人間と環境
Online ISSN : 2186-2540
Print ISSN : 0286-438X
ISSN-L : 0286-438X
40 巻 , 2 号
人間と環境 第40巻第2号通巻104号
選択された号の論文の1件中1~1を表示しています
原 著
  • ― 近畿地方での事例調査から ―
    平岡 俊一
    2014 年 40 巻 2 号 p. 2-16
    発行日: 2014年
    公開日: 2016/04/06
    ジャーナル フリー
    本研究は,地域の多様な主体の参加・協働のもと環境政策・保全活動を推進することを目的にしている「環境パートナーシップ組織」(環境PS組織)について,近畿地方の3つの組織を対象にした調査をもとに,その今日的意義を明らかにした上で,近年指摘されている環境PS組織の活動停滞化の実態等について考察した。環境PS組織の今日的意義として,自治体の環境政策における参加・協働の浸透,環境保全活動の代替・モデル,などの役割を果たしていることを指摘した。環境PS組織の停滞化に関しては,3組織とも環境保全に関する実践的活動等は活発に展開されているものの,プラットフォーム,円卓会議,中間支援,といった,環境PS組織独自と捉えられる取り組みは十分実施されておらず,その観点からはいずれも停滞傾向にある。その要因として,環境PS組織独自の担うべき機能や活動について関心を有するメンバーの不在,関係者間でのそれらの明確化の必要性に関する意識の不足,などがある。今後,環境PS組織には,多様な主体が集う場,関係主体間の橋渡し役としての位置づけを再認識することが求められる。
feedback
Top