整形外科と災害外科
Online ISSN : 1349-4333
Print ISSN : 0037-1033
ISSN-L : 0037-1033
65 巻 , 4 号
選択された号の論文の57件中1~50を表示しています
  • 小倉 友介, 吉光 一浩, 樋口 冨士男, 瓜生 拓也, 大川 孝浩, 後藤 昌史, 光井 康博, 野口 幸志, 田渕 幸祐, 伊藤 弘雅, ...
    2016 年 65 巻 4 号 p. 621-625
    発行日: 2016/09/25
    公開日: 2016/12/06
    ジャーナル フリー
    近年MRIの技術が進み金属インプラント周囲組織も明瞭に描出されるようになった.今回MRIにより診断し得た人工股関節感染を経験したので報告する.症例は81歳女性.主訴は頭痛と左股関節痛.前医より炎症反応高値にて精査目的に紹介受診となった.26年前に右人工股関節全置換術を受けていた.初診時検血にて白血球9500/μl,CRP 23.34 mg/dlと高値を認めた.単純X線で右人工股関節は臼蓋コンポーネントのポリエチレンの著明な摩耗があり,左股関節は末期の変形性股関節症であった.全身造影CT施行するも明らかな炎症を示唆する所見を認ず,熱発も37度程度であった.股関節のMRIを行ったところ右人工股関節周囲に膿瘍を認めたため,関節穿刺を行い黄色ブドウ球菌が検出された.人工股関節感染の診断にて人工股関節抜去術を施行した.本症例は右股関節に関する自覚症状がなく診断に難渋したがMRIにより右人工股関節感染を診断し得た.
  • 井内 智洋, 川内 義久, 吉野 伸司, 富村 奈津子, 廣田 仁志, 中條 正英, 中村 貴宏, 前之園 健太, 永野 聡, 瀬戸口 啓夫 ...
    2016 年 65 巻 4 号 p. 626-628
    発行日: 2016/09/25
    公開日: 2016/12/06
    ジャーナル フリー
    今回我々はトラマドール塩酸塩/アセトアミノフェン配合錠の使用状況について調査したので報告する.2013年4月~2015年3月まで当科で処方した患者を対象とし,性別,年齢,対象疾患,効果,副作用について調査した.男性196例,女性178例の計374例に処方しており,年齢は19歳~91歳(平均68.4歳)であった.対象疾患はLCS 88例,LCS術後70例など脊椎疾患およびその術後に314例処方し,関節疾患およびその術後に35例,その他25例に処方していた.効果は著効が3例,有効が157例,やや有効が84例,無効が57例,不明が73例であった.副作用は59例に認め,嘔気,便秘,気分不良が3大副作用で,副作用の為に中止したのが36例であった.トラマドール塩酸塩/アセトアミノフェン配合錠は脊椎疾患やその術後に多く処方されていた.他の報告同様7割で効果がみられていた.一方副作用や中止例は少なかった.
  • 中村 貴宏, 川内 義久, 吉野 伸司, 富村 奈津子, 廣田 仁志, 中條 正英, 井内 智洋, 前之園 健太
    2016 年 65 巻 4 号 p. 629-631
    発行日: 2016/09/25
    公開日: 2016/12/06
    ジャーナル フリー
    今回,我々はブプレノルフィン経皮吸収型製剤を2013年4月から2015年3月までに男性66例,女性44例の計110例に処方していた.そのうち透析患者は男性23名,女性11名の計34名(全体の30.9%)であった.平均年齢は70.4歳で,対象疾患はLCS 23例,LCS術後18例,など脊椎疾患およびその術後に78例処方し,足部壊疽に19例,関節疾患およびその術後に6例,その他7例に処方していた.効果は著効が1例,有効が30例,やや有効が30例,無効が24例,不明が25例であった.嘔気,気分不良,皮膚障害などの副作用は22例にみられ,その為に中止したのが5例であった.脊椎疾患やその術後,また透析患者に多く処方されていた.他の報告に比し,副作用や中止例は少なかった.
  • 前之園 健太, 川内 義久, 吉野 伸司, 富村 奈津子, 廣田 仁志, 中條 正英, 井内 智洋, 中村 貴宏
    2016 年 65 巻 4 号 p. 632-635
    発行日: 2016/09/25
    公開日: 2016/12/06
    ジャーナル フリー
    【はじめに】当院におけるプレガバリンの使用状況について調査,検討したので報告する.【対象および方法】2013年4月から2015年3月までの2年間に当科で処方し追跡可能であった患者を対象とし,性別,年齢,対象疾患,その効果,副作用,中止例について調査した.【結果】投与患者全1106例中,214例が経過不明例であり,追跡可能例は892例であった.内訳は,男性502例,女性390例,年齢は18歳~98歳(平均67.2歳)であった.対象疾患は脊椎疾患814例,末梢神経障害性疼痛58例,末梢動脈疾患20例であった.効果は著効が34例,有効が134例,やや有効が317例,無効が407例と,約54%の患者で効果を認めた.副作用は90例にみられ,めまい・ふらつき,眠気が多く,副作用による中止例は54例であった.【結語】脊椎疾患やその術後に多く処方されていた.一定の効果は認めるものの,他の報告と比較し有効率は高いとは言えなかった.
