人間生活工学
Online ISSN : 2434-6349
Print ISSN : 1345-8051
最新号
選択された号の論文の2件中1~2を表示しています
Original Paper
  • 若生 然太, 三宅 太文, 菅野 重樹
    原稿種別: Original Paper
    2021 年 22 巻 1 号 p. 44-49
    発行日: 2021/03/31
    公開日: 2022/07/13
    解説誌・一般情報誌 フリー

    近年,バックパックの日常使用増加に伴い,運搬時の肩部負荷軽減が重要になっている.本研究は,歩行時のバックパック負荷を腰部に動的に分散する新しいランバーパッド(LP)を提案する.歩行時の胸郭―骨盤間の水平相対変位と骨盤の三軸運動を考慮した可動式LP,固定式LP,従来型フラット形状の3 背面の歩行時の接触荷重を比較して評価した.50 個の三軸触覚センサで被験者3 名の荷重(重量:6kg,歩行50 サイクル)を計測し,被験者毎に多重比較(Steel‒Dwass 法)した結果,LP 付きパネルはフラットパネルより肩部荷重が有意に小さく,可動式LP は固定式LP より歩行周期全体の荷重の四分位範囲が肩部,腰部共に小さかった.また可動式LP はフラットパネルよりバックパックが滑り落ちる方向の肩部剪断荷重が有意に小さかった.以上の結果は,腰部への安定的な分散により肩部負荷を軽減するバックパックの設計改善に活用できる.

  • 前川 正実, 山田 弥穂
    原稿種別: Original Paper
    2021 年 22 巻 1 号 p. 50-55
    発行日: 2021/03/31
    公開日: 2022/07/13
    解説誌・一般情報誌 フリー

    筆記具を持つ手のかたちの3Dデータを3Dスキャナで取得し,これを3D-CADで簡易計測したデータから筆記具の持ち方の分類を行った.右利きの29 人から得た計測データを階層クラスタ分析し,結果として4種類への分類がなされた.各クラスタの特徴は次のとおりである.第一クラスタはペンをやや高い位置で持ち,母指と示指の高さが離れる傾向がある.第二クラスタはペンを低い位置で持ち,母指と示指の位置が近い傾向がある.第三クラスタは第二クラスタに似るが,母指が伸び,示指の近位指節骨間関節(PIP 関節)より先の部分全体がペン軸に接する傾向がある.第四クラスタは示指と母指の位置が高く,母指は指節骨間関節(IP 関節)から付け根の部位でペンを支えており,示指の屈曲が大きい傾向がある.

feedback
Top