ミルクサイエンス
Online ISSN : 2188-0700
Print ISSN : 1343-0289
ISSN-L : 1343-0289
52 巻 , 1 号
選択された号の論文の4件中1~4を表示しています
総説(平成14年度日本酪農科学会賞受賞記念寄稿)
総説
原報
  • ネウパネ ダナパテイ, 佐々木 茂文, 金 辰保, 石下 真人, 鮫島 邦彦
    2003 年 52 巻 1 号 p. 33-39
    発行日: 2003年
    公開日: 2014/03/15
    ジャーナル フリー
     海抜5200 m 付近の高地に棲息している純系のヤクのミルクから作ったバターの脂肪酸組成とビタミン A およびトコフェロール含量を GLC(気-液ガスクロマトグラフィー)と HPLC(高速液体クロマトグラフィー)で測定し,ウシバターのそれらと比較した。ヤクバターのコレステロール含量と脂質酸化速度は,それぞれ GLC と重量測定法によって判定した。ヤクバターは,短鎖の飽和脂肪酸を多く含んでいるので強い匂いを有している。脂質中の構成脂肪酸は多い順に16:0, 18:1, 14:0, 18:0, 4:0, 8:0 であった。また,レチノール量は脂肪100 g 中に402.3 μg であった。ウシバターの γ-トコフェロール量は,ヤクバターよりも多く,脂肪100 g 中に440 μg であるが,α-トコフェロール量は,ウシバター(1.9 mg/100 g 脂肪)よりもヤクバター(2.6 mg/100 g 脂肪)の方が多かった。β と δ-トコフェロールはヤクおよびウシバター中にほとんど検出できなかった。ヤクバター中のコレステロール量(325 mg/100 g 脂肪)は,ウシのそれ(223 mg/100 g 脂肪)よりも多かった。ウシバター脂質の酸化は,ヤクのそれに対して速くしかもその度合いは高い。極性脂質含量はウシに比べてヤクバターの方が多かった。
  • 姫野 友紀子, 平田 昌弘, 石田 定顕, 広岡 博之
    2003 年 52 巻 1 号 p. 41-47
    発行日: 2003年
    公開日: 2014/03/15
    ジャーナル フリー
     As the second step to constructing a new method for a series analysis of traditional milk processing system, “groups of milk processing elements” have been classified in this paper. A group of milk processing elements has been defined as one unit possessing a common goal-oriented technique among certain milk processing elements. The purpose for a class-structure analysis for the milk processing elements has been to clarify the central goal-oriented intentions of human beings in regards to milk processing. From the results of analysis, the milk processing elements has been classified into three central groups, namely, “a processing group for the utilization of milk components”, “a processing group for preservation”, and “a processing group for separation”. The “processing for utilization of milk components” is composed of three sub-groups for processing main milk elements. The “processing group for preservation” is a processing group mainly for long preservation under favorable condition. The “processing group for separation” is a processing group for physically separating the solids from the liquid in the milk. The traditional milk processing systems of all the tribes can essentially be explained using the above three central groups of milk processing elements.
feedback
Top