  • 富田 雅人, 宮田 倫明, 尾﨑 誠
    2016 年 65 巻 4 号 p. 636-640
    発行日: 2016/09/25
    公開日: 2016/12/06
    ジャーナル フリー
    症例は81歳,女性である.X年前に右脛骨近位軟骨肉腫の診断で広範切除+腫瘍用人工膝関節(HMRS)挿入術を受けた.その後,当科外来で経過観察されていた.X+20年3月に右下腿の疼痛を自覚し近医受診した.X線にて右脛骨の骨透亮像をみとめ,腫瘍の再発を疑われて当科受診となった.X+20年11月に切開生検を行った.病理診断は軟骨肉腫の再発であった.大腿切断を勧めたが,本人が断固として拒否したため,患肢温存の方針とした.残存脛骨をHMRS脛骨コンポーネントと一塊として切除し,HMRSを用いて脛骨全置換を行い,ステムを一部切断して足関節を固定して再建した.創が縫合閉鎖出来ず,植皮を行った.術後膝蓋骨脱臼を生じたため手術を行ったが,再建術後1年半の現在,軟骨肉腫の再発・転移はみとめず,短距離歩行や移乗は自立して行っている.
  • 又吉 修子, 當銘 保則, 前原 博樹, 喜友名 翼, 金谷 文則
    2016 年 65 巻 4 号 p. 641-644
    発行日: 2016/09/25
    公開日: 2016/12/06
    ジャーナル フリー
    傍骨性骨軟骨異形増生は,手足の短管骨に好発し傍骨性腫瘤を形成する疾患である.今回我々は,脛骨骨幹部に発生した傍骨性骨軟骨異形増生の稀な1例を経験したので報告する.症例は12歳,男児.1年前,サッカー中に右下腿前面を打撲した後より同部位に腫瘤を自覚した.腫瘤が徐々に増大し運動後の疼痛を認めるようになったため,近医を受診した.脛骨前面に発生した骨腫瘍を疑われ,精査目的に当科へ紹介された.右下腿中央内側に5 cm大の骨性隆起を認め,単純X線像で脛骨近位骨幹端から骨幹部にかけて辺縁整で台地状に隆起した骨腫瘍を認めた.MRIでは,T1強調像で低信号,T2強調像では腫瘍基部で低信号,隆起部では高信号を示す二層性の変化を認めた.腫瘍隆起部に造影効果を認めた.切開生検術を行い,傍骨性骨軟骨異形増生と診断された.腫瘍基部を含む切除術を施行し,現在術後1年2ヵ月で再発を認めず,切除部に骨形成を認める.
  • 宮田 倫明, 富田 雅人, 尾﨑 誠
    2016 年 65 巻 4 号 p. 645-648
    発行日: 2016/09/25
    公開日: 2016/12/06
    ジャーナル フリー
    【はじめに】股関節回転形成術(hip rotationplasty)を行った3例を経験したので報告する.【症例1】55歳男性.左大腿骨肉腫に対して人工骨頭が挿入されていた.術後7年で遅発性感染を生じデブリードマンを行った.早期社会復帰を希望したため本術式を選択.【症例2】44歳男性.14歳時に右大腿遠位部の骨肉腫に対し放射線治療が行われた.20歳時に大腿骨病的骨折を生じ骨髄内釘固定されていた.今回,放射線治療による2次性骨肉腫を発症し股関節離断術を勧めたが納得してくれず本術式を選択.【症例3】42歳男性.左大腿骨平滑筋肉腫の症例である.術前化学療法中に左大腿骨頚部の病的骨折を生じた.手術法については本人が手術は二度と受けたくないとの希望が強く本術式を選択.【考察】股関節回転形成術は見た目の悪さが最大の欠点だが,股関節離断術や多数回の手術を望まない患者に対しては選択肢の1つになりうると考えた.
  • 遠矢 政和, 横山 良平, 大石 秀和
    2016 年 65 巻 4 号 p. 649-651
    発行日: 2016/09/25
    公開日: 2016/12/06
    ジャーナル フリー
    【目的】骨盤発生の悪性骨腫瘍に対する手術は解剖学的な複雑さから難易度が高く合併症も多い.当科で行った骨盤腫瘍症例8例の術後合併症について検討した.【対象と方法】対象は2003年8月から2012年2月の間に,当科にて同一術者による骨盤悪性骨腫瘍の手術を行った8人(男性3人,女性5人)であり,平均年齢は28.8歳(15~53歳),病理組織はEwing肉腫5人,軟骨肉腫2人,悪性線維性組織球腫1人であった.術式と皮膚切開のデザイン,手術時間・術中出血量,術後合併症,術前の放射線照射の有無について検討を行った.【結果と考察】平均手術時間は698分(318-1155分),平均出血量は2034 mL(820-3500 mL)であった.8人中6人に比較的大きな術後合併症を生じた.感染4人,皮膚壊死3人,コンポーネントの脱臼・脱転が各1人であり,6人すべてで観血的治療を要した.皮膚壊死を生じた3人はいずれも大腿前面外側に至る皮膚切開を用いていた.放射線照射の既往を有する4人中3人で術後創部感染を来した.観察期間は14-141ヶ月であり,局所再発2人を含めて4人が腫瘍死を来し,無病生存中は4人であった.
  • 吉本 昌人, 松延 知哉, 前川 啓, 播广谷 勝三, 松本 嘉寛, 小田 義直, 岩本 幸英
    2016 年 65 巻 4 号 p. 652-654
    発行日: 2016/09/25
    公開日: 2016/12/06
    ジャーナル フリー
    【目的】Chondromyxoid fibroma(軟骨粘液線維腫,以下CMF)は10~20歳代に好発するまれな良性骨腫瘍である.今回,腫瘍掻爬後に軟部再発した症例を経験したため,文献的考察を加え報告する.【症例】12歳,男児.2012年3月頃より誘因なく左母趾痛が出現し,単純X線で左母趾基節骨骨腫瘍を指摘され,当院紹介となった.切開生検の結果CMFであり,2013年7月に腫瘍掻爬,フェノール・エタノール局所補助療法,自家腸骨移植を施行した.経過良好であったが,2014年8月に左母趾足底に硬結を触れ,単純X線で足底部皮下に1 cm大の骨化性病変を認めた.次第に増大したため,2015年6月に腫瘍摘出術を施行した.病理診断の結果はCMF再発であった.【考察】CMFは骨腫瘍全体の1%以下と稀な疾患である.諸家の報告によると,術後局所再発は約30%と比較的高率であったが,多くは骨再発である.渉猟する限り,軟部再発例の報告は4例であり,文献的考察を含めて報告する.
