日本健康教育学会誌
Online ISSN : 1884-5053
Print ISSN : 1340-2560
検索
OR
閲覧
検索
19 巻 , 3 号
日本健康教育学会誌
選択された号の論文の7件中1~7を表示しています
    • |<
    • <
    • 1
    • >
    • >|
巻頭言
総説
  • 衛藤 久美, 岸田 恵津, 北林 蒔子, 三谷 規子
    19 巻 (2011) 3 号 p. 183-203
    公開日: 2013/02/22
    ジャーナル フリー
    目的:諸外国における学校を拠点とし学童・思春期の児童生徒を対象とした栄養・食教育の動向を把握することを目的とした.
    方法:Medline(PubMed)を用い,検索式は “Education” [MeSH] AND (“food habits” [MeSH] OR “food preferences” [MeSH]) AND (“school” OR “school-based” OR “cafeteria”) とし,6-18歳が対象で過去10年間に英語で報告された論文を検索した.325件の表題及び抄録を精査し,本研究の採択基準を満たさない230件を除外した.さらに本文を精査し,最終的に27件の介入研究(小学校17件,中学・高校10件)を採用した.
    結果:小学校では児童に加え,家族,学校の教師やカフェテリア等へも働きかけている報告が多い.中学・高校では,生徒のみや生徒と学校の組み合わせが多かった.食行動の評価指標として,食行動の回数,頻度,スコアや食物・栄養素の摂取量があり,質問紙調査法,観察法等が用いられていた.小学校では児童,家族,学校のうち複数に働きかけている方が介入効果がある傾向が見られたが,中学・高校ではそのような傾向はなかった.
    結論:学校における栄養・食教育では,児童生徒の年齢に合わせ,教育的アプローチと環境的アプローチを組み合わせることが食行動の良好な変化につながることが示唆された.
    抄録全体を表示
原著
  • Yumiko NAKASHITA, Masakazu NAKAMURA, Akihiko KITAMURA, Masahiko KIYAMA ...
    19 巻 (2011) 3 号 p. 204-216
    公開日: 2013/02/22
    ジャーナル フリー
    Objective: To clarify the relationship of the cigarette smoking status with other unhealthy lifestyle habits in Japanese employees.
    Methods: A cross-sectional questionnaire survey was conducted in 4009 males and 1620 females. Multivariate logistic regression analysis was performed to evaluate the relationship between the cigarette smoking status and each survey item of the lifestyle habits after adjusting for potential confounding factors. Multivariate regression analysis was performed to evaluate the relationship of the duration of smoking cessation with other lifestyle habits.
    Results: In both genders, compared to nonsmokers, current smokers drank more sugar-sweetened beverages (odds ratio 2.01 in males, 0.93 in females), preferred strong flavors (OR 2.23 in males, 1.64 in females), added soy sauce to cooked meals (OR 3.02 in males, 1.92 in females), skipped breakfast (OR 2.54 in males, 5.42 in females), and drank more alcohol(OR 2.28 in males, 3.24in females). The current smokers ate snacks, fruit, soy beans and milk products less frequently. Particularly in males, current smokers took less regular exercise, had less physical activity and more sleep problems. The duration of smoking cessation in males was significantly and positively related with physical activity (β=0.052, p<0.01) and was inversely related with the score for undesirable eating habits (β=−0.0160, p<0.01) and alcohol consumption (β=−0.089, p<0.01, adjusted R2=0.124).
    Conclusion: Current smokers had multiple unhealthy lifestyle habits compared to nonsmokers in both genders. In addition, the duration of smoking cessation in males appeared to be significantly related to a change in unhealthy lifestyle habits.
    抄録全体を表示
資料
  • 相澤 文恵, 杉浦 剛, 相澤 譲, 岸 光男, 米満 正美
    19 巻 (2011) 3 号 p. 217-228
    公開日: 2013/02/22
    ジャーナル フリー
    目的 歯科衛生士のセルフ・エスティーム(以下SE)と歯科衛生士の職務に対する価値観との関連性を明らかにすることを目的とした.
    方法 2006年,某県歯科衛生士会会員268名を対象として質問紙調査による横断研究をおこなった.質問項目は,年齢,勤務場所,研究会等への参加状況,生活満足感,歯科衛生士としての自己評価と職務に対する価値観,SEからなり,5段階順位尺度で回答を得た.SEはRosenbergの自尊心尺度を用いて測定したSE得点で評価した.歯科衛生士としての自己評価と職務に対する価値観に共通する潜在因子を探るため,因子分析を行った.ついで,SE得点と因子得点,他の質問項目間の偏相関分析を行った.
    結果 有効回答者107名の平均年齢は43.6(SD12.3)歳であった.歯科衛生士のSE得点は35.2(SD7.1)点であり,年齢と正相関を示した (r=0.467,p<0.01).因子分析の結果3つの共通因子が抽出され,「自己実現としての歯科衛生士」,「歯科衛生士の社会的重要性」,「歯科衛生士としての自己評価」と解釈された.年齢を調整した偏相関分析の結果,歯科衛生士のSEは「歯科衛生士としての自己評価」(r=0.506,p<0.01),「自己実現としての歯科衛生士」(r=0.307,p<0.01),「歯科衛生士の社会的重要性」(r=0.204,p<0.05),生活満足感 (r=0.354,p<0.01)と有意な関連を示した.
