Medical Mycology Journal
Online ISSN : 2186-165X
Print ISSN : 2185-6486
最新号
選択された号の論文の5件中1~5を表示しています
Medical Mycology Journal
Original Article
  • Rui Kano, Yuki Kobayashi, Akitoyo Nishikawa, Ryo Murata, Takuya Itou, ...
    2018 年 59 巻 3 号 p. E41-E46
    発行日: 2018年
    公開日: 2018/08/31
    ジャーナル フリー
    Prototheca zopfii is an achlorophyllic algae that causes bovine mastitis, resulting in a reduction in milk production and the secretion of thin, watery milk with white flakes. The aim of the present study was to evaluate the bacterial flora in the udder environment in protothecal mastitis. We used metagenomic next-generation sequencing (NGS) analysis to identify 16S rRNA genes from bacterial flora present in milk samples from protothecal mastitic dairy cows.
    Seven clinical strains of P. zopfii genotype 2 were isolated from 7 milk samples from 7 cases (Holstein cow) of protothecal mastitis; another 9 milk samples were obtained from 9 normal Holstein cows. The samples were collected in 2017 from cows in one dairy located in the Kushiro region in Hokkaido, Japan, which had a history of protothecal mastitis infection.
    The NGS produced 10,000 to 15,000 sequences in each DNA sample. To facilitate comparison, we grouped the sequencing results according to the culture-based protothecal mastitis diagnosis; sequences derived from the milk samples obtained from healthy cows were grouped separately.
    Sequences classified as Streptococcus spp., Pseudomonas spp. and Sphingomonas spp., Caulobacter segnis, Macrococcus caseolyticus, Methylobacterium tarhaniae, and Sphingomonas leidyi were the main sequences detected in the groups of samples from cows characterized by culture as having protothecal mastitis. Notably, Calothrix desertica (a cyanobacterium) sequences showed higher prevalence in these samples.
    To our knowledge, this is the first study to report that C. desertica sequences, effectively absent in the samples derived from healthy cows, are detected at high prevalence in samples from protothecal mastitic animals.
Short Report
  • Reiko Ikeda, Tomoe Ichikawa, Yu-ki Tsukiji, Kohei Kawamura, Ayano Kiku ...
    2018 年 59 巻 3 号 p. E47-E52
    発行日: 2018年
    公開日: 2018/08/31
    ジャーナル フリー
    Interactions between virulence factors of pathogens and host responses play an important role in the establishment of infection by microbes. We focused on interactions between Cryptococcus neoformans proteins and heparin, which is abundant on host epithelial cells. Surface proteins were extracted and analyzed. Fractions from anion-exchange column chromatography interacted with heparin in surface plasmon resonance analyses. Heparin-binding proteins were purified and then separated by gel electrophoresis; and were identified as transaldolase, glutathione-disulfide reductase, and glyoxal oxidase. These results imply that multifunctional molecules on C. neoformans cells, such as those involved in heparin binding, may play roles in adhesion that trigger responses in the host.
日本医真菌学会雑誌
総説
  • 木村 有太子, 須賀 康
    2018 年 59 巻 3 号 p. J45-J49
    発行日: 2018年
    公開日: 2018/08/31
    ジャーナル フリー
    爪白癬の治療において,抗真菌薬の内服・外用以外の治療の選択肢としてさまざまな工夫がなされてきた.爪白癬に罹患した爪甲部分の爪切りやグラインダーを用いて機械的に除去する方法,スピル膏や尿素配合軟膏のODTによる化学的除去法もあるが,近年ではレーザー療法もその1つとして注目されている.わが国で報告されている爪白癬のレーザー治療としては,炭酸ガスレーザーと外用抗真菌薬を併用した方法,フォトダイナミックセラピーを用いた治療,Nd:YAGレーザーによる治療報告がなされ,良好な結果が得られている.しかし,レーザーの照射条件や照射回数,有効性の判定などが施設や論文によって一定でなく,いまだエビデンスレベルとして確立しているとはいえない.また,Nd:YAGレーザーと外用抗真菌薬の併用では,それぞれの単独療法とくらべて効果が高くなるとの報告もある.今後,爪白癬に対するレーザー治療の有効性や外用抗真菌薬との併用による治療効果の増強,治療期間の短縮の可能性について,確かな臨床的知見が得られることを期待したい.
  • 岩渕 和久
    2018 年 59 巻 3 号 p. J51-J61
    発行日: 2018年
    公開日: 2018/08/31
    ジャーナル フリー
    メチニコフがわれわれの体の中に貪食細胞が存在することを発見してわずか100年しか経過していない.しかしながら,その間の分子生物学的手法の発展とともに,われわれがどのようにして外来の侵入者から自らの身を守っているかの免疫応答の分子機構が次々と明らかになっている.特に,外界から進入した病原微生物と最初に戦う自然免疫応答は,どのような微生物に対しても反応することから,当初は非特異的な反応とみなされてきた.ところが実際には,生物は自らの身を守るためにそれぞれ独自の分子を使って自らに有害となる微生物を認識,排除する巧みな仕組みとして自然免疫応答を発達させている.ラクトルセラミド(LacCer)は,1970年代からさまざまな微生物に特異的に結合することが示された中性のGSLである.LacCerはヒトの貪食細胞や上皮に好発現している.特に好中球はLacCerの脂質ラフトを介して,微生物に遊走し,貪食して活性酸素種産生などを使って微生物を排除する仕組みが発達している.一方で,マウスの血球にはLacCerはほとんど発現しておらず,LacCerを介した自然免疫応答を観察することはほとんどできない.結核菌はヒトに選択的に感染する病原微生物であり,本来マウスなどに感染することはほとんどない.興味深いことに,結核菌はヒト好中球のLacCerの脂質ラフトを介して自然免疫応答を巧みに制御することで貪食されても生き残ることができる.このことは,LacCerの脂質ラフトがヒトにおける自然免疫応答において重要な役割を果たしていることを示唆している.ここでは,LacCerを介したヒトの自然免疫応答についての最新知見を紹介する.
シリーズ用語解説
feedback
Top