肝臓
Online ISSN : 1881-3593
Print ISSN : 0451-4203
ISSN-L : 0451-4203
60 巻 , 2 号
選択された号の論文の4件中1~4を表示しています
判定基準
症例報告
  • 下出 哲弘, 小栗 光
    2019 年 60 巻 2 号 p. 63-69
    発行日: 2019/02/20
    公開日: 2019/02/25
    ジャーナル フリー

    症例は50歳代女性.B型肝硬変に対するエンテカビルの導入後にbreakthrough hepatitisを発症し,核酸アナログ製剤を変更するも,HBVの増殖を制御できず,最終的にエンテカビル,ラミブジン,アデホビル,テノホビルに抵抗性となるも,インターフェロンの併用で,HBV-DNAを低値で安定させることができた.核酸アナログ多剤抵抗例に対して,インターフェロンの併用投与が有効である可能性がある.

  • 今井 俊裕, 大川 和良, 清田 良介, 日下部 瑛, 阿部 友太朗, 高田 良司, 福武 伸康, 池澤 賢治, 名和 誉敏, 榊原 充, ...
    2019 年 60 巻 2 号 p. 70-76
    発行日: 2019/02/20
    公開日: 2019/02/25
    ジャーナル フリー

    肝細胞癌の肝外転移検索には胸腹部CTやPET-CT,骨シンチグラフィーが有用である一方で偽陰性症例もある.近年,拡散強調画像は様々な癌腫の転移検索に有用と考えられている.今回,全身拡散強調MRIが有用であった3症例を経験した.

    症例1は60歳代の女性.肝細胞癌術後経過観察中に腫瘍マーカー上昇を認めたがCT,骨シンチグラフィーでは指摘し得ず,全身拡散強調MRIで腹腔内に播種巣を指摘し得た.症例2は70歳代男性.ソラフェニブ投与中に腰痛を認め,骨シンチグラフィーで腰椎転移を指摘された.全身拡散強調MRIでは骨シンチグラフィーよりはるかに多くの転移巣を認め,感度の差が著明であった.症例3は80歳代女性.肝内病変増大や腫瘍マーカーの上昇を認め,肝外転移検索の全身拡散強調MRIで右上腕,右大腿に転移を指摘し得た.全身拡散強調MRIは肝細胞癌の肝外転移検索に有用であり,選択肢の一つとなり得る.

速報
feedback
Top