日本語教育
Online ISSN : 2424-2039
Print ISSN : 0389-4037
ISSN-L : 0389-4037
153 巻
選択された号の論文の8件中1~8を表示しています
【特集】学会誌の回顧と展望
寄稿論文
  • 西口 光一
    原稿種別: 寄稿論文
    2012 年 153 巻 p. 8-24
    発行日: 2012年
    公開日: 2017/02/17
    ジャーナル フリー

     『日本語教育』の1号から最新号までを概観すると,大きく3つの時期に分けることができる。第1期(1号から70号まで)の前期は日本語教育学の草創・確立期で,伝統的な日本語教育の方法の確立と確認に貢献する論文が多数を占めている。後期には第2期の教育方法の変化の予兆となる研究が発表されている。そして,第2期(71号から125号)初期の73号(1991)ではコミュニケーション中心の教育方法が採り上げられ,伝統的アプローチとの対比で熱気を帯びた議論が展開された。しかしながら,それ以降は,そうした日本語の習得と指導の原理に関わる議論は続かなかった。また,第2期は日本語教育に関連した日本語学や第二言語習得研究の論文が隆盛を極めた時期であった。第3期(126号から151号)に入ると,2つの特集で日本語教育研究の今後の方向が提案された。最後に,日本語教育研究が実りあるものとなるためには,日本語の習得と指導の原理を追求し洗練していく姿勢が重要であることを指摘した。

  • 庵 功雄
    原稿種別: 寄稿論文
    2012 年 153 巻 p. 25-39
    発行日: 2012年
    公開日: 2017/02/17
    ジャーナル フリー

     本稿では,学会誌『日本語教育』にこれまで発表された論文のうち,「日本語」分野(「日本語」のみ,または,「日本語+教育」のみ)に属する論文798本をいくつかの観点から分析した。その結果,最も多い分野は「文法」であり,「習得」がそれに続くこと,研究分野によっては過去に盛んに発表されたものの,近年論文の数が大きく減っているものがあることなどがわかった。さらに,この分析結果を踏まえ,投稿者,査読者の双方に向けて,今後の本誌の発展のために必要だと考えられるいくつかの点についての私見を述べた。

  • 横山 紀子
    原稿種別: 寄稿論文
    2012 年 153 巻 p. 40-54
    発行日: 2012年
    公開日: 2017/02/17
    ジャーナル フリー

     『日本語教育』第1号から第151号に掲載された「心理」分野の論文について,その軌跡を振り返った。第Ⅰ期(1962年~1985年)には,「心理」分野の研究と考えられるものがほとんどない中で,後の発展の種子と思われる論考が出現していたのが印象深い。第Ⅱ期(1985年~1999年)には,中間言語研究が登場し,日本語教育研究の力点が「教授から学習へ」と移行すると同時に,ストラテジー,学習スタイル,学習動機など,学習過程に注目した研究が急速に増えた。第Ⅲ期(1999年~2012年)には,理論の導入により普遍性を追求するとともに,理論を検証することによって教育実践に還元しようとする研究が存在感を増してきた。「心理」分野の研究は,一貫して,言語教育とは言語知識の注入ではなく,学習者が持てるものを生かして学べるような学習支援をしていくことだという認識を高めることに貢献してきたと考えられる。

  • 宇佐美 洋
    原稿種別: 寄稿論文
    2012 年 153 巻 p. 55-70
    発行日: 2012年
    公開日: 2017/02/17
    ジャーナル フリー

