感染症学雑誌
Online ISSN : 1884-569X
Print ISSN : 0387-5911
ISSN-L : 0387-5911
92 巻 , 3 号
選択された号の論文の11件中1~11を表示しています
委員会報告
  • 濵砂 良一, 安田 満, 高橋 聡, 上原 慎也, 河合 泰宏, 宮入 烈, 荒川 創一, 清田 浩
    原稿種別: 委員会報告
    2018 年 92 巻 3 号 p. 313-330
    発行日: 2018/05/20
    公開日: 2020/05/02
    ジャーナル フリー
  • 栁原 克紀, 賀来 敬仁, 鈴木 広道, 仁井見 英樹, 三鴨 廣繁, 松本 哲哉, 舘田 一博
    原稿種別: 委員会報告
    2018 年 92 巻 3 号 p. 331-338
    発行日: 2018/05/20
    公開日: 2020/05/02
    ジャーナル フリー

    近年,遺伝子やプロテオミクスの解析技術が臨床応用され,従来から行われている検査よりも迅速に病原微生物の同定や薬剤耐性遺伝子の検出が可能となった.今回,感染症遺伝子検査の現状および要望を把握することを目的として,一般社団法人日本感染症学会の会員のうち,医師を対象にアンケート調査を行った.
    有効回答率は全体で4.5%,感染症専門医では13.8% であった.回答者の病床数500 床以上に勤務している割合が最も高かった.感染症遺伝子検査の意義については,感染症診療で重要・必要であるという回答が93.4%,感染制御では90.8% であった.また,培養困難(長期培養が必要)な病原体の迅速検出が可能という点で有用であるとする回答が多かった.薬剤耐性遺伝子や毒素の検出が可能であることを有用であると回答した割合は専門医のほうが有意に高く,認識に違いがあった.感染症遺伝子検査を院内で実施しているのは47.2% であり,項目としては結核菌群の検出が多くの施設で行われていた.また,メチシリン耐性遺伝子,ESBL 遺伝子,カルバペネマーゼ遺伝子などの薬剤耐性遺伝子を検出している施設も20% 以上あった.院内での遺伝子検査を導入しない理由としては機器やランニングコストが高いことや人材不足があった.保険適用がないことも48.1% が理由として挙げていた.保険適用を要望する項目としては薬剤耐性遺伝子の検出の割合が高かった.全自動遺伝子検査システムについては,導入しているのは7.4% と非常に低かった.全自動遺伝子検査システムを導入しない理由についても機器やランニングコストが高いことが最も多く,保険適用がないことも52.9% が挙げていた.
    感染症遺伝子検査については,専門医・非専門医に関係なく多くの医師がその必要性・重要性を認識して いた.一方で,コストや保険適用の問題から院内で感染症遺伝子検査を実施していない施設が多いことも明らかとなった.

原著
  • 清水 博之, 木田 沙緒里, 杉山 嘉史, 椙山 聡一郎, 松本 裕子, 太田 嘉, 築地 淳, 宮島 栄治, 伊藤 秀一
    原稿種別: 原著
    2018 年 92 巻 3 号 p. 347-352
    発行日: 2018/05/20
    公開日: 2019/11/01
    ジャーナル フリー

