ミルクサイエンス
Online ISSN : 2188-0700
Print ISSN : 1343-0289
ISSN-L : 1343-0289
60 巻 , 1 号
選択された号の論文の4件中1~4を表示しています
原著論文
  • 石川 稿大郎, 田仲 哲也, 島崎 敬一
    2011 年 60 巻 1 号 p. 1-6
    発行日: 2011年
    公開日: 2014/03/15
    ジャーナル フリー
     ラクトペルオキシダーゼの酸化還元活性を利用した抗菌作用は,ラクトペルオキシダーゼシステムとして広く知られている。これは過酸化水素とチオシアン酸イオン(SCN)からラクトペルオキシダーゼがハイポチオシアン酸イオン(OSCN)を生成し,殺菌作用を発揮するものである。ラクトペルオキシダーゼの酵素活性は他の化学物質に対しても応用できると考え,細胞傷害を誘発することが知られている化学物質の作用を抑制する可能性について検討した。すなわち,細胞に対して酸化的ストレスを与え,アポトーシスを誘発することが知られているナフトキノン誘導体の培養細胞(Caco-2)に与える影響をラクトペルオキシダーゼ添加で阻止できるかどうかを調べた。対象としたのは 1,4-ナフトキノン-スルホン酸カリウム,2,3-ジクロロ-5,8-ジヒドロキシ-1,4-ナフトキノン,2-メチル-1,4-ナフトキノンである。細胞生存率,ポリ-(ADP-リボース)-ポリメラーゼの検出,細胞形態の観察などから,ラクトペルオキシダーゼ添加の有効性が観察された。
  • ―乳文化圏から非乳文化圏への乳加工技術の伝播論考―
    平田 昌弘, 浦島 匤
    2011 年 60 巻 1 号 p. 7-15
    発行日: 2011年
    公開日: 2014/03/15
    ジャーナル フリー
     The milk processing system and uses of milk products were surveyed in Sumbawa and West Sumatra, Indonesia to understand those characteristics in Indonesia, and to discuss an origin of milking techniques in Indonesia. The milking is conducted from mares in Sumbawa and from water buffaloes in West Sumatra. In both these areas, the technique of fermented milk processing series is adopted such us the natural fermentation of raw milk by maintaining it under non-pasteurization conditions for 1 or 2 nights. Both raw milk and fermented milk are used as supplementary food and not considered part of the staple diet of the inhabitants of Sumbawa and West Sumatra. On the basis of the following observations, it is concluded that the milking techniques used in Indonesia are actually derived from those used in India: 1) the marked difference between the milking techniques, milk processing systems, and uses of milk products in Indonesia and those in northern Asian area, where milking from mares is conducted; 2) the similarity between the milking techniques, milk processing systems, and uses of milk products in Sumbawa and West Sumatra; 3) the long and close relationship between Indonesia and India through seaborne trade and the fact that the word dadih, which refers to a traditional Indonesian fermented milk product, finds its origin in India. Year-round reproductive activity in ruminants from regions that lie to the right of the equator and the abundance of plant-based foods in these regions are considered the core factors responsible for the failure of most of the milk processing techniques in Indonesia; consequently, Indonesians use milk products as supplementary food, and not as part of their regular diet.
  • 和泉 裕久, 峯岸 真梨緒, 清水 隆司, 関根 一則, 高瀬 光徳
    2011 年 60 巻 1 号 p. 17-23
    発行日: 2011年
    公開日: 2014/03/15
    ジャーナル フリー
     デキストラン硫酸ナトリウム(DSS)誘導腸炎モデルを用い,離乳直後の若齢ラットに対する α-ラクトアルブミン(α-La)の腸炎抑制効果を調べた。DSS 投与 3 日前にあたる25日齢より試験終了前日まで,精製水または精製水に溶解した α-La(300 mg/kg)を毎日ゾンデで投与した。28日齢から DSS(M.W.=36,000~50,000)を 0 または 2%溶解した飲水を自由摂取させた。群構成は 1.滅菌水-精製水群(Ctrl 群),2.滅菌水-α-La 群(α-La 群),3.DSS-精製水群(DSS 群),4.DSS-α-La 群(DSS+α-La 群)とした。体重・摂餌量・Disease Activity Index (DAI)を毎日測定し,DSS 投与 7 日目(35日齢)に解剖を行なった。DSS 群に比べ,DSS+α-La 群では DSS 投与 2 日目より DAI が有意に抑制された。また,体重増加の減少,脾臓の萎縮,大腸の肥厚,血中 IL-6 の増加が有意に抑制され,栄養状態の指標と考えられる血中 IGF-I,レプチンが有意に高値を示した。さらに,赤血球数,ヘモグロビン,ヘマトクリットの減少も抑制された。Ctrl 群と α-La 群の比較において脾臓 CD4+ 細胞における CD25+Foxp3+Treg の割合が増加し,大腸ムチン(Muc)発現量の比較では Muc 3 の有意な増加が見られた。以上の結果から,α-La は CD4+T 細胞における Treg プールの増加および Muc 3 の発現を誘導することで,炎症抑制作用を発揮すると考えられた。
総説
平成22年度日本酪農科学会奨励賞 受賞記念総説
feedback
Top