化学と教育
Online ISSN : 2424-1830
Print ISSN : 0386-2151
ISSN-L : 0386-2151
63 巻 , 12 号
選択された号の論文の15件中1~15を表示しています
Color Gallery
化学教育 徒然草
ヘッドライン:有機機器分析の基礎
レーダー
実験の広場
ビギナーのための実験マニュアル
講座:分離・分析の化学
  • 松本 浩一, 槌間 聡
    2015 年 63 巻 12 号 p. 608-611
    発行日: 2015/12/20
    公開日: 2017/06/16
    解説誌・一般情報誌 フリー

    高等学校の有機化学分野では,有機化合物の最初の段階で元素分析を通じて有機化合物の組成式と分子式を決定することを学習する。有機化合物の分子式を決定することは,有機化合物の構造を決定する上で,最も重要なステップである。本稿では,高等学校の教科書での取り扱いや実際上の分析方法,あるいは最新の研究現場ではどのようにして分子式が決定されているのかを専門の書籍をわかりやすく引用・要約しながら,簡単に紹介したいと思う。

  • 佐藤 綾子
    2015 年 63 巻 12 号 p. 612-615
    発行日: 2015/12/20
    公開日: 2017/06/16
    解説誌・一般情報誌 フリー

    高校の化学では有機元素分析は分離・精製された化合物の構造決定のための技術として学ぶのであるが,産業界においてはごみ,堆肥,土壌,環境汚染,石油,石炭,バイオマス,高分子化合物,カーボン素材など色々な分野に必要とされている。有機元素分析の原理はC,H,Nが燃えてCO2,H2O,NO2になり化学反応の前後で総質量が変わらないという質量保存の法則に基づいている。それには完全に燃えることが重要で,燃焼条件をコントロールした燃焼法の研究も行われている。化学の定量的な利用法として炭素,水素,窒素の定量における最新の技術と活用について紹介したい。

シリーズ:教科書から一歩進んだ身近な製品の化学 ―和食の化学―
委員長発 SOMETHING NEW
feedback
Top