開智国際大学紀要
Online ISSN : 2433-4618
ISSN-L : 2433-4618
15 巻
選択された号の論文の20件中1~20を表示しています
  • 原稿種別: 表紙
    2016 年 15 巻 p. Cover1-
    発行日: 2016/03/01
    公開日: 2017/11/20
    ジャーナル オープンアクセス
  • 原稿種別: 目次
    2016 年 15 巻 p. Toc1-
    発行日: 2016/03/01
    公開日: 2017/11/20
    ジャーナル オープンアクセス
  • 原稿種別: 目次
    2016 年 15 巻 p. Toc2-
    発行日: 2016/03/01
    公開日: 2017/11/20
    ジャーナル オープンアクセス
  • 菅原 祥
    原稿種別: 本文
    2016 年 15 巻 p. 5-17
    発行日: 2016/03/01
    公開日: 2017/11/20
    ジャーナル オープンアクセス
    20世紀後半のポーランドを代表する作家スタニスワフ・レムは、自身の作品の中で一貫して人間の認知の問題、とりわけ理解不能な「他者」を前にしたコンタクトの可能性について考察してきた作家である。こうしたレムの問題関心は、現代の多くの社会学的問題、例えば認知症患者のケアの現場などにおける介護者-被介護者の相互理解の問題などを考える際に多くの示唆を与えてくれるものである。本稿はこうした観点から、スタニスワフ・レムの短編『テルミヌス』を取り上げ、理解不可能な存在を「受容する」ということの可能性について考える。『テルミヌス』において特徴的なのは、そこに登場するロボットがまるで老衰した、認知症を患った老人であるかのように描かれているということであり、主人公であるピルクスは、そうしたロボットの「ままならない」身体に対して何らかの応答を余儀なくされる。本稿は、こうしたレム作品における不自由な他者の身体を前にした人間の責任-応答可能性について考えることで、介護に内在する希望と困難を指摘する。
  • 杉木 恒彦
    原稿種別: 本文
    2016 年 15 巻 p. 19-45
    発行日: 2016/03/01
    公開日: 2017/11/20
    ジャーナル オープンアクセス
    本稿は、中世期南アジアにおけるチャクラサンヴァラ仏教文献群の総括的研究の一環として、カンバラ作『サーダナ・ニディ(成就法の蔵庫)』の第4章、5章、6章、7章の初のサンスクリット語ならびにチベット語校訂テキストを提供するものである。カンバラ作『サーダナ・ニディ』は『ヘールカアビダーナ・タントラ』の注釈書であり、前者の第4章、5章、6章、7章は、それぞれ後者の第4章、5章、6章、7章の注釈である。これらの章の主題は、24組の男女の神々を身体内に観想する実践と、根本マントラと、自分自身を守護するための6人の甲冑の神々の観想実践である。
  • 北村 克郎
    原稿種別: 本文
    2016 年 15 巻 p. 47-74
    発行日: 2016/03/01
    公開日: 2017/11/20
    ジャーナル オープンアクセス
    国際バカロレア(以下IB)の初等教育プログラム(以下PYP)は「概念-操作」カリキュラムである。PYPの「概念-操作」カリキュラムが、他の構成主義の学びの方法に対してたいへん優れているのは、その道具立てがしっかりしているためである。この道具立ての一つである「概念に基づく学び」(concept based learning)はとりわけ重要なものであるが、八つの「概念」は、相互の間の関係が規定されていない。そこで、諸概念との関係や、その位置づけと役割と限界を明らかにした、ヘーゲルの論理学の「概念論」の「主観的概念」における「判断論」を認識論的に読み直すことにより、PYPの諸概念の役割と限界と相互の関係を認識の深化のプロセスの中に位置づけようと考える。そして、その準備作業として、まず、ヘーゲルの判断論を認識論的に概観してみたい。そのためには、特殊の役割に注目して判断論を理解しなくてはならない。
  • 服部 一枝
    原稿種別: 本文
    2016 年 15 巻 p. 75-93
    発行日: 2016/03/01
    公開日: 2017/11/20
    ジャーナル オープンアクセス
    初等・中等教員の使命は、子どもたちが、生涯にわたって自分の能力と可能性を最大限に高め、さまざまな人たちと協調・協働しながら、自己実現と社会貢献を図ることができるように、子どもたちが、自ら課題を発見し、それを解決できるよう導くことであろう。このように、子どもを発達段階に即した方法で指導できる、実践的指導力を有する教員こそ今求められている人材である。 しかし、実践的指導力は、教員志望の学生が、将来教育現場でキャリアを重ねるに伴って自然と身につけられるほど容易なものではない。その基礎は大学の4年間で育成されるべきであろう。本学では、教職に関する科目と教科に関する科目の配当年次を、4年間を5つの期に分けて構成することで、「実践的指導力」が身につくように工夫している。そこで本稿では、5期に分けた教育課程編成のねらいと内容を検討することにより、特に筆者が担当する「国語科教育法」において、実践的指導力を身につけるために導入している模擬授業の重要性について考察していく。さらに、この度初等・中等教育においても導入が提案された、子どもが課題に対して主体的に学ぶ「アクティブ・ラーニング」の取組みについても言及する。
  • 石田 修一
    原稿種別: 本文
    2016 年 15 巻 p. 95-126
    発行日: 2016/03/01
    公開日: 2017/11/20
    ジャーナル オープンアクセス
    2005年4月から現在まで柏市教育委員会に勤務,市内42校の小学校及び中学校20校,高等学校1校の音楽教育について指導助言をおこなってきた。この10年間で子どもたちを取り巻く環境は大きく変わり,価値観が多様化,音楽活動にあてられる時間は半減している。その中で,より短時間で教育効果が上がった指導方法について考察する。 最初に時間の使い方を見直す。子どもたちの活動をじっくりと観察すると,無駄な動きが見えてくる。その無駄を改善することによって,練習時間を年間数十時間増やすことができる。次に効果的な実践として1.「倍音を感じて!意味のある基礎練習をおこなう」2.「個々の奏法向上教育方法改善」3.「システム化された合奏指導法」4.「コンクールの練習方法・ホール全体を上手に響かせる方法」5.「簡単なスコアリーディング方法」6.「指揮する自分の姿を自分の目で見て!感じて」7.「演奏者から離れた場所で聴いてみる」8・9.「音楽の授業との連携」を実践報告。 これらの実践報告をもとに短時間で教育効果を上げるための具体的方法や初心者の効果的指導方法について子どもの興味関心を高めるとともに,自ら音楽表現するよろこびが体感できる教育方法をシステム化した。
  • 高橋 早苗
    原稿種別: 本文
    2016 年 15 巻 p. 127-135
    発行日: 2016/03/01
    公開日: 2017/11/20
    ジャーナル オープンアクセス
  • 寺本 妙子
    原稿種別: 本文
    2016 年 15 巻 p. 137-142
    発行日: 2016/03/01
    公開日: 2017/11/20
    ジャーナル オープンアクセス
  • 寺本 妙子
    原稿種別: 本文
    2016 年 15 巻 p. 143-154
    発行日: 2016/03/01
    公開日: 2017/11/20
    ジャーナル オープンアクセス
  • 又吉 弘那
    原稿種別: 本文
    2016 年 15 巻 p. 155-177
    発行日: 2016/03/01
    公開日: 2017/11/20
    ジャーナル オープンアクセス