  • 戸田 雅, 帖佐 悦男, 坂本 武郎, 関本 朝久, 渡邊 信二, 濱田 浩朗, 池尻 洋史, 中村 嘉宏, 舩元 太郎, 日吉 優, 川野 ...
    2016 年 65 巻 4 号 p. 655-657
    発行日: 2016/09/25
    公開日: 2016/12/06
    ジャーナル フリー
    【はじめに】Denosumabは骨巨細胞腫(GCT)に対して近年承認された治療薬であり,良好な治療成績が報告されている.今回当院でdenosumab投与を行ったGCT 2例について報告する.【症例1】46歳男性.左腸骨GCTと診断.TEA施行後,en bloc切除を行い,切除骨片の腫瘍掻爬と液体窒素処理を行った.術後1年の単純X線から骨巨細胞腫の再発を認めた.Denosumab使用開始し,以降観察で骨溶解の進行は認められないが骨形成も認めない.【症例2】26歳男性.右坐骨GCTと診断.Denosumab使用開始し,以降骨融解による消失した坐骨部の著明な骨形成を認めている.【考察】切除不能なGCTに対する治療戦略として,近年承認されたdenosumabは腫瘍サイズダウンや骨形成,遠隔転移巣への効果を示すが,使用中止によるGCT再発や長期使用の安全性の不確立などから長期観察が必要である.
  • 村岡 邦秀, 副島 修
    2016 年 65 巻 4 号 p. 658-661
    発行日: 2016/09/25
    公開日: 2016/12/06
    ジャーナル フリー
    症例は62歳女性である.手根管症候群を疑われ当院を紹介受診した.当院初診時,左手掌中央部に硬い腫瘤を触知し,そこから示・中指へ放散する強い圧痛を認めていた.疼痛の程度は著しく,患者は患肢を手袋で被ってその手に触れられることも拒絶する程であり,CRPS患者で観察されるアロデニアや痛覚過敏を連想させる症状であった.MRIでは,手根管の遠位部にT1 low,T2 isoからlow intensityを呈する腫瘤を認めた.今回の症状の責任病巣と判断し摘出手術を行った.腫瘍は手根管の遠位やや橈側に存在する境界明瞭で白色の硬い20×15 mm大の腫瘤であり,腫瘍と表層の血管との間で第1総掌側指神経が絞扼されていた.腫瘍は一塊として摘出でき,その後症状は速やかに改善した.病理組織学的診断は腱鞘線維腫であった.腱鞘線維腫は手・手指に発生する稀な腫瘍である.手根管症候群や弾発指の症状を呈することはあるが,本症例においては強い手指の神経症状を伴っていた.
  • 中山 博尭, 奥野 宏昭, 福田 雄一, 加納 正雄, 麩谷 博之, 吉矢 晋一
    2016 年 65 巻 4 号 p. 662-664
    発行日: 2016/09/25
    公開日: 2016/12/06
    ジャーナル フリー
    【はじめに】腱鞘線維腫は手指に好発するとされるが,今回足底部に発症した腱鞘線維腫を経験したので報告する.【症例】67歳男性,2ヶ月前より特に誘因なく右足底部に腫瘤を認め,歩行時に違和感あるため当院受診となった.局所所見では右母趾MTP関節底側に約3×3 cmの弾性硬の腫瘤を認めた.MRI上はT1強調像で低信号,T2強調像で低信号と高信号が混在し,造影では腫瘍の辺縁が造影された.術中所見において,腫瘤は長母趾屈筋腱の腱鞘直上に存在していた.病理組織像は紡錘状の線維芽細胞の増生が膠原線維を伴って増加していた.以上より長母趾屈筋腱より発生した腱鞘線維腫と診断した.術後6ヶ月の現在再発は認めていない.【考察】腱鞘線維腫の好発部位は一般的に手指とされている.本症例は足部発生例であり,渉猟し得た範囲で2報告しかなく,珍しい症例と考える.鑑別疾患としては腱鞘巨細胞腫が挙げられる.【結語】当院で経験した比較的稀とされる足底部に発生した腱鞘線維腫の1例を報告した.
  • 阿部 徹太郎, 糸永 一朗, 田仲 和宏, 河野 正典, 岩崎 達也, 津村 弘
    2016 年 65 巻 4 号 p. 665-668
    発行日: 2016/09/25
    公開日: 2016/12/06
    ジャーナル フリー
    【はじめに】骨盤外子宮内膜症の中で頻度の少ない鼠径部内膜症の1例を経験したので報告する.【症例】症例は45歳女性.左鼠径部に安静時痛を伴う腫瘤を認め近医を受診した.MRIで軟部腫瘍が疑われ当科紹介となり,診断確定のため切開生検を施行した.病理組織検査では血腫の診断であったが,画像上,子宮円索と連続する所見があり,異所性子宮内膜症を疑い,切除を行った.術中,肉眼的に腫瘤の境界は不明瞭であり,子宮円索と連続していることを確認し切除した.切除組織の病理組織検査は異所性子宮内膜症の診断であった.術後,疼痛は消失し,現在まで再発はない.【考察】月経随伴症状を認めない場合,異所性子宮内膜症の診断は困難である.症状を自覚していても,整形外科受診時に医療者側へ伝えない可能性もある.生殖年齢女性の鼠径部に有痛性の腫瘤があり,特に鼠径管付近に発生している場合は,異所性子宮内膜症を考慮し,問診内容に注意が必要と考える.
