神戸市立病院紀要
Online ISSN : 2434-7590
Print ISSN : 0286-455X
56 巻
選択された号の論文の2件中1~2を表示しています
  • 田中 修
    2017 年 56 巻 p. 1-13
    発行日: 2017年
    公開日: 2020/03/26
    研究報告書・技術報告書 オープンアクセス
    長期に渡る対策が功を奏し、手術室での気道トラブルは減少した。しかし、手術室外においては未だ課題が多い。 そこで、気管挿管をめぐる最近の文献を調査し、現状と動向を概説する。集中治療室での気管挿管には、MACOCHA スコアや気管挿管バンドルの使用が勧められている。呼吸不全患者の挿管前の酸素化(前酸素化)には非侵襲的陽圧 換気が有効で、挿管操作中は無呼吸酸素化が推奨される。ビデオ喉頭鏡は声門部の視認性に優れ、小型化、低価格化 により普及しているが、各医療現場では適正使用に向けた教育が重要である。上気道エコーによる気管チューブの位 置確認は感度、特異度共に高く、習得も容易なため普及が望まれる。困難気道管理ガイドラインの登場により、アル ゴリズムに沿った気道管理が実施されている。医療従事者は、“cannot intubate and cannot oxygenate”(CICO)シナリ オを念頭に置き、的確に対処できなければならない。
  • 新田 和子, 山本 和代, 竹橋 美由紀, 濱本 カナコ
    2017 年 56 巻 p. 15-20
    発行日: 2017年
    公開日: 2020/03/26
    研究報告書・技術報告書 オープンアクセス
    神戸市立医療センター西市民病院は、神戸市看護大学と共に「病院内の体系的な看護師・助産師教育プログラム導入プロジェクト」に参画した。今回、我々は、プロジェクトで作成した研修プログラムの実施や研修の効果がどのような状況にあるかについて現地調査を行った。その結果、「プロジェクトを起点にして活動を広げている」、「組織の状況を鑑みながら変化させている」、「人を育てる苦労を感じるようになっている」、「モチベーションを維持する配慮をするようになった」、「変化が見えなくても踏みとどまっている」、「新しい知識に触れることで安心する」等の状況が見られた。また、彼らが「教える」姿勢から「育てる」姿勢に変化しつつあることが感じられ、更なる変化を遂げようとしていると考えられた。
feedback
Top