    2013 年に乳幼児へのインフルエンザ菌b 型(Haemophilus influenzae type b:Hib)ワクチンが定期接種化された.以後,小児における侵襲性Hib 感染症は激減した.しかし,新たにHib ワクチンではカバーされない無莢膜型インフルエンザ菌(non-typeable H. influenzae:NTHi)感染症の台頭が危惧されている.このため,過去13 年間に当院で経験した全年齢での侵襲性インフルエンザ菌感染症について検討を行った. 2003 年1 月から2015 年10 月の間に血液培養からH. influenzae が検出された20 症例を解析対象とし,莢膜型別免疫血清を用いたスライドグラス凝集法およびPCR 法で血清型別を決定した.患者年齢分布は小児11 例(年齢中央値2 歳,13 日~5 歳),成人9 例(年齢中央値71 歳,29 歳~88 歳)であった.莢膜型を特定しえた小児8 例は全例b 型であり,小児例は全例2010 年までに偏在していた.一方,成人9 例中8 例は2012 年以降に偏在し,NTHi が6 例,e 型が1 例であった.感染臓器の内訳は,髄膜炎5 例(全例小児),急性喉頭蓋炎5 例(全例小児),肺炎5 例(全例成人),胆管炎3 例(全例成人),子宮内感染1 例(成人),不明1 例(小児)であった.乳幼児に対するHib ワクチンの普及後,乳幼児の侵襲性Hib 感染症は激減した.一方で成人の髄膜炎,喉頭蓋炎以外の侵襲性NTHi 感染症の顕在化が推測され,今後の動向に注意を払うべきと考えられた.

  • 中嶋 洋, 狩屋 英明, 岸本 壽男
    原稿種別: 原著
    2018 年 92 巻 3 号 p. 353-357
    発行日: 2018/05/20
    公開日: 2019/11/01
    ジャーナル フリー

     Yersinia pseudotuberculosis 感染症の発生状況を把握するため,主に小児科患者等654 名(1,308 検体)の血清について,Y. pseudotuberculosis 血清群1~6 の各菌体抗原に対する抗体価を測定した.その結果,98名(15.0%)が1種類の血清群に対して抗体陽性(≧1:160)となり,このうち血清群5が42名(42.9%)で最も多かった.Y. pseudotuberculosis が便や血液から分離された事例においては,16名中13名(81.3%)が,また,環境のみから本菌が分離された3 事例の患者6名中5名(83.3%)が抗体陽性となり,陽性を示した抗体の血清群は各事例の分離菌の血清群と一致した.抗体陽性者は,川崎病症状を呈した患者グループ(10.9%)に比べ,Y. pseudotuberculosis 感染疑いの患者等のグループ(18.5%)に多く(p<0.01),抗体陰性の者に比べて下痢,結節性紅斑,腹痛,腎不全の症状や,家族内発症及び山水・井戸水などの使用の割合が有意に高かった(p<0.025~p<0.005).

  • 池内 和彦, 福島 一彰, 田中 勝, 矢嶋 敬史郎, 関谷 紀貴, 関谷 綾子, 柳澤 如樹, 味澤 篤, 今村 顕史
    原稿種別: 原著
    2018 年 92 巻 3 号 p. 358-364
    発行日: 2018/05/20
    公開日: 2019/11/01
    ジャーナル フリー

     近年,本邦における梅毒患者が急増している.諸外国において梅毒に対する標準治療薬であるベンザチンペニシリンG の筋肉注射は,本邦では使用できない.日本性感染症学会から発行されている「性感染症診断・治療ガイドライン2016」では,梅毒に対する標準的治療としてアモキシシリン(AMPC)単剤の内服治療が推奨されているが,根拠となるエビデンスは十分とは言えない.今回我々は,経口AMPC 1,500mg/日単剤による治療を行った63 名の梅毒患者(HIV 患者47 例,年齢中央値40 歳)を対象に,その治療効果を後方視的に検討した.治療効果判定についてはRapid plasma reagin 自動化法の値が,診断時から1 年以内に1/4 以下へ低下した場合を治療成功と定義した.治療成功率は,全患者の95.2%(95% Confidence interval(CI),86.7~99.0%),HIV 患者の95.7%(95% CI,85.5~99.5%),非HIV 患者の93.8%(95% CI,69.8~99.8%)であった.梅毒の病期毎の治療成功率は,早期梅毒の97.8%(95% CI,88.5~99.9%),後期梅毒の88.2% (95% CI,63.6~98.5%)であった.今回の検討では,HIV 感染症の有無や,梅毒の病期に関わらず,経口AMPC 1,500mg/日単剤治療は,梅毒に対して高い治療成功率を認めていた.