  • 岩永 隆太, 富永 康弘, 田口 敏彦, 村松 慶一, 伊原 公一郎
    2016 年 65 巻 4 号 p. 669-672
    発行日: 2016/09/25
    公開日: 2016/12/06
    ジャーナル フリー
    深部に発生した脂肪性腫瘍は良悪の診断に難渋する場合がある.当院における深部発生脂肪性腫瘍の診断と治療成績を報告する.対象は,2005年4月から2015年4月まで当院で加療した52例(男22女30)で,平均年齢64歳(36~84),発生部位は大腿23例上腕10背部6頸部4前腕3胸腹部3その他4,平均観察期間は6ヵ月(3~72)であった.診断は,筋内脂肪腫15例,筋間脂肪腫22,異型脂肪腫様脂肪腫16であった.異型脂肪腫様脂肪腫2例(13%)に再発・脱分化を認めた.異型脂肪腫様脂肪腫と筋内・筋間脂肪腫の最大径を比較すると,有意に前者が大きかった(平均182 mm vs 86 mm, p<0.01).筋間脂肪腫はダンベル型を,筋内脂肪腫・異型脂肪腫様脂肪腫は球形を呈することが多かった.異型脂肪腫様脂肪腫は再発・脱分化する症例があり慎重な経過観察を要する.
  • 松田 光太郎, 平岡 弘二, 濱田 哲矢, 原口 敏昭, 庄田 孝則, 大島 孝一, 志波 直人
    2016 年 65 巻 4 号 p. 673-676
    発行日: 2016/09/25
    公開日: 2016/12/06
    ジャーナル フリー
    臀部のEpidermal cystに扁平上皮癌の発生をみた1例を経験したので報告する.63歳男性.4年前より左臀部に小腫瘤を自覚.徐々に増大し4か月前より発赤・疼痛が出現.一部が自壊し,浸出液を認めたため近医を受診.感染性粉瘤の疑いであったが,腫瘤のサイズが大きく精査のため当院整形外科紹介となった.腫瘤は,MRIにて壁の肥厚した嚢胞の内部に浸出液を認め,周囲には炎症がみられた.壁の肥厚部位の悪性化を確認するため針生検を施行するも,結果はInfectious epidermal cystであった.後日辺縁切除施行.病理組織では,Epidermal cystの嚢胞内壁より扁平上皮癌が発生している所見を認めた.直ちに追加広範切除施行し,術後1年の現在,再発は認めていない.臀部Epidermal cystから扁平上皮癌が発生した報告は散見されるが,感染性粉瘤の所見を示す場合,MRIを施行せずに切除する症例も多いと思われる.大きな腫瘤の場合は,MRI検査で嚢胞内壁の肥厚を確認することが重要と考えられる.
  • 中添 悠介, 田口 勝規, 前原 史朋, 太田 真悟, 土居 満
    2016 年 65 巻 4 号 p. 677-679
    発行日: 2016/09/25
    公開日: 2016/12/06
    ジャーナル フリー
    可動域制限を有する痛風性膝関節炎2例に対して関節鏡視下に滑膜切除術を行い,良好な成績が得られたので,手術適応および治療法などにつき考察を加える.【症例1】40歳男性,未治療の高尿酸血症の既往あり.左膝関節腫脹を伴う疼痛と歩行障害で当科紹介受診となる.初診時屈曲85度伸展-40度と可動域制限を認めた.関節液検鏡で尿酸塩結晶が陽性,MRIで滑膜炎と結節性病変を関節内に認め,痛風性膝関節炎を疑った.関節鏡視下滑膜切除術を行い,屈曲120度伸展0度まで改善した.【症例2】61歳男性,高尿酸血症で内服治療中であった.右膝関節腫脹を伴う疼痛と歩行障害で当科紹介となる.初診時屈曲90度伸展-30度と可動域制限を認めた.症例1と同様に痛風性膝関節炎と判断し,鏡視下滑膜切除術後,屈曲140度伸展0度まで改善を認めた.可動域制限を有する痛風性膝関節炎は,保存治療では改善が難しいため,手術治療が有用である.
  • 堀川 朝広, 久保田 健治, 小田 勇一郎, 原 慎太郎
    2016 年 65 巻 4 号 p. 680-685
    発行日: 2016/09/25
    公開日: 2016/12/06
    ジャーナル フリー
    【はじめに】内側開大式高位脛骨骨切り術(以下OWHTO)は術後に膝蓋骨低位が発生する問題点がある.我々は膝蓋骨低位にならない手術手技として近位骨片に脛骨粗面を連続させ骨切りを行う方法(distal-tuberosity osteotomy, 以下DTO)を施行してきた.本研究では従来の遠位骨片に脛骨粗面を連続させる方法(proximal-tuberosity osteotomy, 以下PTO)とDTOを比較検討した.【対象と方法】OWHTOを施行した59膝をPTO群(P群)30膝とDTO群(D群)29膝とに分けた.それぞれの骨切り開大角度,脛骨後傾角,術前術後の膝蓋骨の高さ,また鏡視下に膝蓋大腿関節面を評価した.【結果】平均開大角度はP群9.4°,D群12.0°であった.脛骨後傾角はP群で10.8°から11.8°,D群で10.1°から10.9°に増大したが有意差はなかった.Blackburne-Peel比でP群が術後に平均0.11(有意差あり),D群が平均0.05(有意差なし),Caton Deschamps indexではP群が術後に平均0.12(有意差あり),D群が平均0.05(有意差なし)低下した.また,P群では開大角度が増大するにつれて膝蓋骨がより低下したが,D群ではほぼ変化しなかった.膝蓋大腿関節の変性はP群で33.3%が進行したが,D群では9.1%のみが進行し86.4%は不変であった.【考察】DTOは術後の膝蓋骨低位や膝蓋大腿関節変性を抑えうることが示唆された.
