J-STAGE トップ > 資料トップ

国際女性 Vol. 27(2013) No. 1

巻頭言

山下 泰子

公開日: 2016年03月14日

p.3-4

報告

矢澤 澄子

公開日: 2016年03月14日

p.8-10

鷲見 八重子

公開日: 2016年03月14日

p.11-14

橋本 ヒロ子

公開日: 2016年03月14日

p.15-18

編集委員会訳

公開日: 2016年03月14日

p.23-42

女性差別撤廃条約選択議定書に基づき通報を受理不可能と宣言する女性差別撤廃委員会の決定
通報番号1/2003 Ms.B.-J.対ドイツ(決定:2004年7月14日第31会期にて採択)

近江美穂=川眞田嘉壽子=山下由紀子 訳

公開日: 2016年03月14日

p.43-52

特集Ⅰクオータ制を考える

「2020年30%」と政治分野におけるクオータ制
―ジェンダー平等戦略としての第3次男女共同参画基本計画の推進に向けて―

矢澤 澄子

公開日: 2016年03月14日

p.54-57

近江 美保

公開日: 2016年03月14日

p.58-62

EU:平等な経済的自立のための戦略
―先進的な男女均等待遇指令とクオータ制―

柴山 恵美子

公開日: 2016年03月14日

p.63-68

三井 マリ子

公開日: 2016年03月14日

p.69-73

フランスにおけるパリテ
―女性の政治参画推進の技法―

糠塚 康江

公開日: 2016年03月14日

p.74-77

有澤 知子

公開日: 2016年03月14日

p.78-82

吉田 仁美

公開日: 2016年03月14日

p.83-86

申 琪榮

公開日: 2016年03月14日

p.87-91

菊池 啓一

公開日: 2016年03月14日

p.92-95

三浦 まり

公開日: 2016年03月14日

p.96-99

特集Ⅱ-1 CEDAW 第7・8次レポートに対する JAIWR パブリックコメント

山下 泰子

公開日: 2016年03月14日

p.101-102

山下泰子=矢澤澄子=朝倉むつ子=川眞田嘉壽子

公開日: 2016年03月14日

p.103-112

特集Ⅱ-2 CEDAW 総括所見(2009年)の実施について――監視専門調査会による審議とJNNC

山下 泰子

公開日: 2016年03月14日

p.113-116

公開日: 2016年03月14日

p.116-123

Ⅲ.女性差別撤廃委員会総括所見(2009年)の対応状況―府省とJNNC
第19回男女共同参画会議監視専門調査会(2013年6月19日)資料から

整理・構成 山下泰子=柏原恭子

公開日: 2016年03月14日

p.124-141

論文

ハーグ条約
―国際的な子の奪取の民事上の側面に関する1980年10月25日の条約―

中村 恵

公開日: 2016年03月14日

p.142-145

犬伏 由子

公開日: 2016年03月14日

p.146-149

女性差別撤廃委員会 一般勧告第29とその解説

平野 恵美子 訳

公開日: 2016年03月14日

p.150-156

今井 雅子

公開日: 2016年03月14日

p.157-159

論文

書評

評者:浅倉むつ子・二宮周平

公開日: 2016年03月14日

p.164-167

評者:藤野美都子

公開日: 2016年03月14日

p.170

書籍情報コーナー

書籍紹介:辻村みよ子

公開日: 2016年03月14日

p.172-173

文献目録

有澤 知子 作成

公開日: 2016年03月14日

p.185-187

36件の該当記事より1~36件を表示しています。

システムメンテナンス

  • システムメンテナンスのため、5月27日(土) 10:00~15:00の間、J-STAGEシステムが一時的につながりにくくなることがあります。ご迷惑をおかけし大変申し訳ございません。

詳細

J-STAGEからのお知らせ

  • 2017年05月19日
    2017年3月16日に開催したJ-STAGE Editor向けワークショップの資料を掲載いたしました。(詳細はこちら)
  • 2017年04月13日
    NII-ELS登載誌のJ-STAGEにおける公開状況につきまして(詳細はこちら)
  • 2017年04月03日
    2017年4月1日 13:24ごろ、障害検知システムが作動し、システムを緊急停止いたしました。
    調査の結果、問題が無いことが確認できましたので、2017年4月2日 16:07にサービスの再開を行いました。ご迷惑をおかけしましたことをお詫び申し上げます。

バックナンバー

ジャーナルツール

この資料を共有