日本健康学会誌
Online ISSN : 2432-6720
Print ISSN : 2432-6712
ISSN-L : 2432-6712
最新号
選択された号の論文の4件中1~4を表示しています
巻頭言
原著
  • 齋藤 恵子, 萱場 一則, 鈴木 幸子, 延原 弘章, 金野 倫子, 浅川 泰宏
    原稿種別: 研究論文
    2019 年 85 巻 4 号 p. 129-140
    発行日: 2019/07/31
    公開日: 2019/08/23
    ジャーナル フリー

    Traditional postpartum practices play an important role for maternal health. However, few studies have focused on the recognition and implementation of traditional practices of immigrant minorities. We conducted a semi-structured interview with 10 Laotian women aged 35-58 who grew up in Laos and are now living in Japan. Survey period was from April to May 2016.

    The interview consists of six Laotian traditional postpartum practices (yu fai, kin nam hon, ap nam hon, hom ya, kalam kin, and bahsee seu khwan) based on the previous studies on pregnancy, childbirth, and postpartum traditional practices in Laos. The answers were qualitatively and descriptively analyzed for the recognition and implementation of traditional postpartum practices in Japan.

    The results showed that all interviewees recognized the six practices as important traditional customs, though some were simplified or implemented with substitute items. On the other hand, some did not implement them due to influential factors such as structure of house or family members in Japan or advice from medical staff, etc.

    In conclusion, Laotian women are intending to keep the traditional postpartum practices in Japan. The study will provide important information to maternal care for immigrant minorities in Japan.

  • Riho IWASAKI, Kazuaki HIRAI, Keisuke AMINAKA
    原稿種別: 研究論文
    2019 年 85 巻 4 号 p. 141-149
    発行日: 2019/07/31
    公開日: 2019/08/23
    ジャーナル フリー

    目的:急速な高齢化が進む中,要介護状態に移行する前段階の比較的健康な高齢者が増加している.要介護状態への移行や認知症予防のためにも,高齢者が自宅から地域に出て他者と交流することは重要とされる.高齢者サロンは,他者との交流の場として,健康の保持増進に効果的と報告されている一方で,不参加者も多いとされる.本研究では,サロンに参加しない理由を探るために,地方都市に暮らす14名の高齢者にインタビュー調査を行った.

    方法:データ収集方法は,半構造化面接とした.対象者の平均年齢は74.6±14.4(67~89歳)で,男女各々7名であった.インタビューデータは質的に分析した.

    結果:高齢者がサロンに参加しない理由として,「元気な自分にはサロンは合わない」,「他の社会活動で忙しい」,「人間関係が煩わしい」,の三つのテーマが抽出された.

    結論:今後のサロン運営のためには,高齢者の年齢,自立レベル,老性自覚,地域性等に配慮しながら内容を検討することが必要であると考える.加えて,今後,高齢者の対人交流を検討する際,サロン活動に加え,趣味,仕事,ボランティア活動等幅広く社会参加を捉えることが重要であると言える.

feedback
Top