  • 黒木 綾子, 米倉 暁彦, 金丸 由美子, 富田 雅人, 尾﨑 誠
    2016 年 65 巻 4 号 p. 686-691
    発行日: 2016/09/25
    公開日: 2016/12/06
    ジャーナル フリー
    【目的】大腿骨遠位部骨切り術(Distal Femoral Osteotomy, DFO)は大腿骨遠位部に変形中心を持つ変形性膝関節症(膝OA)が適応で,その報告は少ない.今回外側型膝OAに対しDFOを行ったので報告する.【対象】3例3膝,平均年齢51歳,経過観察期間は平均14.7ヵ月.目標% Mechanical Axis(%MA)を40%に設定し,TomoFix plateを用いたclosed wedge DFOを施行した.術前後のKnee Injury and Osteoarthritis Outcome Score(KOOS)と立位%MAを検討した.【結果】KOOS painは術前平均64点から術後1年平均89.7点に改善した.立位%MAはそれぞれ70→27%,97→34%,68→39%へ矯正され,全例で骨癒合が得られた.【考察】DFOは外側型膝OAに対する有用な関節温存手術である.
  • 村山 雅俊, 井手 衆哉, 長嶺 里美, 田島 智徳, 染矢 晋佑, 園畑 素樹, 馬渡 正明
    2016 年 65 巻 4 号 p. 692-695
    発行日: 2016/09/25
    公開日: 2016/12/06
    ジャーナル フリー
    近年,前十字靭帯温存型TKAが行われるようになり,その適応判断には術前にACLを評価することが重要である.ACL機能不全がある膝OAでは,大腿骨と脛骨のcontact pointは後方へ移動し,顆間窩骨棘の増生がACL損傷を惹起する可能性がある.そこで膝OAに対するACL損傷の程度を術前に予測するため,CTにて内側脛骨関節面で最大骨欠損部位からcontact pointを調査し,さらに顆間窩骨棘の部位と大きさを計測し,術中確認したACL損傷形態との関連について検討した.対象は内側型膝OAにてTKAを行った37例51膝であり,術前の再構築CTを用いて,顆間窩骨棘の部位と大きさ,さらに内側脛骨関節面で最大の骨欠損の前後位置を調査し,術中に確認し5段階評価したACL損傷形態との関連を調査した.ACL損傷形態とcoontact pointとの間には有意な相関を認め,ACL損傷程度が強いほど骨欠損部は後方であった.また顆間窩外側顆下部の骨棘が大きいほどACLは損傷しており,ACL評価にはCT所見が有用であった.
  • 福田 宣義, 石河 利之, 永田 純一, 内藤 正俊
    2016 年 65 巻 4 号 p. 696-699
    発行日: 2016/09/25
    公開日: 2016/12/06
    ジャーナル フリー
    稀な10代の肘部管症候群の2例について報告する.男性1例,女性1例,年齢は18歳,19歳で右1例,左1例であった.スポーツ種目は弓道,テニスであった.発症から手術までの期間は約20ヶ月,27ヶ月であった.術前の赤堀の評価では1例は第1期,1例は第1,2,3期と当てはまらなかった.術式は2例とも尺骨神経皮下前方移行術を行った.1例は術後約1週でclaw hand変形は改善し,術後3週で軟式テニスに復帰した.1例は術後4週で弓道の試合に出場している.若年の肘部管症候群では電気生理学的な異常が少なく保存療法の効果は乏しいと報告されている.我々の症例でも電気生理学的な異常は認めず,保存的治療では改善せず,手術を要した.
  • 村岡 邦秀, 副島 修
    2016 年 65 巻 4 号 p. 700-702
    発行日: 2016/09/25
    公開日: 2016/12/06
    ジャーナル フリー
    2009年10月から2014年8月までに当院で手術を行ったTFCC損傷のうち,スポーツ障害と考えられた18例19手(男15,女3)を対象とした.平均年齢は30.1歳,術後平均経過観察期間は45.1ヵ月である.種目別ではゴルフ4,テニス4,バスケットボール2,剣道2,野球,柔道,格闘技,アイスホッケー,ボーリング,レスキューがそれぞれ1例であった.Palmer分類別では,IA:4,IB:1,ID:2,IB+ID:1,IIB:4,IIC:6,IIE:1手であった.手術は全例に手関節鏡視下デブリードマンを行った.手関節機能評価(日本手外科学会)をスコアリングし術前後で比較した.また術後成績に影響を与えうる因子(ulnar variance,Palmer分類,DRUJ laxity)ごとにそれぞれ2群にわけて最終スコアを比較検討した.その結果,最終スコアは術後有意に改善し,いずれの要因もスコアに影響していなかった.今回の結果から特に早期復帰を希望するスポーツ選手に対しては,まず鏡視下デブリードマンを選択しても良いのではないかと考えた.
  • 髙井 浩和, 記伊 祥雲, 髙井 聖子, 清田 克彦, 久保田 晃志, 重本 弘文, 髙橋 修一朗, 中根 惟武, 髙橋 知幹
    2016 年 65 巻 4 号 p. 703-706
    発行日: 2016/09/25
    公開日: 2016/12/06
    ジャーナル フリー
    膝蓋骨脱臼に合併した膝蓋骨の骨軟骨骨折に骨接合を行った2例を報告する.2例ともに野球中バットを振った際に膝をひねり受傷.CTにて膝蓋骨の骨欠損を認めた.手術は内側傍膝蓋アプローチにて膝蓋骨を翻転し骨軟骨片を整復した.症例1は,骨軟骨片も22×32 mmであり骨軟骨片自体に,症例2は,骨軟骨片が13×19 mmと小さく,骨軟骨片の周りに4点骨孔を作成しcerclage wireを2本かけpull-out法で固定した.術後1年,3年が経過し単純X線・CTにて骨癒合が確認され,症状なくスポーツ復帰している.現在,吸収性固定材料が剪断性骨軟骨骨折に伴う骨軟骨片の固定材料の主流であるが,今回の固定法は,骨軟骨片が小さくて薄く,海綿骨の付着が乏しいものや,吸収性固定材料の使用が困難な症例に対しては良い適応になると思われる.
