La mer
Online ISSN : 2434-2882
Print ISSN : 0503-1540
56 巻 , 1-2 号
選択された号の論文の4件中1~4を表示しています
  • 加納 光樹, 横尾 俊博, 河野 博
    2018 年 56 巻 1-2 号 p. 1-10
    発行日: 2018年
    公開日: 2021/05/19
    ジャーナル オープンアクセス
    2003 年6 月上旬に多摩川河口干潟域(河口から0-4 km)のタイドプール55 か所(面積0.6-6.4 m²)で,魚類群集の空間的な変動を調査した。調査期間中に2 科11 種計1,838 個体が採集された。採集個体は体長50 mm 以下で,大半がハゼ科の稚魚と成魚であった。採集個体数が最も多かったのはマハゼで全採集個体数の52.2% を占め,次いで,マサゴハゼ(24.6%),エドハゼ(12.7%),ビリンゴ(7.0%),ボラ(1.0%),ヒメハゼ(0.9%),アベハゼ(0.7%),ヒモハゼ(0.5%)であった。これらのうち,ビリンゴとボラを除く底生性ハゼ類6 種の生息密度は,河口域上部,中部,下部の間で異なっていた。各タイドプールにおける優占種の密度に基づく正準相関分析によって,魚類群集構造の時空間的変動は,アナジャコ類巣穴の密度,底質の中央粒径,塩分,干潮時の汀線からの高さ,水温,プール面積,水深とよく関連付けられることが明らかとなった。
  • 松本 陽, 成田 薫, 藤田 恒雄, 佐藤 太津真, 松本 育夫, 和田 敏裕
    2018 年 56 巻 1-2 号 p. 11-20
    発行日: 2018年
    公開日: 2021/05/19
    ジャーナル オープンアクセス
    本研究では,2011 年3 月11 日の東北地方太平洋沖地震以降に撮影された衛星画像を用いて松川浦におけるアマモ場の面積を推定し,空間分布の経年変化について検討した。2012 年4 月時点のアマモ場は,松川浦北部にわずかに0.013 km²と推定され,大津波により大部分のアマモが消失したことがうかがえた。2014 年9 月には浦北部から中央にまで0.39 km²に急激に拡大した。2015 年11 月には0.43 km²とわずかな(約10%)増加にとどまり,空間分布も顕著な拡大はみられなかった。2014 および2015 年のアマモの分布は含泥率30% 未満の分布と重複しており,含泥率の高い浦西部や南部にまでは分布していなかった。また,2015 年11 月時点のアマモ場面積0.43 km²は,地震前年の2010 年に調査された際の面積(0.22 km²)の約2 倍であった。また,アマモ場は,人工水路の縁辺を中心として浅所で拡大していた。地震以前は,こうした浅所のほとんどが干潮時に干出する干潟(潮間帯)であったことを踏まえると,地震後の地盤沈下によりアマモが生育可能な潮下帯が拡大し,結果としてアマモ場の拡大に繋がったと考えられた。
  • Baobo LIU, 秋葉 龍郎, José María LANDEIRA, 田中 祐志
    2018 年 56 巻 1-2 号 p. 21-35
    発行日: 2018年
    公開日: 2021/05/19
    ジャーナル オープンアクセス
    浮遊性カイアシ類は,流体力学的信号を感じ,餌生物や捕食者を検知する。感じている変形率があるレベルを 越えると,刺激源から逃避する。従って,逃避行動を促す変形率の定量化は,カイアシ類の生存戦略の理解に役立つであろう。一般に,「動物プランクトン」は個体群を示し,個体差は無視されて研究されてきた。そこで我々は,空間的に変化する変形率を吸引流で作成し,成体の雌Oithona davisae の行動を個体別に観察し,定量化した。多くの場合,雌O. davisae は変形率が0.1-1.9(0.54 ± 0.45)s-1の範囲にある位置で逃避した。また,刺激を受けた時のジャンプは通常時よりも長距離,高速であった。また,すべてのジャンプは低変形率の所へ逃避した。このことは,雌O. davisae が流体力学的信号の強度だけでなく,流れの向きや分布も検知できることを示している。また,行動特性の個体差が大きいことがわかった。同一種,ほぼ同じサイズであっても,カイアシ類は様々な個体特性を持つ集団であることが示された。さらに実験結果から,雌O. davisae が,局所的変形率が0.1 s-1より小さい環境を好むことが示唆された。雌O. davisae は,微小な流体力学的信号を検知して餌を待ち伏せて襲うので,より低い変形率の環境に留まることは,餌生物の検出に有利に働くのだと考えられる。
  • 川井田 俊, 大土 直哉, 河野 裕美, 渡邊 良朗, 佐野 光彦
    2018 年 56 巻 1-2 号 p. 37-47
    発行日: 2018年
    公開日: 2021/05/19
    ジャーナル オープンアクセス
    The amounts of leaf litterfall and leaf litter removal by the feeding of a numerically abundant sesarmid crab Parasesarma bidens were examined in a subtropical mangrove forest, dominated by the red mangrove Rhizophora stylosa, on Iriomote Island, southern Japan, in 2016. Field observations and stable isotope analyses showed that P. bidens consumed and assimilated leaf litter rather than other primary food sources such as macroalgae and microphytobenthos. Measurements of the leaf litterfall amount were conducted using litter traps for four weeks in May and June. The weekly and estimated annual litterfall amounts were 3.5 g/0.25 m² and 730g/m² (dry weight), respectively. Leaf litter consumption by P. bidens, determined using a field cage experiment in August, indicated that a single crab consumed 1.5 g/week(dry weight), the estimated annual consumption under natural crab density(8 individuals/m²)being 626 g/m² (86% of total litterfall amount). We conclude that leaf litter feeding by P. bidens significantly contributes to the organic matter cycling within the mangrove ecosystem.
feedback
Top