    Switzerland is well known for being the founding father of the International Baccalaureate but it is also well known for the educational mentality of solidarity. We can embrace the power of their solidarity from reading their motto,"Unus pro omnibus, omnes pro uno", can be translated from Latin to English as "One for All, All for One" (Le News. 2015). Switzerland is also extremely famous for having four national or official languages which represents their respect for diversity. It was because of this motto or mentality they survived World War II. They demonstrated Effective Evidence - Based Control and Defense in "warfare" by not allowing any war planes fly over their country. In other words, during World War II they decided they had "no Allies" but "all enemies" so without discrimination they shot at every plane that flew over their sky including both the German and the United States Air Forces (Helmreich, 2000). The neutrality of Switzerland was assured by an Effective Evidence - Based Strategy of evolutional and progressive mentality. They found that in a materialistic and capitalistic world, they needed to collect and guard the world's finance by establishing the Swiss Bank. They learned that the strongest religion on earth is "money" and "greed". They learned that money has a tendency to quench our thirst for greed and banks have become humanity's churches to worship the accumulating digits in our bank accounts. They learned that protecting the wealth of the rich was the best way to defend their country. In other words, it would be literally insane to go after the Swiss because they have the bank accounts as an ultimate "hostage". They proved this in World War II and their effective evidence based strategy continues today. What is even more unique is that in 2013, Switzerland announced their next Effective Evidence - Based Strategy in "welfare" instead. They surprisingly announced, "Switzerland's Proposal to Pay People for Being Alive" in the "The New York Times". The life style of Switzerland triggered other governments to rethink their education policies under the concept of civics (Lowrey, 2013). Last year, in November 2014, the United States Department of Education published their new education policy. The policy title was "Effective Professional Learning Strategies and Their Use in Future Ready Districts" (Duncan, 2014). The policy was published to encourage researchers to be effective professionals teaching students within the realm of civic education. The purpose was to establish educational readiness for educators to use in the future. This policy was originally established for all the districts and states within the United States but the policy has now taken a wider turn. The policy now includes countries abroad. The Switzerland's motto,"Unus pro omnibus, omnes pro uno", has influenced UNESCO, the UN, and the EU, especially Oxford University, to adopt this educational policy (Sylva, Retrieved: July 1, 2015). The policy discusses about Effective Learning or Evidence-Based Practices that can be used in reflective learning to foster citizen education both locally and internationally. This paper will discuss about the historical evolution from Civil Education, to Citizen Education, to Active Learning, and to the Effective Learning Strategies that has just begun, in 2015, which is also known as Evidence-Based Practices. The paper will also discuss about curriculum design and the future endeavors of the language curriculum in Japan.