  • 荒木 貴士, 古市 格, 井上 拓馬, 小河 賢司, 渡邉 航之助, 秋山 隆行, 桑野 洋輔
    2016 年 65 巻 4 号 p. 707-710
    発行日: 2016/09/25
    公開日: 2016/12/06
    ジャーナル フリー
    小児に生じる比較的稀な脛骨粗面骨折の1例を経験したので報告する.【症例】14歳,男児,サッカー部.既往は小学4年時に左Osgood-Schlatter病の指摘あり.今回サッカー試合中,右足でボールを蹴った際に軸足が相手と接触し受傷.単純X線画像,CT画像にて左脛骨粗面骨折(Watoson-Jones分類Type 3)を認めた.受傷同日に,4.0 mm CCS 2本とワッシャーを使用して観血的整復術を行った.術後のMRI画像では明らかな半月板損傷,靭帯損傷は認めなかった.術後は6週間のニーブレス固定とした.術後3ヵ月で骨癒合を認め,術後5ヵ月で抜釘を施行した.変形治癒,可動域制限,疼痛などの後遺症は認めなかった.【考察】本症例の発症機序としては,サッカーのキック動作時に軸足が相手と接触しており,大腿四頭筋が緊張した状態に強力な膝屈曲力が生じて骨折を認めたと考える.
  • 今釜 崇, 徳重 厚典, 関 万成, 目 昭仁, 田口 敏彦
    2016 年 65 巻 4 号 p. 711-714
    発行日: 2016/09/25
    公開日: 2016/12/06
    ジャーナル フリー
    【目的】当院で行ったDirect anterior approach(DAA)による人工股関節全置換術(THA)の術後脱臼例を検討し,その要因と対策を検討した.【対象】2011年よりDAAで初回THAを行い,術後1年以上経過観察した98例103関節を対象とした.【結果】脱臼例は2例2股で,いずれも術後3ヵ月以内の前方脱臼であった.2例とも立位で後ろを振り向く動作の際に股関節伸展外旋位となり脱臼した.1例は立位でのcup anteversion,combined anteversionがやや強く,さらに術後ステムのsinkingを認めた例であった.2例とも脚延長量は少なめであった.【考察】脱臼例は軟部組織の緊張がやや緩かったことと,立位でのcombined anteversionが強かったことが主因と考えられた.DAAの場合,伸展時の軟部組織の緊張を保ちインプラントの設置角は前捻を抑えるように調整することが重要と考える.
  • 明石 浩介, 今釜 崇, 徳重 厚典, 田口 敏彦
    2016 年 65 巻 4 号 p. 715-717
    発行日: 2016/09/25
    公開日: 2016/12/06
    ジャーナル フリー
    人工股関節再置換術(再置換)において寛骨臼に骨欠損を認める症例に対し,十字プレートを用いて寛骨臼再建術を行った症例について,その治療成績を調査した.2001年~2013年に当院で十字プレートを用いて再置換を施行し,術後1年以上経過観察しえた14例15股を対象とした.男性2股,女性13股,手術時平均年齢は68.1歳,術後平均観察期間は4年7ヵ月であった.Kawanabe分類ではstage 1が1股,stage 2が8股,stage 3が4股,stage 4が2股であった.JOA scoreは術前平均43.9点が術後平均73.9点に改善した.荷重部の骨移植はチップ状同種骨が10股,塊状同種骨が5股であり,チップ状同種骨10股のうち3股に十字プレートのmigration,そのうち2股にプレート破損を認めた.過去の報告と同様に,本研究においても骨移植に関しては塊状同種骨が適していると考えられた.
  • 河野 俊介, 北島 将, 園畑 素樹, 馬渡 正明
    2016 年 65 巻 4 号 p. 718-722
    発行日: 2016/09/25
    公開日: 2016/12/06
    ジャーナル フリー
    【要約】Polyethylene wearによる問題解決を目的に開発されたceramic-on-ceramic THAの長期臨床成績を明らかにするため,1998年9月から2000年7月に当院にて京セラ製Alumina Bearing Surface(ABS)systemを用いて初回人工股関節全置換術を行った229例270股を対象とし,再手術症例を調査し,15年以上の生存率を算出した.ceramic摺動面の破綻により67股に再置換術が行われ,その他,頻回脱臼2股,stem neck折損1股,stem周囲骨折1股,implantのゆるみ6股,関節内血腫1股で再置換術が行われていた.ceramic摺動面破綻をend pointとした15年生存率は63%,全ての再置換術では58%であった.ABS systemは,sandwich形状のceramic linerに起因する問題のほか,ゆるみの発生もみられた.
