西日本皮膚科
Online ISSN : 1880-4047
Print ISSN : 0386-9784
ISSN-L : 0386-9784
38 巻 , 6 号
選択された号の論文の17件中1~17を表示しています
図説
綜説
症例
研究
  • 原 宜之, 坪井 尚
    1976 年 38 巻 6 号 p. 941-945
    発行日: 1976/12/01
    公開日: 2012/03/23
    ジャーナル 認証あり
    昭和43年より50年までの8年間に当院を受診した白癬患者総数は8,027名で, これは同期間の外来患者総数の7.4%にあたる。またこれらを病型別に累計すると9,671件となり, なかでも足の汗疱状白癬が5,209件(64.9%)でもつとも多く, ついで頑癬の2,537件(31.6%), 趾爪白癬の908件(11.3%)とつづく。なお分離同定しえた白癬菌は7種で計7,514株であるが, その内訳をみるとT. rubrumが全体の76.2%にあたる5,726株を数え, ついでT. mentagrophytesの1,405株(18.7%)である。その他の菌種は少ないがM. canisの165株(2.2%), E. floccosumの141株(1.9%), M. gypseumの53株, T. violaceumの20株, T. verrucosumの4株である。さらに重複感染は50件で, なかでもT. rubrumT. mentagrophytesの組合わせが35件でもつとも多い。
  • 長谷川 輝彦
    1976 年 38 巻 6 号 p. 946-951
    発行日: 1976/12/01
    公開日: 2012/03/23
    ジャーナル 認証あり
    米人子供にみられた頭しらみの走査電顕像を報告した。強拡大による観察は細部まで理解できる。本法も寄生虫の研究のため重要な方法であろう。
  • 早川 律子, 小林 美恵, 田中 隆義, 上田 宏
    1976 年 38 巻 6 号 p. 952-955
    発行日: 1976/12/01
    公開日: 2012/03/23
    ジャーナル 認証あり
    ステロイド外用剤の安定性を確認するために8種のステロイド外用剤と2種の基剤のパッチテストを, 健康成人ボランティア30例と名古屋大学医学部附属病院分院皮膚科外来患者31例に施行した。ステロイド外用剤は大部分の患者においては安全であるが, 約3~6%の割合で刺激となり得る場合もある。また刺激の原因がクリーム基剤, 軟膏基剤ばかりではなく, ステロイドそのものにも問題がある場合がある。
  • ―とくに吉草酸ベタメタゾンとの全身的影響と臨床効果の比較―
    Hydrocortisone 17-Butyrate 研究班
    1976 年 38 巻 6 号 p. 956-970
    発行日: 1976/12/01
    公開日: 2012/03/23
    ジャーナル 認証あり
    皮膚疾患の外用治療において優れた臨床効果を有し, かつ比較的全身影響が少ないといわれている副腎皮質ホルモン剤0.1% hydrocortisone 17-butyrate cream(以下0.1% HBC)の外用時の全身的影響(主に下垂体―副腎皮質系を中心として), 臨床効果, ならびに副作用について0.12% betamethasone 17-valerate cream(以下0.12% BV-C)を対照とし二重盲検法に準じ比較検討した。
    1) 全身的影響 副腎皮質機能正常皮膚疾患患者39名に0.1% HBC, 0.12% BV-Cをおのおの20g, 30g, 40g密封包帯療法(以下 ODT)で塗布し, その結果0.1% HB-C処置群, 0.12% BV-C処置群の血漿cortisol値, 尿中 17-OHCS値は減少傾向を示したが, 0.1% HB-C処置群は0.12% BV-C処置群に比べその減少は緩慢であり, 初期値への回復はよりすみやかであつた。また0.12% BV-C処置群における血漿cortisol値は用量相関的な減少傾向を示したが, 0.1% HB-C処置群では投与量による相関性は認められなかつた。
    2) 臨床効果 尋常乾癬, アトピー皮膚炎, その他の汎発性湿疹にたいする0.1% HB-C, 0.12% BV-Cの臨床効果をあわせて比較検討したが, 両薬剤間にほとんど差異は認められなかつた。
    3) 副作用 試験薬剤処置期間中の副作用は毛包炎6例であり, その内訳は0.1% HB-C 4.5%(22例中1例), 0.12% BV-C 29.4%(17例中5例)と有意差を認めた。
講座
治療
世界の皮膚科学者
feedback
Top