日本健康学会誌
Online ISSN : 2432-6720
Print ISSN : 2432-6712
ISSN-L : 2432-6712
最新号
選択された号の論文の4件中1~4を表示しています
巻頭言
原著
  • 弓桁 亮介, 山内 里紗, 角田 直也, 堀川 浩之
    原稿種別: 研究論文
    2019 年 85 巻 5 号 p. 157-165
    発行日: 2019/09/30
    公開日: 2019/10/28
    ジャーナル フリー

    The purpose of this study was to clarify the characteristics of body fat distribution in Japanese young women of various somatotypes.

    Subjects were 300 female university students who were living in a dormitory. They were classified into the following six groups according to their BMI and percentage of body fat: low-weight group, sham low-weight group, normal group, pre-masked obesity group, masked obesity group, and obesity group. Their body weight, the amount of total and regional body fat, and the level of visceral fat were measured by BIA.

    The data showed that as the somatotype of the subjects became obese, the ratio of their body fat in the lower part of the body to that of the upper part of the body was significantly high. The percentage of the body fat of their arms and trunk against the total amount of the body fat was significantly high as well. In contrast, the percentage of the body fat in their legs against the total amount of the body fat was significantly low.

    These results showed that there was a difference in the distribution of body fat according to one’s somatotype. As one’s somatotype became obese, the body fat tended to distribute in the trunk, while as the somatotype became low-weight, the body fat tended to distribute in the legs.

  • Yuka SUMIKAWA, Takashi NARUSE, Satoko NAGATA
    原稿種別: 研究論文
    2019 年 85 巻 5 号 p. 166-177
    発行日: 2019/09/30
    公開日: 2019/10/28
    ジャーナル フリー

    目的:入院中に退院支援を受けて自宅退院した高齢患者ケースが,急性期病院の退院支援部署看護師から退院後にうけた支援の内容と発生率,および退院後支援をうけた患者の特徴を明らかにする.

    方法:日本国内の35箇所の急性期病院で退院支援を専門に担う部署を対象とし,質問紙を用いた30日間の前向き観察研究を3ヶ月間実施した.質問紙は,病院・退院支援看護師(Discharge Planning Nurse: DPN)の特徴,各DPNが担当する高齢患者ケースに対する入院中・退院後支援の内容に関する項目で構成された.退院後支援をうけた患者の要因を明らかにするため,マルチレベルロジスティック分析を行った.

    結果:34病院49名のDPNから寄せられた322ケースのうち,適格基準を満たした312ケースを分析した.退院後30日間で,312ケースのうち197ケースがDPNから退院後支援をうけていた(支援率:63.1%).主な実践は,【退院後の療養状況に関する情報収集および共有】であった.退院時点でターミナル状態であること(OR 2.48,95%CI 1.20 ~5.13),および退院後も継続する医療ニーズを有していること(OR 3.06,95%CI 1.44 ~6.48)は,退院後支援をうけることと有意に関連していた.

    結論:退院後も継続する医療ニーズが高い患者に対し,急性期病院に所属する看護師は院内外多職種チームメンバーとともに情報収集・共有を行なっていた.退院後の継続的な協力・支援を体系的に実施するためのガイドラインなどを検討していく必要性がある.

資料
feedback
Top