日本健康学会誌
Online ISSN : 2432-6720
Print ISSN : 2432-6712
ISSN-L : 2432-6712
86 巻 , 2 号
選択された号の論文の5件中1~5を表示しています
巻頭言
原著
  • ─第4回から第22回生命表より─
    逢見 憲一
    2020 年 86 巻 2 号 p. 47-64
    発行日: 2020/03/31
    公開日: 2020/04/15
    ジャーナル フリー

    We calculated age structure of long term elongation in life expectancy using Japanese life tables, mainly complete life tables and complementarily abridged life tables, examined quantitatively the role of medicine and public health.

    The life expectancy of modern Japan has been achieved by nearly 50% before the 1950s in which anti-tuberculous drugs etc. are wide-spread, and achieved by 60% or more before the universal health insurance coverage and national health promotion projects, just as Thomas McKeown has pointed out, known as “McKeown Thesis”.

    The rate of decrease in mortality rate and extension of life expectancy from before World War II until the middle of the 20th century has hardly changed after the spread of effective medical technology such as anti-tuberculosis drugs etc. This suggests that the mortality rate declined consistently from before and throughout World War II, and as well as the decrease in mortality rate and average life expectancy after the spread of effective medical technology such as anti-tuberculosis drugs etc. Thus, the decrease in the mortality rate and the extension of the life expectancy after the spread of effective medical technology, it was not much greater than the reduction of the mortality before the spread of medical technology.

    Looking at these findings, the role of the modern medicine and public health after the mid-20th century should be, based on the mortality rate achieved before the mid-20th century, to maintain and to improve the level of mortality.

  • Noriko NISHIKIDO, Etsuko YOSHIKAWA, Minako SASAKI, Jun SUDO, Michiyo I ...
    原稿種別: 研究論文
    2020 年 86 巻 2 号 p. 65-74
    発行日: 2020/03/31
    公開日: 2020/04/15
    ジャーナル フリー

    目的:本研究は,がん治療と仕事の両立支援における産業看護職の困難感の程度を評価することを目的とした.

    方法:研究者らが過去に実施した質的研究の成果に基づき,がん治療と仕事の両立支援において産業看護職が抱える困難感に関する11の質問項目を作成し,郵送法による産業看護職への質問紙調査を実施した.回答には4件法のリカート尺度を用い,困難感が高いほど高得点となるように設定した.因子分析により困難感に関する項目を因子に分け,因子ごとのスコアをフリードマン検定およびウィルコクソンの符号検定により比較した.困難感と他項目との関連を順位相関分析により検討した.

    結果:がん治療と仕事との両立支援に関する困難感は4つの因子に分けられた.第1因子はがんを持つ労働者の気持ちに寄りそった支援をする際の困難,第2因子は企業外の関係者との連携における困難,第3因子は上司や職場を支援する際の困難,第4因子は企業内での連携に関する困難,である.フリードマン検定により有意な因子間差を認め,ウィルコクソン検定を行った結果,第2 因子が他の因子より有意に高値であった.また,困難感が高いほど,がん治療と仕事の両立支援の実施割合が低いという有意な関連が認められた.

    考察:病院スタッフや家族などの企業外関係者との連携は,産業看護職にとって最も難しい支援活動の1つであることが示された.本研究成果を活かした研修プログラムの開発により,産業看護職が困難感を払拭し,がん治療と仕事の両立支援の推進に寄与することが期待される.

資料
  • 伊藤 早苗, 朝倉 敬子, 杉山 賢明, 高倉 実, 等々力 英美
    原稿種別: 研究論文
    2020 年 86 巻 2 号 p. 76-82
    発行日: 2020/03/31
    公開日: 2020/04/15
    ジャーナル フリー

    Salt and potassium intake were estimated from spot urine obtained from children and their mothers at public elementary schools in Okinawa Prefecture. Estimated salt intake was 7.8 ± 1.6 g / day for children and 8.9 ± 2.1 g / day for mothers. Estimated potassium intake was 1157 ± 273 mg / day for children and 1580 ± 322 mg / day for mothers. The proportion of those who meet the Dietary Goals of the dietary reference intakes for Japanese (2015 edition) was determined. Only 5.7% of the boys, 13.8% of the girls and 12.0% of the mothers met the Dietary Goals for salt. Only 3.3% of the boys, 0.7% of the girls, 2.0% of the mothers met the Dietary Goals for potassium. There was a significant positive correlation between salt intake of girls and their mothers. In boys, there was no significant correlation with mothers for both salt and potassium intake. It is expected to improve their diet for reducing salt and increasing potassium intake while taking this gender difference into consideration.

  • Michiyo HASHIMOTO, Midori NISHIYAMA, Nozomu TADOKORO, Teruhito FURUICH ...
    原稿種別: 研究論文
    2020 年 86 巻 2 号 p. 83-91
    発行日: 2020/03/31
    公開日: 2020/04/15
    ジャーナル フリー

    目的:今日の医学教育の中で,医師としての自覚や責任を伴うプロフェッショナリズムは重要な課題である.本研究では,医学部卒業生を対象に医師の適切な行動の重要性について項目ごとに調査した.

    方法:関東にある私立医大卒業生を対象に,同窓会報とともにプロフェッショナリズムに関する自記式アンケート調査を同封した.アンケート回答の所要時間は約10分,無記名で返送された.結果:アンケートを送付した同窓生計3,188名のうち,417名(回収率13.1%)から回答を得た.回答者の平均年齢は46.3歳,男性71.9%,女性28.1%であった.勤務状況は常勤者が92.3%,非常勤のみ7.2%,また,勤務医50.6%(N=211)開業医46.8%(N=195)となっていた.なお,勤務医・開業医ともに内科医が最も多かった.

    医師としてのプロフェッショナリズムを自覚した時期は,臨床研修期間(37.9%)が最も多かった.さらに,『医師のプロフェッショナリズムを教育するのに』及び『日頃医師として仕事をする上で』という2側面から24の行動の重要度を,1~5点の5段階評価をした結果,ともに最高点(大変重要)を得たのは,「患者について守秘義務を遵守する」であった.24項目中19項目について有意差が認められ,うち4項目は教育上,15項目は医師として仕事する上でより重要となっていた.一方,「会議,学会,カンファレンス等にて居眠りをしない」「医師として製薬会社の社員等と適切な境界線を保つ」は2側面ともに得点が低かった.

    結論:医師としての行動様式について医大卒業生を対象に調査をした結果,医学教育の現場と,実際に医師として仕事をする上での重要度に違いがあることが示された.今後は,医師のプロフェッショナリズム教育の実践の指標となる,医師の適切な行動内容について更なる研究と検討が望まれる.

feedback
Top