医学教育
検索
OR
閲覧
検索
41 巻 , 1 号
選択された号の論文の12件中1~12を表示しています
    • |<
    • <
    • 1
    • >
    • >|
原著-総合的研究
  • 野呂 幾久子, 阿部 恵子, 伴 信太郎
    41 巻 (2010) 1 号 p. 1-6
    公開日: 2012/03/27
    ジャーナル フリー
    医学生のジェンダーと医学生および模擬患者(SP)のコミュニケーション・スタイルの関係について調べた.
    1) 名古屋大学医学部で実施された客観的臨床能力試験(OSCE)のうち,4年次医学生82名(男子53名,女子29名)とSP(女性8名)の医療面接を対象に,医療コミュニケーション分析法RIASを用いて分析を行った.
    2) 医学生のコミュニケーションには2点の違いが見られた.女子医学生の方が男子医学生より,感情表出の発話,特に共感の発話,および開かれた質問が有意に多かった.
    3) SPのコミュニケーションには3点の違いが見られた.女子医学生との面接の方が男子医学生との面接より,SPの社交的会話,医学的情報提供,総発話数が有意に多かった.
    4) 医学生のジェンダー差は,医学生およびSPのコミュニケーション・スタイルにいくつかの影響を与えていることが確認された.
    抄録全体を表示
原著-探索的研究
  • 片岡 義裕, 高屋敷 明由美, 前野 哲博
    41 巻 (2010) 1 号 p. 7-11
    公開日: 2012/03/27
    ジャーナル フリー
    参加型臨床実習の導入が進み,医学生が自主性を持って臨床実習に取り組むことが重要になってきている.自主性を高める要因の一つとして,診療科に対する興味が考えられる.そこで,診療科に対する興味と学生の自主性の関連および自主性を高める可能性のある要素を明らかにすることを目的として,質問紙調査を行った.
    1) 筑波大学6年次学生92名を対象に,臨床実習の自主性に関する4つの項目を,興味のある科と興味のあまりない科での実習それぞれについて,6段階Likert Scaleを用いて調査した.
    2) 臨床実習において学習のモチベーションを高めたエピソードについて,自由記載で回答を求めた.その後,回答内容のカテゴリー化を行った.
    3) 回答率は94%であった.興味のある科での実習については,自主性に関するすべての項目で興味のあまりない科よりも有意に自主性が高かった(P<0.01).
    4) 自由記載では38名からのべ56の回答を得た.患者からの質問や励まし(29名)や医師の熱心な指導(9名)を挙げたものが多かった.
    5) 診療科に対して興味をもつように学習を工夫することや,患者や指導医との密なコミュニケーションにより,臨床実習における医学生の自主性が引き出される可能性があると考えられた.
    抄録全体を表示
主張
  • 吉中 丈志, 西山 勝夫
    41 巻 (2010) 1 号 p. 13-16
    公開日: 2012/03/27
    ジャーナル フリー
    1) 戦争と医学は医療倫理教育の重要なテーマである.日本とドイツの医学部・医科大学に対して質問紙による調査を行い医療倫理教育の課題を考察した.
    2) ヘルシンキ宣言と医師の戦争犯罪についてドイツではほとんどの医学部・医科大学の医療倫理教育で取り上げられていたが,日本では少数であった.
    3) ヘルシンキ宣言と医師の戦争犯罪は医療倫理の歴史と現状の理解に欠くことができない位置にある.原因を明らかにして改善を検討することは医療倫理教育の重要な課題である.
    抄録全体を表示
  • 高橋 優三, 奥 祐三郎, 青木 孝, 赤尾 信明, 嶋田 淳子, 鈴木 守, 松岡 裕之, 有薗 直樹, 坪井 敬文, 金澤 保, 由井 ...
    41 巻 (2010) 1 号 p. 17-21
    公開日: 2012/03/27
    ジャーナル フリー
    1)日本寄生虫学会教育委員会は,全国の医学部医学科へのアンケートで,医学教育改革の中での寄生虫学・医動物学の現況を調査し,医学教育への新たな貢献を考察する上で貴重な基礎データを得た.
    2)寄生虫学・医動物学の部署,教員数,授業時間の概数,方法,教育方針などの把握ができた.部署,教員,時間などは,いずれも減少していた.教える内容は現代的ニーズに合わせ,統合化が進んでいた.
    3)寄生虫学・医動物学は伝統的に,基礎医学,臨床医学,社会医学などを幅広く統合する科目であり,コア・カリキュラムで強調されている統合的な思考を養う科目として最適である.それを担当する部署の減少は望ましい事ではない.
    抄録全体を表示
報告
field study
委員会報告
  • 大西 弘高, 渡邉 淳, 石川 ひろの, 小田 康友, 杉本 なおみ, 守屋 利佳, 吉田 素文, 森本 剛, 吉村 明修, 阿曽 亮子, ...
    41 巻 (2010) 1 号 p. 65-71
    公開日: 2012/03/27
    ジャーナル フリー
    1)医学教育領域におけるランダム化比較試験を実施し,その過程を振り返ることにより,実施上の課題を探った.
    2) 2007年2月,日本医科大学の4年次生39名に対し,診断の決めてとなる内容の尋ね方について講義を実施し,直後に共感的な医療コミュニケーションスキルがどう影響されるかを標準模擬患者との面接にて測定した.医学生はランダムに介入群・比較群に割り付けられ,介入群への講義は面接での診断に合致した内容,比較群への講義は無関係な内容であった.
    3) RCTデザインを用いた医学教育研究の実施に特有な課題として,研究倫理審査,割り付け情報に関する評価者のマスク化,両群に提供する教育介入や評価の同等性担保が見出された.
    抄録全体を表示
    • |<
    • <
    • 1
    • >
    • >|
feedback
Top