化学と生物
Online ISSN : 1883-6852
Print ISSN : 0453-073X
ISSN-L : 0453-073X
50 巻 , 3 号
選択された号の論文の18件中1~18を表示しています
巻頭言
今日の話題
解説
セミナー室
「化学と生物」文書館
  • 貝沼 圭二
    2012 年 50 巻 3 号 p. 203-208
    発行日: 2012/03/01
    公開日: 2013/03/01
    ジャーナル フリー
    澱粉は食料の中で非常に重要なカロリー源として用いられてきたため,古い時代から研究の対象とされてきた.食品,製紙や繊維の糊料として必要な種々の物性や利用に関する研究は行なわれていたが,化学的な面で著しい進歩が見られたのは1940年の前後数年の間である.本稿の御依頼は「澱粉の科学 ― 異性化糖の開発」であったが,異性化糖の研究が開始される背景となった日本の澱粉科学および澱粉関連産業の過去50年の研究の流れと,その中で筆者自身の歩んだ道を関連させながら述べさせていただくことにした.
鈴木梅太郎博士 ビタミンB1発見100周年祝典・記念シンポジウム
トップランナーに聞く
緊急企画
農芸化学@High School
feedback
Top