,北太平洋北西部海域で約490羽のハジロミズナギドリを観察した。これはKuroda(1955)に次ぐ記録であり,本種に北太平洋北西部に達する長距離の渡りがある(cf.Kuroda1957)ことを示すものである。
  • 小笠原 〓, 泉 祐一
    1977 年 9 巻 1 号 p. 121-127_2
    発行日: 1977/03/31
    公開日: 2008/11/10
    ジャーナル フリー
    1) 1羽のコウノトリ(Ciconia ciconia boyciana)が9月16日から26日まで北海道•美唄に現われ,その後11月19日(10月10日頃初確認)から現在(1977年1月9日)まで函館にも出現した。
    2) 青森県では,1羽のコウノトリが10月5,6日に鶴田•五所川原付近に出現し,その後,10月30日から11月7日まで小泊に現れたという。
    3) 又同じころ,1羽のコウノトリが10月21日から12月3日まで,宮城県河北町の水田に生息しているのが確かめられた。
    4) 秋田県下では,2羽のコウノトリが,別々に,雄物川町と雄和町の水田でそれぞれ発見された。両地とも同じような環境である。すなわち,かなり広い水田で,しかも両地とも雄物川に側している(Fig.2,3及び4)。
    5) 北海道及び東北地方に生息しているコウノトリは,現在(12月20日),少なくとも4羽と思われる。
    6) 秋田県下のコウノトリは水田の農業用小水路で,主に魚,貝類やその他の小動物を食しているものと思われる。
    7) 雄物川町のコウノトリのTarsusは赤色であるのに対し,雄和町のものは褐色である。
    8) 雄物川町のコウノトリは,12月18日には日没から22:30まで,水田の中で休息していた。しかし通常夜どこを塒にしているかは分らない。
  • N. h. Kuroda
    1977 年 9 巻 1 号 p. 128
    発行日: 1977/03/31
    公開日: 2008/11/10
    ジャーナル フリー
feedback
Top