日本健康教育学会誌
Online ISSN : 1884-5053
Print ISSN : 1340-2560
検索
OR
閲覧
検索
24 巻 , 2 号
選択された号の論文の7件中1~7を表示しています
    • |<
    • <
    • 1
    • >
    • >|
巻頭言
原著
  • 中村 彩希, 稲山 貴代, 荒尾 孝
    24 巻 (2016) 2 号 p. 65-80
    公開日: 2016/06/02
    ジャーナル フリー
    目的:野菜摂取行動の実態を世帯収入別に把握し,野菜摂取行動と関連する他の食行動を特定すること.
    方法:調査機関の登録者30~59歳のうち8,284人にウェブ調査を実施した.調査項目は食行動(野菜摂取行動,食事に気をつける行動,朝食摂取行動,朝食共食行動,夕食共食行動,栄養成分表示活用行動,食卓での会話),属性,世帯収入および最終学歴とした.回答が得られた3,269人を解析対象者とし,解析は世帯収入300万円未満,300~700万円未満,700万円以上の3区分別に実施した.従属変数の野菜摂取行動は,毎日野菜料理をたっぷり(1日小鉢5皿,350 g程度)いつも/まあまあ食べている者を良好群とした.独立変数は他の食行動である.調整変数はモデル1には投入せず,モデル2には属性,モデル3には属性および最終学歴を投入し,ロジスティック回帰分析を行なった.
    結果:世帯収入300万円未満のモデル3において,良好な野菜摂取行動は,食事に気をつける行動(調整オッズ比(AOR): 2.87,95%信頼区間(95%CI): 1.97-4.19),栄養成分表示活用行動(AOR: 2.35,95%CI: 1.69-3.26),食卓での会話(AOR: 4.25,95%CI: 3.04-5.95)の良好な食行動と正に関連した.300~700万円未満および700万円以上においても野菜摂取行動と関連した食行動は同様であった.
    結論:野菜摂取行動の促進において,いずれの世帯収入においても積極的な自己管理や食情報交換・活用行動も合わせて促すことが,望ましい行動変容を促す可能性がある.
    抄録全体を表示
短報
  • 新保 みさ, 渡邉 史子, 冬賀 史織, 赤松 利恵
    24 巻 (2016) 2 号 p. 81-90
    公開日: 2016/06/02
    ジャーナル フリー
    目的:思春期から青年期の女子に対し,菓子類(嗜好飲料を含む)の選択に関わる要因を質的に検討することを目的とした.
    方法:2014年2~4月,中学生6名,高校生6名,大学生5名,大学院生6名の4グループ計23名に対し,フォーカスグループインタビューを行った.インタビューは半構造化形式でインタビューフローに基づき約90分間実施し,菓子類を選択した理由などをたずねた.属性や菓子類の購入は質問紙を用いてたずねた.インタビュー後,逐語録を作成し,発言をコード化したのち,類似した内容でまとめ,カテゴリーを作成した.
    結果:菓子類の選択要因は,64個の<サブカテゴリー>にまとめられ,さらに19個の【カテゴリー】に分けられた.カテゴリーには,内的要因と外的要因があり,内的要因に含まれるカテゴリーは15個で【嗜好】,【満足感】など,外的要因に含まれるカテゴリーは4個で【環境】,【菓子類の特性】などがあり,【評判】は高校生のみであげられた.パッケージなどの<キャラクター>は中学生,<ダイエット経験>は大学生,<嗜好の重要性>は大学院生に特徴的な要因であった.
    結論:菓子類の選択には,様々な要因が関わっていた.<好きな味>や<価格>などの年齢に関わらず共通する要因と,高校生のみでみられた【評判】などのそれぞれのグループで特徴的な要因が示された.
    抄録全体を表示
  • 冬賀 史織, 新保 みさ, 赤松 利恵
    24 巻 (2016) 2 号 p. 91-99
    公開日: 2016/06/02
    ジャーナル フリー
    目的:1年間に何kgの体重増加で生活習慣病にかかりやすくなると考えるか(主観的体重増加量)を調査し,体重増加への意識が高い者の特徴を調べるため,増加量の違いによる属性や体重管理行動を比較すること.
    方法:2014年5月,横断的なweb調査を実施し,属性,主観的体重増加量,体重管理行動をたずねた.解析対象者は,東京都在住の成人男女800名(男性400名,女性400名)であった.主観的体重増加量の分布を示した後,三分位で3群に分け,属性,体重管理行動を比較した.解析は男女別に行い,χ2 検定,多変量ロジスティック回帰分析を用いた.
