La mer
Online ISSN : 2434-2882
Print ISSN : 0503-1540
最新号
選択された号の論文の4件中1~4を表示しています
  • 神成田 優花, 綿引 悟, 外山 太一郎, 根本 隆夫, 加納 光樹
    2022 年 59 巻 3-4 号 p. 63-77
    発行日: 2022年
    公開日: 2022/06/27
    ジャーナル オープンアクセス
    Seasonal dynamics of the profundal zone(3.1-5.8 m depth)fish assemblage in Lake Kasumigaura, a large shallow inland-sea lake(220 km 2)in Ibaraki Prefecture, eastern Japan, were examined by monthly bottom trawl-net(mouth size 5.5 m and mesh size 3 mm)sampling from January 2014 to December 2015. A total of 14,840 individuals(mainly late juvenile and adult stages)representing 30 species in 12 families, including 3 commercially important and 2 threatened species, were collected throughout the study period. The mean number of fish species per haul varied from 6.7 to 12.7, with no apparent seasonal tendencies. Considerable seasonal fluctuations in mean numbers of individuals were found in each year(peak abundances > 400 ind. ⁄ haul in summer and winter seasons), with species composition differing significantly between the two seasons. The most abundant species were Tridentiger brevispinis, Salangichthys microdon, Hypomesus nipponensis, Gnathopogon elongatus elongatus, Ictalurus punctatus, Carassius sp., Cyprinus carpio, Pseudorasbora parva, Acanthogobius lactipes, Gymnogobius urotaenia, Rhinogobius sp. and Squalidus chankaensis biwae, accounting for 98.3% of the total number of individuals. Seasonal changes in abundance and body size of each of the above species suggested that the profundal zone of Lake Kasumigaura is inhabited throughout almost the entire life history of some fishes(e.g., S. microdon and H. nipponensis), being a dispersal area for early life stages from spawning and nursery grounds in littoral and riverine habitats, as well as an overwintering habitat for other species.
  • 坂田 晴香, 中川 耕三, 北澤 健二, 山本 澪, 森 航大, 高柳 和史, 菊田 昌義, 合田 賀彦, 立花 義裕
    2022 年 59 巻 3-4 号 p. 79-100
    発行日: 2022年
    公開日: 2022/06/27
    ジャーナル オープンアクセス
    Using data collected from 2004 to 2018, the relationships between fluctuation in water quality and river loads were analyzed in eight areas within Osaka Bay, comprising the A-, B-, and C-type areas as designated by the chemical oxygen demand(COD)environmental quality standards. Different trends were confirmed in each area, related to their location in the bay. Decreasing COD concentrations were observed around the Muko River mouth, while concentrations near the Yodo River mouth, near the Yamato River mouth, and in areas at the center of the bay remained unchanged. These stable trends might be attributable to the high COD concentrations in the inflow water at the inner part of the bay, as well as the in situ COD production in the center of the bay. In summary, changes in water quality reflecting river loads were observed in the inner part of the bay, but the effect decreased toward the center of the bay where in situ production might be greater. Therefore, for the future restoration plan in Osaka Bay, different approaches will be required, depending on the characteristics of the individual sea areas.
  • 王 暁東, 東島 昌太郎, 八木 佑太, 木下 泉, 藤田 真二, 広田 祐一, 指田 穣, 山中 拓也
    2022 年 59 巻 3-4 号 p. 101-112
    発行日: 2022年
    公開日: 2022/06/27
    ジャーナル オープンアクセス
    ニシン科のコノシロおよびサッパは,島原湾・有明海における仔魚相の優勢種であり,それぞれ春および春-夏に産卵し,これら2種の仔魚分布は,春季の湾奥河口域において部分的に重なっていた。そのため,両種間の浮遊期でのニッチェの競合の可能性が考えられた。そこで,両種の初期生活史を詳細に比較するために,仔稚魚を浮遊期,底生期および接岸期に分けてそれぞれ稚魚ネット,桁網および小型曳網によって,2006および2019両年5月に有明海において調査した。卵・仔魚の水平分布は2種とも両年間で変動したが,両種仔魚は基本的には湾奥部に集積することが認められた。その後,コノシロは砂浜汀線域,サッパは湾奥河口域をそれぞれ成育場として利用していた。一部の河口域では両種は共通して分布していたが,その河口域の2006年での鉛直的に仔魚分布をみると,潮汐に拘わらず,コノシロは表層に集積していたのに対して,サッパは底層から表層にかけて分散していた。この鉛直分布の相違が,河口域での両種の仔魚期間におけるニッチェの競合を緩和していると考えられた。
  • 中居向 朝海, David E. ANGMALISANG, 丸山 啓太, 河野 博
    2022 年 59 巻 3-4 号 p. 113-129
    発行日: 2022年
    公開日: 2022/06/27
    ジャーナル オープンアクセス
    東京湾奥部に造成された大森ふるさとの浜辺公園の人工海浜・人工干潟(小型地曳網),垂直護岸(籠網・手網),浅場・澪(定置網)にてドロメの採集を行い,出現様式を明らかにした。また,海浜または干潟で採集された標本のうち274個体の外部形態を計測した。これらの標本の中から92個体を抽出して透明二重染色処理を行い,遊泳・摂餌関連の形質として主に骨格を観察した。これらの計測及び観察から,発育段階の区分わけを行った。海浜にて124個体(体長3.78~30.3mm),干潟にて447個体(体長3.98~72.9mm),垂直護岸にて籠網で239個体(体長22.8~107mm),手網で221個体(体長6.30~45.2mm),浅場にて2個体(体長17.3mm,30.4mm),澪にて1個体(体長4.50mm)が採集された。発育段階は,骨格観察による遊泳機能及び摂餌機能において4段階に,外部形態の計測による相対成長において5段階に分けられた。出現様式と発育段階により,大森ふるさとの浜辺公園のドロメは孵化後,人工海浜または人工干潟へと流され,遊泳機能・摂餌機能ともに急速に発達する体長約10mmまで過ごし,体長約8~9mmから垂直護岸へ移動開始,体長約22~25mmで着底,その後体長約35mmまでに垂直護岸への移動が完了すると考えられた。以上より,ドロメは発育段階に応じて同公園の様々な環境を使い分け,少なくとも産卵期前までは利用していることが示唆された。
feedback
Top