     『日本語教育』1号から150号までに掲載された全論文のうち,「社会との関わり」を扱った論文610編について,その研究テーマの変遷を社会的情勢の変化と関連させて論じた。全体として社会分野論文は,件数,全論文に占める割合ともに80年代後半まで順調に増加し,その後いったん停滞したものの,00年代後半には過去最高に達している。また刊行当初は国外の教育事情を紹介する論文が多かったが,80年代以降は国内における学習者の多様化に伴って国内の学習者に焦点を当てた論文が増えるなど,研究テーマが社会的情勢に鋭敏に反応して変化していることが認められた。さらに,社会情勢の変化に伴って生まれた新しい研究テーマを一過性のものに終わらせないためには,他の研究領域との連携により普遍性・一般性を追求していくという試みが重要になるとともに,日本語教育研究コミュニティ全体として「いま必要とされている研究とはどのようなものか」という議論を深め,研究観を拡張させていく必要もあることを論じた。

  • 学会誌委員会編集担当委員
    原稿種別: 寄稿論文
    2012 年 153 巻 p. 71-80
    発行日: 2012年
    公開日: 2017/02/17
    ジャーナル フリー

     本稿では,学会誌の50年を5期に分けて振り返り,その変遷について整理した。

     まず,創刊から1972年までの10年間は「日本語教育」という学問を模索した時期と言える。第2期(~1988年ごろ)は,「教育」自体に焦点を当てた研究が多く取り上げられ,「日本語」分野でも現場から出発した具体的な研究が増えた。第3期(~1997年ごろ)には,「心理」や「社会」分野の研究が出始め,「教育」分野の研究は,実践研究が増えた一方,枠組み自体も広がりを見せた。第4期には,更に,関連周辺領域とも結びつき,急速に学際化が進んだ。2004年ごろから現在に至る第5期には,「教育」の研究に,単に問題点の発見に留まらない質の高さが追求されるようになった。また,日本語教育が複合的な領域をまたぐ研究を必要とすることもますます明らかになってきた。今後の研究は,この深化と学際化,双方の面から取り組んでいく必要があると言えよう。

一般論文
研究論文
  • 劉 怡伶
    原稿種別: 研究論文
    2012 年 153 巻 p. 81-95
    発行日: 2012年
    公開日: 2017/02/17
    ジャーナル フリー

     本稿では,日本語における動作主認識の副詞的成分の特徴を考察した。考察の結果,動作主認識の副詞的成分は先行研究の指摘のように,動作主が動作の実現中に持った感情・感覚を表すものであるということのほか,次の三つの特徴を持っていることが明らかになった。1)動作主認識の副詞的成分は動詞の表す語彙的意味の層で機能するものである,2)動作主認識の副詞的成分の表す感情・感覚は動作主の制御可能な動作によって生起するもののため,動作の結果でもある,3)動作主認識の副詞的成分の表す感情・感覚はある程度制御可能なものである,ということである。

     また,本稿ではコーパスにおける使用実態も調査したが,〈快〉の感情・感覚を表す形容詞連用形が動作主認識の副詞的成分として用いられやすいことが判明した。その理由として語用論的理由によることを説明した。

実践報告
  • 黒川 美紀子
    原稿種別: 実践報告
    2012 年 153 巻 p. 96-110
    発行日: 2012年
    公開日: 2017/02/17
    ジャーナル フリー

     サービス・ラーニング(以下SL)とは,学習者が明確な学習目標を持って地域社会のサービス活動に従事し,知識を体験に生かすとともに,その体験を通じてさらに生きた知識を学ぶ(ラーニング)体験学習の一手法であり,近年日本でも大学教育に取り入れられ始めている。本稿は,SLの要素を取り入れ,高齢者施設で「話し相手ボランティア」を行った上級日本語コースの実践報告であり,コースの概要を紹介するとともに,学習者による授業評価アンケート,個別インタビュー,学習者が書いたジャーナルおよびレポートの分析を行った。その結果学習者は日本語力,特に書く力が伸びたと感じていたほか,人生観,価値観への影響があったと考えていることがわかった。学習者がSLから得たものとしては,(1)人生の先輩から与えられる気づきや励まし,(2)人の役に立つことの喜び,達成感(3)人間に対する洞察と共感,(4)知識の個人化,(5)先入観からの脱却,が認められた。

feedback
Top