La mer
Online ISSN : 2434-2882
Print ISSN : 0503-1540
52 巻, 1-2 号
選択された号の論文の2件中1~2を表示しています
  • 朝日 俊雅, 山口 一岩, 一見 和彦, 多田 邦尚
    2014 年 52 巻 1-2 号 p. 1-11
    発行日: 2014年
    公開日: 2022/06/27
    ジャーナル オープンアクセス
    瀬戸内海東部播磨灘において,表層懸濁粒子の化学元素組成の調査を四季に渡り行った。懸濁態炭素(POC),窒素(PON)およびクロロフィルa(Chl.a)の測定,および懸濁態リン(PP)を有機態(POP)および無機態(PIP)に分画し,測定を行った。本報では,懸濁粒子のC/Chl.a 比,C/N 比およびPIP/PP 比の季節変動について議論する。夏季は高いChl.a 濃度が観測され,C/Chl.a 比およびPIP/PP 比の結果から,植物プランクトンの活性が高かったことが示唆された。また,本調査によって,生物量の高い夏季でさえ,沿岸域の表層懸濁粒子中には多量の非植物プランクトン粒子が含まれていることが示唆された。PIP/PP 比はC/Chl.a 比およびC/N 比と同様に,植物プランクトン活性および表層海水中の懸濁粒子の起源を予測する上で良い指標となることが示唆された。
  • 大村 卓朗, 野間 智嗣, 北林 邦彦, 吉田 勝美, 斎藤 英明
    2014 年 52 巻 1-2 号 p. 13-22
    発行日: 2014年
    公開日: 2022/06/27
    ジャーナル オープンアクセス
    To clarify the current status of ballast water and aquatic organisms in the water transferred from and to Japan, available information on the transferred volume of the ballast water and the migration of aquatic organisms in Japan was reviewed and summarized. It was made clear that Japanese export of ballast water is approximately 30 folds of its import, showing that Japan is an export surplus country of ballast water. Among various organisms migrating with the ballast water, molluscs and crustaceans were found to be the most substantial. We stress the importance of repeating this kind of revewing research after the implementation of the Ballast Water Convention (International Convention for the control and management of Ship's Ballast Water and Sediments), and can evaluate the effect of the treaty.
feedback
Top