Journal of the Society of Inorganic Materials, Japan
Online ISSN : 2185-4378
ISSN-L : 1345-3769
13 巻 , 321 号
選択された号の論文の7件中1~7を表示しています
  • 高橋 泰弘, 堀 雅宏
    2006 年 13 巻 321 号 p. 83-89
    発行日: 2006/03/01
    公開日: 2011/03/07
    ジャーナル フリー
    下水道資源の有効利用において, 汚泥焼却灰を高品質なセメント原料として改質するためリン含有量を低減することを検討した.灰から除去されたリンはリソ酸カルシウムとして回収した・アルカリ溶出後の灰はリソが46%, アルカリ溶液中に溶出した.溶出後の灰の重量は14%減少したがこれはリンとアルミニウムが選択的に溶出したことに起因することがわかった.回収したリン化合物はリンを12%含んでおり, 100%クエン酸溶性であった.カドミウム, 砒素は肥料取締法の重金属の規制値を下回っており・ニッケル・クロム, 鉛, 水銀については定量下限値以下であった.肥料として, 回収したリン化合物は植物に対して害がなく, 作物への重金属の蓄積もないことが確認された.マンガン, 亜鉛の含有量については市販されている肥料 (過リン酸石灰, 熔せいリン肥) を使用して育てた作物よりも低かった.ナスにおいては, リン回収物は過リン酸石灰, 熔せいリン肥の半分の使用量で同じ肥料効果が得られた.リソ回収物の使用量を多くするほど収穫数や収穫量は増加することが確認された.
  • 今井 勉, 神原 信志, 守富 寛
    2006 年 13 巻 321 号 p. 90-97
    発行日: 2006/03/01
    公開日: 2011/03/07
    ジャーナル フリー
    The aim of this study is to evaluate H2S desulfidation reactivity of calcined dolomite. Six dolomites having different CaO/MgO mole ratio were calcined at 1173 K under air atmosphere, and H2S desulfidation reactivities of them were investigated by a fixed bed reactor.
    H2S desulfidation experiments were conducted for 120 minutes at 1173 K under H2S/N2 atmosphere. In order to investigate effects of physical and chemical characteristics of calcined dolomites or calcined limestones on its conversions, EDX observation, SEM observation, MgO content in dolomite, BET specific surface area and pore volume were analyzed.
    Consequently, it was found that conversions at 120 minutes are closely correlated with the BET specific surface area, and that magnesium oxide content in calcined dolomite have an important role for H2S desulfidation.
    The average H25 absorption capacity per weight of calcined dolomite was 1.17 times of calcined limestone.
  • 小嶋 芳行, 金子 貞之, 安江 任
    2006 年 13 巻 321 号 p. 98-104
    発行日: 2006/03/01
    公開日: 2011/03/07
    ジャーナル フリー
    This study was made to investigate the characterization and HC1 gas removal of calcined dolomite hydrate (mixture of Mg (OH) 2 and Ca (OH) 2) synthesized by hydrating the calcined dolomite with water contained fructose. The calcined dolomite hydrate with ultrafine particles was synthesized by adding fructose solution to the calcined dolomite which was heated the dolomite at 1000°C for 1 hour. The sample was characterized by means of X-ray diffraction, measurements of specific surface area and particle size distribution.
    The limestone, which was contained in the dolomite, was dissolved using 0.10 mol dm-3 HC1 solution. The calcined dolomite was obtained by heating the treated dolomite at 1000°C for 1 hour. The calcined dolomite hydrate with ultrafine particle was synthesized by hydrating the calcined dolomite using fructose solution for 6 h, and was a mixture of Ca (OH) 2 and Mg (OH) 2. The specific surface area of the calcined dolomite hydrate increased with the increase of fructose/calcined dolomite mass ratio. In fructose/calcined dolomite mass ratio of 0.07, the specific surface area of the calcined dolomite hydrate was 147 m2·g-1 Ca (OH) 2 and Mg (OH) 2 were uniformly dispersed in sample. The HC1 gas removal ability of the calcined dolomite hydrate was enhanced with increase of specific surface area.
  • 遠藤 裕史, 板谷 清司, 梅田 智広, 幸田 清一郎
    2006 年 13 巻 321 号 p. 105-111
    発行日: 2006/03/01
    公開日: 2011/03/07
    ジャーナル フリー
    リン酸カルシウムペースト (CPP;主結晶相α-Ca3 (PO4) 2およびCa4 (PO4) 20) とコラーゲン溶液 (Col (I) -S)) とを複合化させて凍結乾燥させた.凍結乾燥物を粉砕処理し, 血液と練和液を加えて試験片を作製したのち, この試験片を37.0±0.2℃の温度で生体擬似体液 (SBF) に種々の時間浸漬した.まず, 硬化体の作製時に添加する混合溶液の量を検討するため溶液/粉体 ((P/L) -1) 比を調べたところ, この値は最高0.77となり, コラーゲン穎粒 (150μm以下;Col (1) -G) を添加して作製した場合よりも約38%も高くなった.一方, 9.1mass%Co1 (1) -Sと血液とを複合化して作製したCPP試験片を7dSBFに浸漬したところ (P/L比 : 1.7), 結晶相は水酸アパタイト (Cal0 (PO4) 6 (OH) 2 : HAp) だけが認められたが, Col (1) -Sとの複合化によってHApへの変化がわずかに抑制される傾向が認められた.この硬化体の気孔率と圧縮強度はそれぞれ66.5±1.5%および4.28±0.04MPaであった.硬化体中の粒子はコラーゲンによって被覆されており, Co1 (1) -Gを複合化して作製したCPP硬化体の場合と比較して微細構造には大きな違いが認められた.
  • 土谷 敏雄
    2006 年 13 巻 321 号 p. 112-117
    発行日: 2006/03/01
    公開日: 2011/03/07
    ジャーナル フリー
  • 渡辺 隆行
    2006 年 13 巻 321 号 p. 118-125
    発行日: 2006/03/01
    公開日: 2011/03/07
    ジャーナル フリー
  • 難波 明彦, K.L. Scrivener
    2006 年 13 巻 321 号 p. 126-138
    発行日: 2006/03/01
    公開日: 2011/08/16
    ジャーナル フリー
feedback
Top