化学と生物
Online ISSN : 1883-6852
Print ISSN : 0453-073X
ISSN-L : 0453-073X
49 巻 , 2 号
選択された号の論文の18件中1~18を表示しています
巻頭言
今日の話題
解説
セミナー室
「化学と生物」文書館
プロダクトイノベーション
  • 大瀧 伸之
    2011 年 49 巻 2 号 p. 132-136
    発行日: 2011/02/01
    公開日: 2012/02/01
    ジャーナル フリー
    “Silver column KANTO” は,銀イオンクロマトグラフィー (silver ion chromatography/argentation chromatography) のための新しいHPLCカラムである(図1).銀イオンクロマトグラフィーとは,Ag+(銀イオン)が有機化合物の不飽和結合に配位して錯体を形成する性質を応用したクロマトグラフィーであり,cis/trans 異性体や二重結合位置異性体などの分離に有用な技術である.しかし,従来の分離剤は安定性に問題があるためにHPLC(高速液体クロマトグラフィー)への応用は限定的であり,主に繰り返して使用することのないカラムクロマトグラフィーやTLC(薄層クロマトグラフィー)として利用されてきた.これに対して,筆者らは従来の分離剤の課題を克服する分離剤を開発し,新しい銀イオンクロマトグラフィー用 HPLCカラム “Silver column KANTO” を上市するに至った.本稿では “Silver column KANTO” の特徴を技術的な背景や開発の経緯とともに紹介する.
バイオサイエンススコープ
農芸化学@High School
feedback
Top