  • 山田 文也, 内田 和江, 篠原 美千代, 岸本 剛
    原稿種別: 原著
    2018 年 92 巻 3 号 p. 365-370
    発行日: 2018/05/20
    公開日: 2019/11/01
    ジャーナル フリー

     目的:感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律(感染症法)の改正により,2016 年4 月から病原体サーベイランスの情報収集体制が強化された.そこで,5 類定点把握対象のウイルス性疾患について,その影響を検討した.

     方法:病原体検査を実施している全国の地方衛生研究所等81 施設を対象に,2014 年から2016 年までの病原体検査の情報をアンケートにより調査し,法改正前の2 年間と法改正後の2016 年の検体搬入状況を比較した.

     成績:インフルエンザについては,法改正により搬入検体数は顕著に増加していたが,その他の小児科定点把握対象疾患では,法改正による共通の変化は認められなかった.

     結論:今回の感染症法改正による定点把握対象疾患を対象とした病原体サーベイランスへの影響は,インフルエンザに関しては,検体収集の標準化により検体数の増加が成果として認められた.さらに,この検体数の増加によるその他のウイルス性疾患サーベイランスに対する影響は少ないものと考えられた.

症例
  • 関谷 綾子, 福島 一彰, 田中 勝, 矢嶋 敬史郎, 八木田 健司, 味澤 篤, 今村 顕史
    原稿種別: 症例報告
    2018 年 92 巻 3 号 p. 371-375
    発行日: 2018/05/20
    公開日: 2019/11/01
    ジャーナル フリー

    A 48-year-old HIV-positive female had discontinued her hospital visits for about 1.5 years. Immediately after returning from a 1.5-month stay in India, she suffered from diarrhea about four times a day and, therefore, visited our outpatient department. Liver dysfunction was noted on blood sampling, and bileduct dilatation was detected by magnetic resonance imaging (MRI).Using feces, duodenum, and large intestine specimens, neon blue autofluorescence of the oocyst wall was detected under UV excitation with a fluorescence microscope. These specimens were molecularly biologically identified as Cyclospora cayetanensis using PCR sequencing. Since approval could not be obtained for the treatment of Cyclospora, only antiretroviral therapy (ART) was resumed. The CD4-positivity was above 180/μL for about 4 months, but alkaline phosphatase became exacerbated. Subsequently, the treatment of Cyclospora was started by prescribing trimethoprim/sulfamethoxazole (ST) (80/160mg, 4 tablets) for 10 days. The liver dysfunction and diarrhea were promptly alleviated, and the bileduct dilatation was improved on MRI.

    In the present study, biliary disease and enteritis due to Cyclospora could be effectively treated with an ST formulation. Although it is well-known that C. cayetanensis causes not only enteritis, but also bile duct/biliary tract lesions in immunocompromised HIV-infected patients, such cases have rarely been reported in recent years.

  • 磯本 晃佑, 山川 英晃, 萩原 恵里, 林 将大, 新谷 亮多, 片野 拓馬, 小倉 高志
    原稿種別: 症例報告
    2018 年 92 巻 3 号 p. 376-379
    発行日: 2018/05/20
    公開日: 2019/11/01
    ジャーナル フリー

    A 47-year-old man was referred to our hospital for gradual onset of chest and back pain associated with fever and chills. Chest computed tomography demonstrated a giant bulla with an air-fluid level on the left lung. Culture of sputum, blood and pleural effusion were negative. Empiric treatment with broad spectrum antibiotics was initiated under a diagnosis of an infected bulla, with no resolution of his fever and laboratory data. Bulla resection with video assisted thoracic surgery was performed,and Nocardia nova was isolated from the bulla fluid. Histopathology of the surgical specimen showed inflammatory cells and granulomatous lesion with central necrosis. Nocardia species should be considered as a pathogenic bacterium of infected bullae.