  • 緒方 光次郎, 渡邉 弘之, 相良 孝昭, 瀬形 建喜, 清家 一郎, 畠 邦晃, 寺本 周平, 浦上 勝
    2016 年 65 巻 4 号 p. 723-725
    発行日: 2016/09/25
    公開日: 2016/12/06
    ジャーナル フリー
    【目的】当科では寛骨臼形成不全に対し1992年より寛骨臼回転骨切り術(Rotational Acetabular Osteotomy以下RAO)を導入し長期間経過観察を行い,その成績について報告を行ってきた.今回当科で両側寛骨臼形成不全に対して片側のみRAO施行された症例のうち,RAO術後10年以上経過観察が可能であった23例を対象とし,病期分類の変化及び臨床所見について比較しRAOの状態と非手術側股関節との関連性について検討した.【方法】上記23例に対して術直後及び,最終観察時の病期分類の変化,臨床所見の変化を比較検討した.病期が進んだものを経過不良群,病期が進まなかったものを経過良好群として比較した.【結果・考察】RAO手術側の術後経過が悪ければ,非手術側の経過が悪化するという両者の関連性が認められた.当科での過去の報告を加味すると,両側寛骨臼形成不全においてRAO手術側と非手術側は互いに関連性があり,両側RAOを施行することで互いに良い影響を与えることが示唆された.
  • 田中 寿人, 笠原 貴紀, 秋山 菜奈絵
    2016 年 65 巻 4 号 p. 726-733
    発行日: 2016/09/25
    公開日: 2016/12/06
    ジャーナル フリー
    【はじめに】変形性脊椎症の骨棘形成は変性等によって起こるといわれているが詳細なメカニズムは不明である.同様な形態を生じ,疾病期間が短い椎体骨折について椎体終板に着目して関連性を調べた.【症例と方法】症例は平成26年度,当院にて椎体骨折にて治療3ヶ月以上行い,XPとMRIを撮影できた29例(女性23例,男性6例,平均年齢79.8歳,平均観察期間8.3ヶ月)である.XP評価は吉田の分類,MRI評価は中野の分類を用い,椎体骨折後骨棘形成との関連性を調べた.【結果】吉田の分類で終板ずれ型は椎体終板が変形するため,大きく骨棘形成が起こった.終板圧潰型では終板の落ち込みが強い場合は前方突の骨棘形成が起こった.MRIにて後壁損傷がある場合は椎体の落ち込みが大きく,椎間板高も減少するため骨棘形成が起こった.【考察】MRIではXPよりも詳細に終板を観察可能であった.変形性脊椎症を早期予測する事でより効果的な医療介入の可能性を示していた.
  • 有隅 晋吉, 池村 聡, 松井 元, 井口 貴裕, 光安 浩章, 酒見 勇太, 馬渡 太郎
    2016 年 65 巻 4 号 p. 734-737
    発行日: 2016/09/25
    公開日: 2016/12/06
    ジャーナル フリー
    【目的】上腕骨近位端骨折に対してMode Proximal Humeral Plate(以下PHP)を用いて骨接合術を行った症例のX線学的所見を含めた術後短期成績の検討を行うこと.【対象】2014年11月以降にPHPを用いて骨接合術を行った14例14肩(男性1例,女性13例)を対象とした.手術時平均年齢は68歳(31~84歳)で,術後平均観察期間は4.7ヶ月(3週~9ヶ月),骨折型はNeer分類2-part:4例,3-part:9例,4-part:1例であり,AO分類A1.1:1例,A2.1:1例,A2.2:2例,B1.1:9例,B1.2:1例であった.【結果】術後1ヶ月未満の症例を除いて,全例骨癒合を認め,矯正損失(内反変形)やスクリューのバックアウトは認めなかった.【考察】PHPは骨頭方向へ最大10本のスクリューが挿入可能である点やInferomedial screwの打ち上げ角度が大きく確実に近位骨片へ挿入でき内側支持性を得られる点など,骨梁構造が低下した高齢患者の骨接合術に用いる固定材料として有用と考えられた.
  • 橋本 卓, 原田 洋, 増田 祥男, 諸岡 正明
    2016 年 65 巻 4 号 p. 738-743
    発行日: 2016/09/25
    公開日: 2016/12/06
    ジャーナル フリー
    手術的加療を行った上腕骨近位端骨折12例の治療成績及び問題点について検討した.男性3例,女性9例,受傷から手術までの期間は平均6.2日,手術時平均年齢は68.1歳,術後経過観察期間は平均17.3ヶ月であった.10例にロッキングプレート,1例に髄内釘による骨接合術を,AO type C2の1例にリバース型人工肩関節置換術を施行した.手術時間は平均103.6分,出血量は平均136.5 mlであった.最終経過観察時の日本整形外科学会肩関節疾患治療成績判定基準(JOAスコア)およびneck-shaft angle(NSA)を計測し矯正損失を評価した.全例に骨癒合が得られ,JOAスコアは平均89.1点であった.NSAは最終経過観察時までに平均1.9度の矯正損失がみられたが全て5度未満の損失であった.骨脆弱性のある大結節粉砕骨折例では術後再転位のリスクがあり,後療法を遅らせるなどの注意が必要である.
  • 水光 正裕, 宮本 俊之, 福島 達也, 田口 憲士, 竹内 潤, 米倉 暁彦, 富田 雅人, 尾﨑 誠
    2016 年 65 巻 4 号 p. 744-747
    発行日: 2016/09/25
    公開日: 2016/12/06
    ジャーナル フリー
    【はじめに】今回我々は上腕骨骨幹部骨折に対して,前方アプローチによるMIPO法で手術を行った10例の成績を検討した.【対象】男性8例,女性2例,平均年齢63歳(27~83歳),平均経過観察期間は10.2ヵ月(3~20ヵ月)であった.AO分類では12-A1:5例,A3:2例,B1:1例,B2:1例,C1:1例であった.評価項目として単純X線での骨癒合の有無,術後合併症の有無,最終観察時の臨床評価をUCLA Shoulder rating scale(>27 Good/Excellent)を用いて検討した.【結果】全例骨癒合を認め,前方Platingに伴う神経麻痺等の合併症は認めなかった.UCLA Shoulder rating scaleは平均30.6点(22~35)と良好であった.【考察】前方アプローチによるMIPO法では,神経血管損傷のリスクが減り,術後の肩関節障害も軽減し,良好な治療成績を得ることができた.
