日本健康学会誌
Online ISSN : 2432-6720
Print ISSN : 2432-6712
ISSN-L : 2432-6712
84 巻 , 4 号
選択された号の論文の3件中1~3を表示しています
巻頭言
原著
  • Shoko KONISHI, Soyoko SAKATA, Chiho WATANABE, Chris Fook Sheng NG
    2018 年 84 巻 4 号 p. 117-128
    発行日: 2018/07/31
    公開日: 2018/08/20
    ジャーナル フリー

    目的:受胎待ち時間が自然早産あるいは人工早産と関連するか否かを分析する.

    方法:日本国内に居住する第1子が単胎児である20-44歳の経産婦を対象として, 横断調査を実施した.受胎待ち時間や生殖補助医療の利用を含む出産歴についての情報を, インターネット調査によって収集した.入院時に母親がすでに陣痛あるいは破水をみていた場合に自然分娩と定義した.多項ロジスティック回帰分析を用いて潜在的交絡因子の影響を調整したうえで, 34週および37週未満の自然および人工早産のオッズ比と95%信頼区間を推定した.

    結果:分析に用いたサンプルは初産で単胎児を出産した4208人の母親である.年齢, 生殖補助医療の利用, その他の潜在的交絡因子を調整後も, 受胎待ち時間が12か月以上だった女性は6か月未満の女性と比較して, 34週未満の自然早産について高いオッズ比(4.55,95%信頼区間1.10-18.77)を示した.しかし37週未満の自然早産についてはオッズ比1.07(95%信頼区間0.65-1.75)であった.受胎待ち時間がわからないと回答した女性は, 受胎待ち時間6か月未満の女性と比較して, 34週未満および37週未満の自然早産のオッズ比(各3.67,95%信頼区間1.02-13.19;1.38,95%信頼区間0.98-1.96)が高かった.受胎待ち時間と人工早産の間には関連がみられなかった.

    結論:受胎待ち時間の短い母親と比較して, 受胎待ち時間の長い母親は自然早産を経験しやすい.

資料
  • 中尾 理恵子, 杉山 和一, 川崎 涼子, 大西 真由美, 本田 純久
    2018 年 84 巻 4 号 p. 130-140
    発行日: 2018/07/31
    公開日: 2018/08/20
    ジャーナル フリー

    This study aimed to clarify factors related to self-rated health among elderly people who live in geographically disadvantaged environments in sloped residential areas. A self-administered questionnaire was carried out among elderly residents aged 65 years or older living in a sloped residential area in Nagasaki City, Japan. Among a total of 148 respondents (46 males, 102 females), 35.8% demonstrated poor self-rated health. The factors statistically significantly associated with better self-rated health were going out, participating in social activities, and having relationships with neighbors. No relationship was found between self-rated health and sex/family structure. Logistic regression analysis showed that the factors associated with poor self-rated health were falls (odds ratio [OR]: 3.64, 95% confidence interval [CI]: 1.3-10.2), assistance with going out (OR: 10.43, 95%CI: 2.3-46.7), limited access to shopping (OR: 4.99, 95%CI: 1.8-13.7), and not participating in volunteer activities (OR: 5.26, 95%CI: 1.3-21.2). These results suggest that getting assistance when going out and voluntarily participating in social activities may improve the health of elderly residents living in sloped residential areas.

feedback
Top