    結論 SEの高い歯科衛生士は歯科衛生士としての自己評価が高く,職務に対して高い価値観を持っていることが示された.
    抄録全体を表示
実践報告
  • 中川 武子, 水本 トシ子, 宮本 ひでみ
    19 巻 (2011) 3 号 p. 229-238
    公開日: 2013/02/22
    ジャーナル フリー
    2011年3月11日の東日本大震災発生後3週間目に,石巻市内の避難所において災害支援ナースとして支援活動にあたり,食中毒予防のために避難所の被災者に配給された消費期限切れの食品回収作業を実施した.
    約360人が生活している避難所では,咳嗽,嘔吐,下痢などを訴える人が多く,感染症も増えつつあった.被災者の中には消費期限切れの食品を保持している人がいた.それは「食品を捨てるのはもったいない」という気持ちと「食料が確実に配給される補償がない」という不安があったためであった.感染症予防の必要性を認識した担当者は,被災者の気持ちに配慮し,消費期限切れの食品を差し出しやすい環境を整えた.A4サイズの小さな箱を準備し,「私達がお預かりします」と声をかけ,消費期限切れ食品を回収した.
    その結果,消費期限切れの食品の量は,約50cm四方の段ボール箱5~6個分になった.回収した食品の内容は,家庭で作ったおにぎり,消費期限が1週間以上過ぎたおにぎり,菓子パン,食パンなどであった.特に食パンが多かった.
    緊急時においては,被災者が自分自身で食料を選択する環境が整っていない.そのような状況においては,被災者を食中毒から守るため,医療従事者の支援が必要である.
    抄録全体を表示
  • 守山 正樹, 山本 玲子, 永幡 幸司
    19 巻 (2011) 3 号 p. 239-255
    公開日: 2013/02/22
    ジャーナル フリー
    東日本大震災2011.03.11. 以来,救急医療や公衆衛生・疫学の分野で多くの活動がなされている.しかし健康教育・ヘルスプロモーション(HE&HP)としては動きが鈍い.本稿では日本のHE & HPが陥っているジレンマを分析し,被災下でのHE & HPが目指すべき方向性として以下6点を見出した;(1)固定した生活習慣よりも流動する生活に着目する,(2)心の健康に寄り添う,(3)誰もが参加できる水平的な知識の共有を重視する,(4)コミュニティ形成の萌芽を育てる,(5)人々の個性と自立性を重視する,(6)ヘルスプロモーションの3原則を実行する.これら6点を実現し得る方法論として,本研究ではイメージマップ法を採用した.同法は,流動する生活や環境のイメージをイメージマップとして可視化し,生活への内省を深め,参加者個々の個別性と共通性への認識を育てる方法である.
    震災から2カ月後の5月9日,被災地の一つ宮城県名取市のS大学で1クラス27名の学生を対象にイメージマップ作成と交流を行った.ほぼ1時間の働きかけを通してクラスに生じた変化は,ヘルスプロモーションの3要素,Advocate · Enable · Mediateに対応することが観察された.この働きかけを通して,震災後の不安定で流動する生活の中,ヒトの大切さに目覚め,日々大人になりつつある学生の素顔に接することが出来た.本実践研究の限りにおいて,被災下のHE & HPとは「人生の途上において,被災の経験を乗り越えながら,成長と発展を続ける人々の多様な実像に触れ,そこから学び,さらに健康で希望に満ちた社会を創ることだ」と結論される.
    抄録全体を表示
  • Masaya KATO, Taro YAMAMOTO
    19 巻 (2011) 3 号 p. 256-263
    公開日: 2013/02/22
    ジャーナル フリー
    Authors served with the Nagasaki University Medical Relief Team providing medical relief and health services at Terano Kyodojo evacuation shelter at Otsuchi, Iwate Prefecture, an area severely affected by the massive tsunamni following the Great East Japan Earthquake. The relief team provided medical consultations at a temporary clinic in March 2011, in collaboration with a local general practitioner. The affected area has been characterized by its high level of population aging, which was also reflected in the age composition of the evacuees at the shelter: 38% of evacuees were aged 65 or older. Many patients presented to the clinic requesting routine medication refills for their chronic medical conditions (e.g. hypertention, diabetes, heart diseases and asthma). However, information on their medications had been lost in many cases, and the identification of medicines was thus a critical task. An increasing trend of symptoms apparently due to stress (e.g. insomnia) was also observed. We supported the introduction of infection control measures to prevent possible outbreak of infectious acute gastroenteritis. While most evacuees had experienced extremely stressful circumstances and profound loss, a functional community had already been developed in the shelter. The evacuees were divided into groups, and the group leaders held meetings to share information and to set the necessary shelter rules. Evacuees shared chores and conducted regular physical exercise together. New infection control measures were also discussed among the group leaders, and implemented only after reaching agreement. We believe collaboration with communities will be critical in planning and implementing future public health and restoration efforts in the affected areas.
    抄録全体を表示
    • |<
    • <
    • 1
    • >
    • >|
feedback
Top