日本東洋医学雑誌
Online ISSN : 1882-756X
Print ISSN : 0287-4857
検索
OR
閲覧
検索
40 巻 , 4 号
選択された号の論文の5件中1~5を表示しています
    • |<
    • <
    • 1
    • >
    • >|
  • 40 巻 (1989 - 1990) 4 号 p. 179-192
    公開日: 2010/03/12
    ジャーナル フリー
  • 山本 樹, 土佐 寛順, 高橋 宏三, 三潴 忠道, 寺澤 捷年
    40 巻 (1989 - 1990) 4 号 p. 193-198
    公開日: 2010/03/12
    ジャーナル フリー
    漢方医学的腹部症候と上部消化管X線所見との関連性について検討した。対象は当診療部通院中の患者95例である。胃十二指腸造影検査施行直前に腹診を行い, 腹候とX線所見を個別に検討した。腹候は, 腹力, 腹直筋緊張度, 心下痞鞭, 胸脇苦満, 振水音, 臍上悸, 臍傍圧痛, 回盲部圧痛, S字結腸部圧痛について評価した。X線所見は, 胃角の高さ, 大彎の鋸歯像, 胃萎縮性変化, 胃びらん性変化, 十二指腸下行脚の鋸歯像, 十二指腸憩室について評価した。推計学的検討の結果, 腹力が虚であるほど, 胃角が低位であり, 十二指腸憩室が高頻度に認められた。腹力が実であるほど, 胃びらんが高度に認められた。振水音陽性例は, 胃角が低位であり, 十二指腸憩室が高頻度に認められ, 胃の萎縮性変化が軽度であった。これらの成績は, 上部消化管の形態や粘膜の変化をとらえることにより, 漢方医学的な診断と治療の精度が向上する可能性を示唆するものである。
    抄録全体を表示
  • 矢船 明史
    40 巻 (1989 - 1990) 4 号 p. 199-205
    公開日: 2010/03/12
    ジャーナル フリー
    最近, 東洋医学の分野においても, 患者から得られた臨床検査データに対して, 統計的手法を用いた解析が行われるようになった。本雑誌に投稿される論文に関しても, この傾向が認められ,今後さらに強まることが予想される。
    用いられる統計的手法としては, t検定等データの母集団に対して正規分布を仮定した方法が多い。それゆえ, その分布が, 著しく正規分布から外れたデータに対して, これらの手法を用いた場合, 誤った結論を導く結果となる。この論文では, 実例を用いて, データ分布の正規性を検討し, さらに正規分布に近づけるためのデータ変換法を示し, 若干の考察を加える。
    抄録全体を表示
  • 津田 昌樹, 三崎 俊光, 小杉 光世, 三潴 忠道, 土佐 寛順, 小林 長
    40 巻 (1989 - 1990) 4 号 p. 207-213
    公開日: 2010/03/12
    ジャーナル フリー
    直腸癌根治手術後の排尿障害を有する4症例に対し鍼通電療法を行った。症例はすべて手術後1ヵ月以内であり,1例に対し次〓, 中〓, 陰陵泉, 腎命, 3例に対し曲骨, 次〓, 中〓に置鍼しパルス通電治療器で通電した。その結果, (1) 尿意の乏しかった3例中2例において鍼治療開始日より明らかな尿意が出現し, 1例は翌日より改善した。(2) 1回自排尿量は2例において治療開始2日後に明らかな改善を認めた。(3) 鍼治療を開始してから残尿量が50ml以下となるまでの日数は平均17.5日であった。これらの成績は直腸癌術後の排尿障害に対する鍼通電療法の有効性を示唆するものと考えられた。
    抄録全体を表示
  • 村山 茂, 鎮西 弘, 岸 篤, 林 盈六, 田代 連貴, 板橋 博史, 三潴 忠道, 細井 大二, 山田 享弘, 稲木 一元, 杵渕 彰, ...
    40 巻 (1989 - 1990) 4 号 p. 215-223
    公開日: 2010/03/12
    ジャーナル フリー
    過去2年間の症例約4500例の中から随時選択した著効, 有効の症例261例を分析し検討を加えた。即ち, 一部症例 (男子著効例) の内容の分析, どのような疾患に漢方は有効か, 有効, 著効を示した方剤の種類は何か, 男性と女性あるいは若年者と高齢者とではどちらに有効性が高いか, どの位の期間投与すれば方剤の効果が現れるかなどの事項について調査した。
    抄録全体を表示
    • |<
    • <
    • 1
    • >
    • >|
feedback
Top