日本健康教育学会誌
Online ISSN : 1884-5053
Print ISSN : 1340-2560
検索
OR
閲覧
検索
25 巻 , 2 号
選択された号の論文の15件中1~15を表示しています
    • |<
    • <
    • 1
    • >
    • >|
巻頭言
原著
  • 髙泉 佳苗, 原田 和弘, 中村 好男
    25 巻 (2017) 2 号 p. 63-73
    公開日: 2017/05/31
    ジャーナル フリー
    目的:食生活リテラシーと食情報源(利用回数,信用度)および食情報検索バリアとの関連を検討した.
    方法:社会調査会社の登録モニター(20~59歳)を対象に,ウェブ調査による横断研究を実施した.解析対象は1,252人(男性631人,女性621人)であった.食生活リテラシーと食情報源(利用回数,信用度)および食情報検索バリアとの関連は重回帰分析(強制投入法)を用いた.
    結果:食生活リテラシーと正の関連が認められた食情報源は,男性では「医療従事者・専門家」(利用回数:β=0.12,p<0.01),「友人・知人」(信用度:β=0.14,p=0.01),「インターネット」(信用度:β=0.23,p<0.01)であった.女性では「インターネット」(利用回数:β=0.17,p<0.01,信用度:β=0.19,p<0.01),「友人・知人」(信用度:β=0.13,p=0.01)であった.食生活リテラシーと関連が認められたバリアは,「自分で検索した食情報は難しすぎて理解できない」(男性:β=-0.23,p<0.01,女性:β=-0.25,p<0.01),女性では「食情報を検索していると欲求不満や苛立ちを感じる」(β=-0.11,p=0.01)であった.
    結論:食生活リテラシーが低くなるほど,特定の食情報検索バリアが高くなる可能性が示された.食生活リテラシーに影響を与えている可能性がある食情報源は,男性女性ともに「友人・知人」,「インターネット」であり,さらに男性においては「医療従事者・専門家」も含まれていた.
    抄録全体を表示
  • 國本 あゆみ, 菊永 茂司, 岡崎 勘造, 天野 勝弘, 佐川 和則, 新宅 幸憲, 積山 敬経, 井上 裕美子, 成山 公一, 山崎 先也 ...
    25 巻 (2017) 2 号 p. 74-84
    公開日: 2017/05/31
    ジャーナル フリー
    目的:本研究は大学生男女個々および交互,相互におけるBMIと体型不満の関連について検討することを目的とした.
    方法:対象は全国14大学に在籍する18-22歳の男性学生4,118名,女性学生2,677名であり,体組成測定およびボディーイメージに関する質問紙調査を用いた横断研究を行った.体組成は健康診断の結果もしくは実測した.
    結果:対象の平均(SD)BMIは男性21.7(3.3)kg/m2,女性は20.9(2.7)kg/m2であった.BMIが18.5未満の者の割合は男性11.1%,女性14.6%であり,BMIが18.5-24.9の範囲の者の割合は男性76.1%,女性78.9%であった.BMIに対する理想不満度(理想のシルエット-現在のシルエット)と健康不満度(健康的なシルエット-現在のシルエット)の間に男性は交互作用が認められなかったけれども,女性では有意な差が認められた(p<0.001).魅力的な男性のシルエット値は,男女間に有意な差はみられなかった(t=1.231,p=0.218,d=0.04).一方,男性からみた魅力的な女性のシルエット値は平均4.65,女性が思う男性からみた魅力的な女性のシルエット値は平均3.97であり,女性は男性に比べ有意に低い値を示した(t=25.08,p<0.001,d=0.70).
    結論:女性大学生の考える健康的な体型は理想体型より太い体型であった.魅力的な男性のシルエットは男女間に差がみられなかった.しかしながら,魅力的な女性のシルエットは男性より女性においてより細い体型と考えていることが示唆された.
    抄録全体を表示
短報
  • 町田 大輔, 串田 修, 吉田 亨
    25 巻 (2017) 2 号 p. 85-92
    公開日: 2017/05/31
    ジャーナル フリー
    目的:政府統計データを用いて,日本の都道府県レベルの野菜栽培状況と都道府県住民の野菜摂取量との関係を記述すること.
    方法:研究デザインは地域相関研究とした.平成24年国民健康・栄養調査における性・都道府県別野菜摂取量の平均値と,平成24年作況調査における都道府県別品目別収穫量および出荷量から作成した指標との関連について,Spearmanの相関係数を用いた分析を行った.さらに,男女別に野菜摂取量平均値と作成した指標との散布図を作成した.
    結果:「野菜収穫量/人口」,「野菜出荷量/人口」と「野菜摂取量の平均値」との間では,有意な相関は確認されなかった.「(野菜収穫量-野菜出荷量)/人口」と男女の「野菜摂取量の平均値」との間では,有意な正の相関が確認された(男性:rs=0.37,p=0.011;女性:rs=0.45,p=0.002).散布図からは,有意な相関が認められた機序などが特定された.
    考察:人口当たりの収穫したうち出荷しない野菜の量が多い地域ほど,地域住民の平均野菜摂取量が多いことが示唆された.今後,収穫したうち出荷しない野菜の量に注目し,さらに詳細に調査する必要がある.
    抄録全体を表示
実践報告
  • 坂手 誠治, 柳沢 香絵, 上條 悠
    25 巻 (2017) 2 号 p. 93-103
    公開日: 2017/05/31
    ジャーナル フリー
    目的:学校での体育授業以外にスポーツ活動を行う4年生以上の小学生を対象に実施した,身体を動かすゲームを取り入れたスポーツ栄養講座に関する効果を評価した.
    事業/活動内容:講座は,小学生スポーツ選手にとって重要と考えられる栄養に関する3つのテーマ(アスリートの基本の食事,水分補給,間食・補食)を,それぞれ講義と身体を動かすゲームを通じて理解を深めていく形で構成した.
    事業/活動評価:参加者は,4年生から6年生までの男子10名,女子13名の計23名であった.自記式の質問紙で評価した食知識について,食知識全体では,講座前後で正答率の平均(標準偏差)が22.5(13.8)%から47.7 (11.9)% (p<0.001)へと有意に向上していた.しかし,質問項目別にみると,栄養素や副菜,また補食の役割等に関する質問では,変化が認められなかった.栄養素に関しては,学年や参加動機,将来目指すレベル別のいずれの区別においても有意な向上は認められなかった.間食・補食に関する正答率は,6年生では4.4 (8.8)%から28.9 (20.3)% (p=0.016)へ,積極的な参加動機の者では11.1(17.1)%から32.2(18.3)%(p=0.002)へとそれぞれ有意に向上した.
    今後の課題:小学生スポーツ選手にとって重要と考えられる食知識に関しては,全般的には向上していた.しかし,学習内容によっては,理解度にばらつきがみられ,特に栄養素や間食・補食に関する内容については,講義や実技内容の検討が必要であることが示された.
    抄録全体を表示
特別報告
    • |<
    • <
    • 1
    • >
    • >|
feedback
Top