  • 木村 浩, 水冨 一秋, 大田 栄一, 中野 晃子, 大楠 清文
    原稿種別: 症例報告
    2018 年 92 巻 3 号 p. 380-385
    発行日: 2018/05/20
    公開日: 2019/11/01
    ジャーナル フリー

    Shewanella haliotis is an aquatic gram-negative rod, recently isolated from the gut microflora of abalone (Haliotis discus hannai) in 2007. Human disease caused by this species is extremely rare. We report the case of a 66-year-old man undergoing hemodialysis who was admitted for necrotizing soft-tissue infection on the left hand with sepsis. He had a history of liver cirrhosis and colon cancer. Clinical findings showed swollen erythema with purpura and bullae on his left hand. Gram-negative rods were detected in the blood culture. The colonies grew on the Thiosulfate Citrate Bile Salts Sucrose medium (TCBS), and produced H2S on the Triple Sugar Iron (TSI) agar. The pathological features presented hemorrhagic necrosis with an infiltration of neutrophils and lymphocytes in the subcutaneous tissue. S. haliotis was identified by 16S rRNA sequence analysis, nevertheless automated identification in the hospital showed Shewanella algae. Ceftazidime and isepamicin administration for 1 week and cefozopran and isepamicin administration for 1 week followed by oral levofloxacin for 1 week cured the sepsis, and furthermore, topical ointment completely cured the skin ulcer over 2.5 months. We should be aware that human infection caused by S. haliotis can result in severe necrotising soft-tissue infection with sepsis.

  • 津田 尚法, 張替 忠直, 増井 良則, 菊池 嘉, 溝上 雅史, 矢﨑 博久
    原稿種別: 症例報告
    2018 年 92 巻 3 号 p. 386-390
    発行日: 2018/05/20
    公開日: 2019/11/01
    ジャーナル フリー

    Cerebral syphilitic gumma is classified as tertiary syphilis. It has become rare owing to antiluetic treatment, but there are some cases reported recently which developed in less than 1 year after the suspected syphilis infection. We report herein on the case of a 41-year-old HIV- negative man who attended our hospital due to convulsions, diagnosed noninvasively as having cerebral syphilitic gumma, and treated effectively during suspected primary syphilis following supposed infection 9 months previously.

  • 細田 智弘, 三﨑 貴子, 清水 英明, 岡部 信彦, 坂本 光男
    原稿種別: 症例報告
    2018 年 92 巻 3 号 p. 391-396
    発行日: 2018/05/20
    公開日: 2019/11/01
    ジャーナル フリー

    Herein we present the case of a 19-year-old healthy Filipino woman with a 4-day history of fever and headache, who upon admission had a dry cough and rashes distributed on her trunk and proximal limbs. The patient had recently traveled to the Philippines, 1-4 weeks prior to admission, where she had been in close contact with cats and rodents. Laboratory tests showed thrombocytopenia, and elevation of liver enzyme and C-reactive protein levels. Subsequent polymerase chain reaction (PCR) tests for Dengue, Chikungunya,and Zika virus, respectively, and Giemsa-stained blood smear for malaria were negative. Her chest Xray was normal. Our initial diagnosis was typhoid fever. However, even after administering ceftriaxone, the patientʼs fever and headache remained unimproved. A PCR analysis for Rickettsia species was then performed on day 6 of hospitalization, which revealed the presence of Rickettsia typhi. Therefore, the patient was diagnosed as having murine typhus, and minocycline treatment was started on day 9 of hospitalization. The patientʼs clinical symptoms then continued to improve until discharge on day 11 of hospitalization. Diagnosing murine typhus is difficult in clinical practice because of the non-specific symptoms. Respiratory symptoms and rashes spreading to the extremities will be indicators in distinguishing murine typhus from typhoid fever.

feedback
Top