La mer
Online ISSN : 2434-2882
Print ISSN : 0503-1540
54 巻 , 1-2 号
選択された号の論文の2件中1~2を表示しています
  • 中村 玄, 高橋 萌, 廣瀬 亜由美, 林 凌太朗, 藤瀬 良弘, 宮川 尚子, 井上 聡子, 加藤 秀弘
    2016 年 54 巻 1-2 号 p. 1-10
    発行日: 2016年
    公開日: 2021/05/19
    ジャーナル オープンアクセス
    鯨類の骨格を用いた形態学的分類において頭骨頭頂部の形態は重要な分類指標とされている。しかし,これまで北太平洋産ミンククジラについては幼体を含む6 個体の観察結果に基づいて報告されたものであり,より多くの標本に基づいた普遍的特徴を明らかにすることが求められていた。そこで本研究では北太平洋産ミンククジラを対象に,これまで報告されている特徴についての検証をおこなうとともに,普遍的な形態学的特徴を明らかにすることを目的とした。第二期北西太平洋鯨類捕獲調査(JARPNII)において捕獲された106 個体を対象に,頭頂部を構成する骨格の位置や形状について,個体差,雌雄差,成長に伴う変化の有無を分析した。鼻骨前縁の形状や前上顎骨と鼻骨の位置関係は個体差が大きく,また雌雄差や成長依存的な変化は認められなかった。一方で,観察をおこなった全ての個体について,上顎骨後端が鼻骨や前上顎骨後端より後方まで発達していることが確認された。また,これまで報告されていなかった頭頂間骨も全ての観察個体から発見された。本研究により,これらの上顎骨が前上顎骨,鼻骨後端よりも後方に位置することや,頭頂間骨を有する特徴は,個体差や成長段階に関わらず,北太平洋産ミンククジラにおける普遍的な形態学的特徴であることが示唆された。
  • 村井 俊太, 村瀬 敦宣, 河野 博, 竹山 佳奈, 中瀬 浩太, 岩上 貴弘
    2016 年 54 巻 1-2 号 p. 11-27
    発行日: 2016年
    公開日: 2021/05/19
    ジャーナル オープンアクセス
    The Furuhama Park, which was improved and developed artificially in 2004 at Heiwajima artificial island of Ota City, is located at the innermost part of Tokyo Bay. The Park is composed of the tidal flat(1ha)and sandy beach(1.2ha)in east and west, respectively, with a shallow water area(4.6ha)between them, and separated from the outside canal by submerged dikes. Monthly samplings of fishes were carried out in both the tidal flat and sandy beach by using the small seine-net from May 2014 to June 2015. A total of 31,736 individuals representing 35 species of 18 families were collected, almost all of them being larvae or juveniles. No remarkable differences were detected between the tidal flat and sandy beach from the viewpoint of numbers of species and individuals per towing and species compositions. Three gobiids, Acanthogobius flavimanus, A. lactipes and Gymnogobius breunigii, were determined as resident species. The numbers of marine fishes and ayu Plecoglossus altivelis altivelis, usually drifted by tidal/shore currents and being dominant at shorelines of the inner Tokyo Bay in summer and winter, respectively, were relatively low when comparing with other areas. This study suggested that the Furuhama Park would provide diverse habitats for estuarine fishes, but the insufficient water circulation would make the Park unsuitable habitats for marine fishes.
feedback
Top