肝臓
Online ISSN : 1881-3593
Print ISSN : 0451-4203
ISSN-L : 0451-4203
47 巻 , 10 号
選択された号の論文の4件中1~4を表示しています
症例報告
  • 井上 学, 道堯 浩二郎, 高橋 和明, 安倍 夏生, 岡 清仁, 布井 弘明, 上田 晃久, 島瀬 公一, 日浅 陽一, 堀池 典生, 三 ...
    原稿種別: 症例報告
    2006 年 47 巻 10 号 p. 459-464
    発行日: 2006年
    公開日: 2007/01/29
    ジャーナル フリー
    症例は,54歳の女性.全身倦怠感と黄疸と肝機能異常(T.Bil 2.9mg/dl, AST 1143IU/l, ALT 1767IU/l, γ-GTP 158U/l)により急性肝炎と診断.入院後,安静のみで経過観察し,劇症化,遷延化することなく軽快退院した.海外渡航歴,薬剤服用歴はなく,A, B, C型肝炎ウイルスマーカー陰性,抗核抗体陰性.発症1カ月前にイノシシ肉を摂取していたため,E型肝炎ウイルス(HEV)マーカーを測定したところ,IgM型HEV抗体及びHEV-RNAが陽性であり,急性E型肝炎と診断した.HEV genotypeは3型であった.当初はイノシシ肉の摂食による感染が疑われたが,調理行為により感染した可能性も考えられた.海外渡航歴のない国内発症の急性E型肝炎としては,本例が四国からの初報告例となる.
  • 清水 裕子, 山田 雅彦, 立松 英純, 石原 誠, 森田 敬一, 石黒 義浩, 片野 義明, 後藤 秀実, 高橋 雅春, 岡本 宏明
    原稿種別: 症例報告
    2006 年 47 巻 10 号 p. 465-473
    発行日: 2006年
    公開日: 2007/01/29
    ジャーナル フリー
    愛知県内で捕獲された野生イノシシの肉・内臓を摂食し,約1∼2カ月後にE型肝炎を発症した症例を2005年と2006年に2例ずつ合計4例経験した.いずれも中高年男性であり,3例に飲酒歴を認め1例に薬剤服用歴を認めた.4例いずれも著明な肝逸脱酵素の上昇を示し,2例で劇症化が懸念されステロイドパルス治療を施行,うち1例は血漿交換療法を施行した.分離されたHEV株の遺伝子型はいずれも4型であり,互いに98.8∼99.8%の塩基配列一致率を示すと同時に,最近愛知県内の野生イノシシから分離されたHEV株とも99.1∼100%の一致率を示した.一方,これまでに北海道を中心に他県で分離されている4型HEV株との一致率は85.4%∼89.3%に過ぎなかった.以上の結果より,野生イノシシを感染源とする土着HEVの感染が愛知県内で広がりつつあることが危惧され,感染予防の観点から,早急の感染実態の調査・把握が重要である.
  • 林 香月, 大原 弘隆, 喜多島 康弘, 田中 創始, 高田 博樹, 今井 英人, 安藤 朝章, 中沢 貴宏, 祖父江 聡, 中尾 春壽, ...
    原稿種別: 症例報告
    2006 年 47 巻 10 号 p. 474-481
    発行日: 2006年
    公開日: 2007/01/29
    ジャーナル フリー
    肝硬化性血管腫は海綿状血管腫内部に血栓,壊死,瘢痕形成,石灰化などの2次的変化による退行変性により血管腫全体に線維化,硝子化変性をきたした疾患とされている.筆者らは肝左葉と胃穹隆部間の腫瘤をCT, MRI,胃透視,超音波内視鏡などにより壁外性発育の胃粘膜下腫瘍と術前に診断したが,肝左葉より突出する硬化性血管腫であった症例を経験した.肝硬化性血管腫は特徴的な画像がないため診断に苦慮することが多く,鑑別疾患として胆管細胞癌,転移性肝癌,炎症性偽腫瘍,線維化の強い肝細胞癌が挙げられる.本邦での肝硬化性血管腫の報告は現在までに18報告(23症例)のみであるため,貴重な症例と考え報告した.
短報
  • 喜多 竜一, 西島 規浩, 松尾 裕央, 坂本 康明, 斎藤 澄夫, 波多野 貴昭, 池田 敦之, 那須 彰洋, 西川 浩樹, 木村 達, ...
    原稿種別: 短報
    2006 年 47 巻 10 号 p. 482-483
    発行日: 2006年
    公開日: 2007/01/29
    ジャーナル フリー
    Portal flow in the hepatic nodules is known to decrease during progression to hepatocellular carcinoma. We assessed the reduction in portal flow of the 37 hepatic nodules using the time-density curve of a single-level dynamic CTAP and expressed the results numerically. Retention of the portal flow was classified as three levels: good, moderate and almost zero, the last of which was considered to correspond to classical hypervascular hepatoma. Rather poor retention of portal flow may be an early signal that progression to hypervascular tumor is imminent. This numeric information may be help determine the most appropriate timing for the treatment of hepatic cancerous tumors.
feedback
Top