山階鳥類研究所研究報告
Online ISSN : 1883-3659
Print ISSN : 0044-0183
ISSN-L : 0044-0183
9 巻 , 2 号
選択された号の論文の6件中1~6を表示しています
  • 山階 芳麿
    1977 年 9 巻 2 号 p. 131-142
    発行日: 1977/07/31
    公開日: 2008/11/10
    ジャーナル フリー
    本文はソ連邦•中国及び朝鮮に於いて近年出版された報告を集めて,トキ及びコウノトリのアジア大陸東部に於けるこの両種の現状を解説したものである。
    1.トキがソ連邦で最後に発見されたのは1940年(クリュチ•ザハロフスキー地区),中国で最後に発見されたのは1957年(陜西省洋県)で,既に久しく発見されていないから,恐らく両国では絶滅したものであろう。しかし,朝鮮半島の中部では1965年以後,1974年まで稀に目撃されているので,北方の蕃殖地から稀に中部の平原に迷い出るのであろう。そして,その蕃殖地は不明だが,推測をすれば長白山脈の南側森林地帯が一番可能性がありそうである。
    2.コウノトリはソ連邦内では,東西はゼーヤ川流域から日本海沿岸まで1,000km,南北はアムール川下流のボロン湖から沿海州南部のハンカ湖まで600kmの広大な地域に未だかなり多く蕃殖している。又,中国に於いても満州の中北部(恐らく嫩江流域)及び中部(ハルピン付近)に蕃殖しているという。これらのごく一部は朝鮮半島及び日本に越冬に来るが,その大部分は中国の揚子江下流及び福建省あたりで越冬する。したがってこの貴重なコウノトリの保存は,ソ連邦と中国の密接な協力によってのみ可能なのである。私はそれを強く希望する。それとともに,未だかなり大陸に蕃殖しているとはいえ,稀に日本に越冬に来るコウノトリが,心なき狩猟家によってたびたび銃殺されているのは,国際的にも日本の恥である。狩猟者及び狩猟者団体の猛省をうながしたい。
  • 小笠原 〓, 池原 貞雄
    1977 年 9 巻 2 号 p. 143-158
    発行日: 1977/07/31
    公開日: 2008/11/10
    ジャーナル フリー
    1)ノグチゲラの生態調査を繁殖期の4月21日から27日にかけて,主に与那覇岳と伊湯岳で行った。調査は環境庁の依頼で行った。
    2)ノグチゲラは沖縄本島中央部に位置する名護岳以北に分布していたが,現在の本種の分布の南限は伊湯岳となっている。
    3)著者等はノグチゲラのつがいの採餌範囲をほぼ明らかにすることが出来た。この範囲はつがいの活動範囲であって,明白な「なわばり」を意味するものではない。
    4)ノグチゲラは与那覇岳における観察から,少なくとも,この時期には早朝(5時半から7時半)と夕方(16時から19時)に最も活動的である。
    日中には,ノグチゲラは伐採路地にも現われ,静かに採食しているが,原生林中で最も活動的に採食していた。
    5)ノグチゲラのドラミングは主に早朝(5時から7時の間)と夕方(16時半から19時半の間)に聞かれた。
    日中でも時々,前述の採餌範囲の一部でドラミングを聞いたが,これは枯枝で採食するためのハンマリングと思われた。
    6)濃霧でつつまれたこの密に茂った森が,少なくとも,ノグチゲラの好適生息環境と思われる。すなわち,ノグチゲラの本来的な生息環境は,伊湯岳に自然状態で広く残されている米軍のトレーニングのための地域のような,密に茂った高湿な森林であると思われる。
    7)ノグチゲラの繁殖期は2月から6月の間で,本種はイタジイやタブなど半分枯れている古い木の幹に新しく穴をあけて巣を造る。
    8)著者等はHachisukaほか(1953),Kuroda(1971),Short(1973)やIkeharaほか(1975)による本種の個体群の推定値を比較しながら,ノグチゲラの個体群密度の推定を試みた。
    9)世界的に貴重で,まれなノグチゲラをいかにしたら保護し,いかにしたら本種の生息地を保全出来るかを考察した。
  • 由井 正敏
    1977 年 9 巻 2 号 p. 159-175
    発行日: 1977/07/31
    公開日: 2008/11/10
    ジャーナル フリー
    1.前報の繁殖期に続いて,筆者および全国各地の観察者による鳥類センサス資料を用いて,日本の森林における冬期の鳥類群集の種構成および類似性の検討を行ない,優占種構成による鳥類群集の類型化を行なった。
    2.予備的な解析から全国各地のセンサスデータを南北2つに大別したあと,各々で一括して地域間,林相間の鳥類群集の類似性をWhittaker(1952)の類似度指数で検討し,全体で11の林相地域別の冬期鳥類群集をおおよそ類似度指数50%台でグループ化した。
    3.11の林相地域別の鳥類群集の相互間の類似性は繁殖期とほぼ同様の傾向を示し,暖帯,温帯各内部で類似度の高い場合が多く,暖温帯間では類似度が低かった。
    4.林相地域別の冬期鳥類群集について,冬鳥グループ,冬鳥プラス漂鳥グループ,カラ類グループ,広域優占グループ,優占上位グループの合計優占度を求めて比較検討した。冬鳥グループは多くても10%台にしかならず,夏鳥の40%台の例とは差があった。冬期の日本の森林における基本構成種として,エナガ,シジュウカラ,コガラ,ヒガラ,ヒヨドリ,キクイタダキ,ゴジュウカラ,ホオジロの8種を認めた。
    5.11の林相地域別の冬期鳥類群集構造の鳥種名による類型を行ない,優占上位3種による群集名が妥当であると思われたが,一部についてはそれより下位の特徴的な鳥種名を用いた。
  • 黒田 長久
    1977 年 9 巻 2 号 p. 176-217
    発行日: 1977/07/31
    公開日: 2008/11/10
    ジャーナル フリー
    Correlated with flying ability, the flock life is the basic avian social pattern, and solitary, pair or group patterns are necessary results in breeding or foraging in relation to genetic ecology of the species and a colony is formed when the flock can be maintained (or should be formed) in breeding. The breeding by pair territory is the most general avian social type and several stages of territoriality exist in relation to basic flock life.