  • 又吉 弘那
    原稿種別: 本文
    2016 年 15 巻 p. 179-201
    発行日: 2016/03/01
    公開日: 2017/11/20
    ジャーナル オープンアクセス
    This paper is a linguistic critical analysis by reflecting upon Robin Tolmach Lakoff's sociolinguistic analysis within her brilliant understanding of linguistics in her book, "The Language War". She portrays her understanding of linguistics though current events in time. She discusses about how politics and the people are entwined within the "Language War". Although her book was written in the year 2000, we are continuing her theory. We will add new current event issues to her theory while reflecting along with her book. According to Professor Lakoff, the purpose of linguistics is to translate and interpret the meanings of events for the next generation. Therefore, the writer of this article will follow Professor Lakoff's strategies while explaining past issues toward recent issues that are occurring in the news so we can understand the meaning of the "Language War". We must first look at the "Language War" in the testimony of violence within African American Blues, Jazz, and Spirituals. African American Blues, Jazz, and Spirituals are historical voices, resources, databases of witnesses, and victims of the past. These voices screamed out the inequality of generations. In a way, they are still surviving a "Language War" even today. They screamed for help in protest and yet due to those who perpetuated the violence of segregation, intimidation, and discrimination that took place, "no one" could help them but continued to avoid the problem. It was as if they were absent apathetic bystanders in denial and neglect. The reason is because prejudice and bigotry became the thorn of evil stuck in between the heart of empathy to produce apathy. Those who perpetuated violence under the power of mass persuasion acted in collective behavior. To understand the meanings and the backgrounds of many of these exquisitely deep profound lyrics or language of Blues, Jazz, and Spirituals, we must also understand the history of what happened to the African Americans. The United States is often viewed as a melting pot due to the history of the settlers who were faced with the difficulties in assimilating into the European society. However, these same apathetic amnesiac settlers then colonized the American Indians and their land to build what they thought was a paradise with slavery. Professor Robin Tolmach Lakoff, coined the process of what America was caught up in as the "Language War". In this "Language War", no one understood the cycle of harassment which just continued like a domestic violence. According to Professor Lakoff, the "Language War" triggered the importance of the civil rights movement in the late 60s. Out of the blues came forth a muse. Her name was Billie Holiday. This report is also to acknowledge the 100th year commemoration of the memory of Billie Holiday for the power of her voice gave birth to civil action that fought that Language War.
  • ランギ エリザベス J., ゴルシコフ ビクトル
    原稿種別: 本文
    2016 年 15 巻 p. 203-207
    発行日: 2016/03/01
    公開日: 2017/11/20
    ジャーナル オープンアクセス
  • 瀧川 修吾
    原稿種別: 本文
    2016 年 15 巻 p. 209-221
    発行日: 2016/03/01
    公開日: 2017/11/20
    ジャーナル オープンアクセス
    昨今,ICTの進歩と普及は飛躍的であり,学術出版の分野でもそれは例外ではないが,利便性の恩恵にあずかる一方,不快な体験をした者も少なくないはずである。本稿は,文章校正ツールの混乱や添付ファイルによる原稿の誤送,パスワード機能付きUSBメモリの不具合に関し,私が研究教育者として経験した失敗事例をまとめたものである。ICTの進歩に対応した学術出版の環境整備のためには,失敗から学ぶ必要があると考えるからである。
  • 阿部 雄一
    原稿種別: 本文
    2016 年 15 巻 p. 223-290
    発行日: 2016/03/01
    公開日: 2017/11/20
    ジャーナル オープンアクセス
  • 佐々木 さよ
    原稿種別: 本文
    2016 年 15 巻 p. 291-307
    発行日: 2016/03/01
    公開日: 2017/11/20
    ジャーナル オープンアクセス
    岡本かの子の「東海道五十三次」は作品名そのままに旧東海道を旅する人々を描いている。一方、津島佑子の「厨子王」は、説経「山椒太夫」によってよく知られている山椒太夫伝説を下敷きにして、東北地方、特に津軽地方への旅を通して描かれる東北の歴史と文化がテーマの一つとなっている。かの子が豊富な古典文学作品の引用によってテクストを織り上げているように、津島の場合も古典文学や伝承が土台となり原動力となって進行している。〈歌枕〉という視座を設けることで、手法の共通性を指摘した。昭和一〇年代という戦時色が強まる中で発表された「東海道五十三次」と昭和五〇年代の「厨子王」とでは、引用という手法への意識のあり方に違いがあることを考察した。また、旅する場所の違いや家族観の違いを比較考察することで約半世紀間に生じた意識の変化を明らかにした。古典文学との関連や〈歌枕〉を視座として、その受容史という観点から近代文学史を構築する場合の具体例を加える結果を得た。
  • 原稿種別: 付録等
    2016 年 15 巻 p. 308-315
    発行日: 2016/03/01
    公開日: 2017/11/20
    ジャーナル オープンアクセス
  • 原稿種別: 付録等
    2016 年 15 巻 p. 316-317
    発行日: 2016/03/01
    公開日: 2017/11/20
    ジャーナル オープンアクセス
  • 原稿種別: 付録等
    2016 年 15 巻 p. App1-
    発行日: 2016/03/01
    公開日: 2017/11/20
    ジャーナル オープンアクセス
feedback
Top