肝臓
Online ISSN : 1881-3593
Print ISSN : 0451-4203
ISSN-L : 0451-4203
52 巻 , 4 号
選択された号の論文の6件中1~6を表示しています
原著
  • 奥新 浩晃, 森井 和彦, 上坂 好一, 湯浅 志郎
    原稿種別: 原著
    2011 年 52 巻 4 号 p. 229-235
    発行日: 2011年
    公開日: 2011/05/10
    ジャーナル フリー
    C型肝炎に対するインターフェロン-β(IFN-β)2週先行ペグインターフェロン・リバビリン(Peg-IFN・RBV)24~72週間投与時のZung's self-rating depression scale(SDS)の有用性を検討した.SDS得点は有意に上昇し(投与前平均:36.1,IFN-β 2週時:39.4,Peg-IFN 2週時:40.6,12~24週時:44.6,n=74,P<0.0001),IFN(+RBV)の生理的副作用又はうつ病随伴症状発現の可能性が考えられた.副作用中止率は50点以上上昇例で他より高値であった(36.0% vs 25.6%,P=0.36).睡眠障害と食欲減退の得点上昇は両治療法で差が無い一方で,憂うつ・疲労・焦燥はPeg-IFN・RBV時に高いことが示唆された(P<0.001).また意欲・活動性低下を示す精神運動性制止は早期から発現していた.以上のようにSDSは患者の生理的,心理的症状を客観的に表し有用と考えられた.
  • 入潮 佳子, 今井 康陽, 三田 英治, 外山 隆, 葛下 典由, 永瀬 寿彦, 土井 喜宣, 山田 晃, 加藤 道夫, 福田 和人, 井倉 ...
    原稿種別: 原著
    2011 年 52 巻 4 号 p. 236-243
    発行日: 2011年
    公開日: 2011/05/10
    ジャーナル フリー
    セロタイプ2型のC型慢性肝炎初回治療例70例を対象にペグインターフェロンα-2a(PEG-IFNα-2a)単独療法の有効性を検討した.平均年齢は57歳,投与期間は中央値33週(1-56週),開始量は180 μg 49例,90 μg 21例であった.全例でのSVR率はITT解析で77.1%,中止率は8.6%であった.4週時,8週時HCV-RNA陰性化例のSVR率はそれぞれ89.6%,90.9%であったが,8週時RNA陽性例のSVR率は20.0%であった.多変量解析で治療前HCV-RNA量と8週時HCV-RNA陰性化が有意なSVR予測因子となった.65歳以上でも,68.4%にSVRが得られた.またHCV-RNA量1000 KIU/mL未満でのSVR率は88.7%であった.以上の結果より,HCV-RNA量1000 KIU/mL未満かつ8週までのHCV-RNA陰性化例で,PEG-IFNα-2a単独療法は高齢者を含め高いSVR率が期待できると考えられた.
症例報告
  • 亀田 亮, 小林 智, 上野 誠, 宮川 薫, 大川 伸一
    原稿種別: 症例報告
    2011 年 52 巻 4 号 p. 244-250
    発行日: 2011年
    公開日: 2011/05/10
    ジャーナル フリー
    症例は65歳男性.肝S5/8に28 mm大の造影CT早期相で濃染する腫瘤を指摘され精査を行った.腹部超音波検査では内部不均一な低エコーの腫瘤を認めた.Perfluorobutane(Sonazoid®)造影超音波検査では,動脈優位相で腫瘤は速やかに,全体に比較的均一に,強く造影された.門脈優位相では,造影効果が残存し,後血管相では,周囲肝実質とほぼ等エコーとなった.悪性腫瘍を否定できず肝生検を施行し肝毛細血管性血管腫と診断した.毛細血管性血管腫は拡張した血管腔を欠くため血流が早く,比較的早期に均一な血液の流入を認めるため,造影早期相で比較的早く均一に濃染し,造影効果が遷延するとされている.Sonazoid®造影超音波検査にて特徴的な所見を観察しえたと考えられた.
短報
速報
  • 保坂 哲也, 鈴木 文孝, 小林 正宏, 瀬古 裕也, 今井 則博, 平川 美晴, 川村 祐介, 瀬崎 ひとみ, 芥田 憲夫, 鈴木 義之, ...
    原稿種別: 速報
    2011 年 52 巻 4 号 p. 255-257
    発行日: 2011年
    公開日: 2011/05/10
    ジャーナル フリー
    Clearance of HBsAg is considered the ultimate goal in the treatment for chronic hepatitis B. We analyzed clinical factors associated with HBsAg clearance during long-term nucleot(s)ide analogue treatment. By univariate analysis, HBV genotype, family history of HBV infection, previous IFN therapy, HBeAg clearance at 6 months, and undetectable HBV DNA at 6 months were significant predictive factors. By multivariate analysis, HBV genotype, previous IFN therapy, HBeAg clearance at 6 months, and undetectable HBV DNA at 6 months were independent and significant predictive factors of HBsAg clearance. We conclude that patients with genotype A have high probability of HBsAg clearance, and it seems that not only the antiviral potential of nucleot(s)ide analogue but host immune response is needed to achieve HBsAg clearance.
  • 詫間 義隆, 守本 洋一, 友國 淳子, 利國 信行, 高畠 弘行, 下村 宏之, 山本 博
    原稿種別: 速報
    2011 年 52 巻 4 号 p. 258-259
    発行日: 2011年
    公開日: 2011/05/10
    ジャーナル フリー
    The purposes of this study were comparison of accuracy for the detection of esophageal varices (EV) obtained by liver stiffness (LS) and spleen stiffness (SS) measurement using Virtual Touch Tissue Quantification (VTTQ).
    LS and SS were measured in 95 patients with LC and 16 healthy volunteers. The mean SS and LS were significantly higher in the patients with LC than in the volunteers (p<0.001 and p<0.001, respectively).
    In pairwise comparison analysis of the areas under the receiver operating characteristic curve (AUROC) for the detection of EV, the accuracy of SS (AUROC=0.963) was better than that of LS (AUROC=0.646) (p<0.001). SS measurement via VTTQ is a useful method for predicting the presence of EV in LC patients.
feedback
Top