    In the Jungle Crow Corvns macrorhynchos, the flock life and strict territoriality are maintained in communal roosting at night and daytime life respectively. This is the pattern 4. of Nakamura's (1972) classification of avian social life.
    I have reported on the flocking pattern of the Jungle Crow (Kuroda 1972) and here its territorial pattern is summarized.
    1. The flock, pair and roost
    1) Flocking on open country may be said to be the basic life pattern of the crows, but as its name indicates, the Jungle Crow is of tropical origin where it lives in jungles. In Japan, it dwells in modern city where "building jungles" substitute its original habitat.
    2) The breeding population of city Jungle Crows lives in permanent pair territories, and non-breeding young birds form their groups gathering at wooded parklike areas where a few breeding pairs may have their territories at peripheral parts. New pairs are formed in the group of young birds and from about December, as if pushed out by its eccentric force, they wander out over breeding pair territories in search of unoccupied area and cause aerial combats between territory owners.
    3) Parts of wooded area where young bird groups gather also serve as a local summer roost of adjacent breeding pairs and as a social place for meeting and feeding before roosting or for joint bathing, if water is available.
    4) In winter, the local roosts are abundoned to concentrate into a big single roost at a wooded park, in Tokyo the Meiji Shrine wood, large enough to accept nearly all Jungle Crows of central city Tokyo, mixed with a large flock of Carrion Crow Corvus corone, which is winter visitor from suburban fields.
    5) This mixed winter roosting flock is enlarged from the end of November to the peak of over 2,000 crows of the two species, mixed in about the same numbers. In March, the Carrions retire back to the fields and the Jungles begin to split into small local roosts of the breeding season and the communal winter roost remains only as one of such local roosts used by nearby territorial pairs.
    6) The breeding pair territories are grouped and scattered at more or less wooded parts, producing new generations. The grown fledged young are accompanied by parents to local roost, back to parents' territory in the next morning (probably searching the way by itself), for about 23+ days to finally join the young bird group (two delayed young returned to the territory as long as 94 and 58 days after leaving the nest).
    7) Finished the breeding activity, the territorial pairs would shift, in the beginning of September, their sleeping place from local summer to communal winter roost, but through the year they return in the morning to their own permanent pair territory.
    These seasonal life cycle pattern of the city Jungle Crow population may be diagramized as in Fig. 1.
    2. Territory
    1) The pair territory described in this report was egg-shaped, being of the size E-W 1000m × N-S 500m, with nest near the blunt end at 700m to E, 300m to W, 300mto N and 200m to S. The nest was so situated that the summer roost was at about 2km E to the extension of deeper E side along E-W line and the winter roost at about 4km N to the extension of deeper N side along N-S line. Therefore, the territory was deeper to the roosting directions and was demarcated by prominent building of TBS Television at the N and of the Parliament of the E.
  • デサイ J.H., マルホトラ A.K.
    1977 年 9 巻 2 号 p. 218-226
    発行日: 1977/07/31
    公開日: 2008/11/10
    ジャーナル フリー
    Delihi動物園構内で繁殖するPariah Kite (Milvus migrans govinda)の10羽の雛を,1973-75年に人工育雛し,週に1度体重と体の4部位(嘴峰,〓蹠,中趾,翼長)を測定した。雛は孵化後10日目より,50~75日目まで人工育雛した。雛の食物摂取量についても論じた。
  • 長谷川 博
    1977 年 9 巻 2 号 p. 227-229
    発行日: 1977/07/31
    公開日: 2008/11/10
    ジャーナル フリー
    秋季に標識のために捕えられた鳥類の総排泄口における体温を,サーミスター温度計によって測定した。体重の非常に軽い種では,体温がいくらか低い傾向がみられた。
feedback
Top