    結果:主観的体重増加量に対し,291名(36.4%;男性144名,女性147名)が 5.0 kgと回答した.低群は 4.9 kg以下と回答した231名(28.9%;男性116名,女性115名),中群は 5.0 kg以上 5.4 kg以下と回答した295名(36.9%;男性146名,女性149名),高群は 5.5 kg以上と回答した274名(34.3%;男性138名,女性136名)であった.男性の低群は,最終学歴が大学・大学院の者が91名(78.4%)であり,他の2群よりも高学歴の者が多かった(p=0.002).女性の低群は,50歳代の者が45名(39.1%),既婚者が61名(53.0%)であり,年代が高い者,既婚者が多かった(年代:p<0.001,婚姻状況:p=0.025).
    結論:対象者の約4割が,1年間に5.0 kgの体重増加で生活習慣病にかかりやすくなると考えていた.また,4.9 kg以下の体重増加でも生活習慣病にかかりやすくなると考える者は,男性では学歴が高い者,女性では年齢が高い者,既婚者が多かった.
    抄録全体を表示
特別報告
  • 春山 康夫, 福田 洋
    24 巻 (2016) 2 号 p. 100-101
    公開日: 2016/06/02
    ジャーナル フリー
  • SHILTON Trevor
    24 巻 (2016) 2 号 p. 102-117
    公開日: 2016/06/02
    ジャーナル フリー
    背景:2011年,国際連合は非感染性疾患(NCDs)に関するハイレベル(UN High Level Meeting)会合をニューヨークで開催した.NCDsが世界における最大死亡原因であるという報告を受けてのことである.この会合において,国連加盟国は多岐に渡る対策について合意した。しかしながら,依然としてNCDsに対する国際的コミットメントの実現は大きな課題であり,継続的なアドボカシーが求められている.そのため,これまでヘルスプロモーション・健康教育国際連合(IUHPE)や日本健康教育学会を始めとする学術団体は,アドボカシーの重要性を提唱し,アドボカシーに関わる専門家への研修を推進してきている.
    内容:2012年より,IUHPEはコロンビア,タイ,ニュージーランド,エストニア,フランス,台湾において,NCDsに関するアドボカシーワークショップを開催してきた.直近では日本健康教育学会が,2016年2月に,1日間のワークショップを東京で開催した.本ワークショップの目的は2つである.第1は,アドボカシーとは何か,その内容と実践の方法を参加者に伝えることである.第2は特定の健康課題に関するアドボカシー戦略作成の機会を参加者に提供することである.各グループが作成した行動計画は本ワークショップの重要な成果物となった.
    結論:ワークショップ参加者は,効果的なアドボカシーを行うために必要な,アドボカシーの定義,それを実践するために必要な様々なコンピテンシーモデルに触れることができた.日本健康教育学会が国内における健康課題に取り組む上で,このワークショップは規模としてはまだ小さいものである.今後は,さらなる研修が必要である.またヘルスプロモーションに従事するより多くの日本人専門家に研修を提供するためには,講師育成研修が必要である.日本におけるヘルスプロモーション推進のためには,参加者が個々の職場で,新たに身に付けた技術を活かすだけでなく,それらの技術を同僚にもまた伝えることが必要である.
    抄録全体を表示
  • 町田 大輔, 中村 彩希
    24 巻 (2016) 2 号 p. 118-123
    公開日: 2016/06/02
    ジャーナル フリー
    【目的】アドボカシー(政策提言)スキル向上セミナーの概要を示すとともに,セミナー中の議論を通して明らかとなった今後の課題について提言すること.
    【内容】本セミナーは,アドボカシーについての講師による講演,グループワーク(アドボカシー課題の設定,アドボカシー戦略の計画),参加者によるアドボカシー戦略の発表により構成された.講師による講演は.アドボカシーの手法と必須事項に関する基本的なモデルをもとに作成されたワークシートのアドボカシー実践モデルを用いて行われた。栄養、運動、飲酒、たばこのテーマについて7グループに分かれた後のグループワークディスカッションでは,ワークシートのモデルの流れに沿って議論が進められた.グループ毎にアドボカシー課題を設定し,ワークシートの手順に沿ってアドボカシー戦略を計画し,アドボカシー戦略について発表した.
    【結論】参加者は,アドボカシー実践モデルについて理解し,4つのヘルスプロモーションに関するアドボカシー課題(栄養,運動,飲酒、タバコ)についての発表を行った.今後は,若手だからできること,若手には足りないことについて検討し,若手の会の活動がアドボカシーにどのように関われるのかについてさらなる検討を進めたい.
    抄録全体を表示
    • |<
    • <
    • 1
    • >
    • >|
feedback
Top