  • 尾上 英俊, 中村 厚彦, 亀川 史武, 野田 昌宏, 稲光 秀明, 柴田 光史
    2016 年 65 巻 4 号 p. 748-751
    発行日: 2016/09/25
    公開日: 2016/12/06
    ジャーナル フリー
    同側の開放性上腕骨遠位端骨折とモンテジア骨折を合併した成人の症例を経験したので報告する.症例:49歳男性,バイク走行中に右折してきた車と衝突し飛ばされて,他の車のフロントガラスに右腕から突っ込んで受傷し当院へ救急搬送された.初診時現症:右上腕遠位後面に開放創を認め,骨折した上腕骨が飛び出していた.単純X線で右開放性上腕骨遠位端骨折(Gustilo type 3 a, AO分類C1)と同側のBado分類typeIのモンテジア骨折を認めた.尺骨はAO分類C2の分節骨折であった.治療経過:洗浄後,第17病日に上腕骨はDistal humeral plate,尺骨はsmall DCPを用いて骨接合術を行った.橈骨頭脱臼は尺骨を骨接合することで閉鎖性に整復された.骨癒合は良好で術後1年11か月の最終調査時,肘関節伸展-35°屈曲130°,前腕回外90°回内60°で肘機能スコアーは80点であった.
  • 松下 紘三, 安樂 喜久, 堤 康次郎, 安藤 卓, 立石 慶和, 田原 隼, 井手尾 勝政
    2016 年 65 巻 4 号 p. 752-755
    発行日: 2016/09/25
    公開日: 2016/12/06
    ジャーナル フリー
    【目的】今回我々は外傷性鎖骨近位骨端線損傷に対し,観血的に整復・鋼線固定を行った症例を経験したので報告する.【症例】16歳男性,柔道中に左肩から落下し受傷,同日当院紹介搬送された.造影CTにて左鎖骨近位端は後方に転位し大動脈と接しており,同日観血的手術を施行した.SH 2型の骨端線損傷を認め,鎖骨の直達牽引では整復不能で,Kapandji法に準じて整復し,1.5 mm Kirscher-wire 2本を鎖骨髄内より骨端線・胸鎖関節を通して胸骨に固定した.術後7週目に胸鎖関節でのピンの折損を認め,術後8週にて抜釘行った.骨端線の不安定性は認めなかった.【考察】鎖骨近位骨端線の閉鎖は23~25歳と遅く,それ以前の年齢層の外傷性胸鎖関節脱臼の多くは骨端線損傷であるとされる.本症例では髄内鋼線固定により安定性は得られたが,ピンの折損を認めた.鋼線の径や抜釘時期に関して検討が必要と考えられた.
  • 小島 岳史, 久保 紳一郎, 田島 直也, 野崎 正太郎, 三橋 龍馬, 帖佐 悦男
    2016 年 65 巻 4 号 p. 756-760
    発行日: 2016/09/25
    公開日: 2016/12/06
    ジャーナル フリー
    【はじめに】肩鎖関節脱臼に対しhook plateによる治療を選択してきたが,術後の可動域制限,抜釘必須,抜釘後再脱臼等の問題があった.最近エンドボタンと縫合糸による烏口鎖骨靭帯再建を低侵襲で施行できるZip Tight®(BIOMET社)が使用可能となった.当院にて4例に使用し,術後6ヶ月~1年経過した例について検討した.【対象と方法】2014年4月~2015年1月に肩鎖関節脱臼Rockwood typeIIIにて手術施行した4例(男性2例,女性2例),平均年齢41.3歳(24~50歳),手術待機期間は5.8日(2~12日),術後経過観察期間は10.5ヶ月(6~12ヶ月)であった.術後成績は日本肩関節学会肩鎖関節機能評価(以下JSS-ACJスコア)で評価と,術後X線評価を行った.【結果・考察】JSS-ACJスコアは平均96点(92~100点),X線評価は術後脱臼なしが2例,50%未満の亜脱臼位が2例であった.術後長期可動域制限不要・抜釘不要・低侵襲といった長所はあるが,術後亜脱臼を2例に認めたため,後療法・手術方法の見直しが必要と思われた.
  • 蒲地 康人, 岡崎 慎吾, 中江 一朗, 中川 愛梨, 川﨑 優二, 秋吉 寿, 吉田 史郎, 仲摩 憲次郎, 白濵 正博, 志波 直人
    2016 年 65 巻 4 号 p. 761-764
    発行日: 2016/09/25
    公開日: 2016/12/06
    ジャーナル フリー
    【背景】胸骨骨折に対して保存的治療が行われたが,強い疼痛を伴う偽関節となったため手術を行った症例を経験したので報告する.【症例】54歳,男性.交通外傷にて胸骨骨折をきたした.多発肋骨骨折を認めていたが,呼吸状態も安定しており,バストバンドを用いた外固定を行った.受傷後8ヶ月経っても強い疼痛と転位を伴う胸骨骨折後の偽関節を認めたため手術を施行した.手術はロッキングプレートと自家骨移植を併用し,術後3ヶ月で疼痛は軽減し骨癒合を認めた.【考察】胸骨骨折のほとんどの症例が保存的治療にて治癒するが,転位が大きく整復困難な症例や偽関節に対しては,観血的固定術が考慮され,ロッキングプレートと自家骨移植を併用した手術が有用である.【まとめ】胸骨偽関節に対して,ロッキングプレートと自家骨移植を併用した手術は有用である.
  • 宮本 瞬, 吉野 興一郎, 酒井 和裕, 濱崎 将弘, 馬渡 玲子, 古川 雄樹, 宮地 有里, 田中 希, 杉田 健
    2016 年 65 巻 4 号 p. 765-768
    発行日: 2016/09/25
    公開日: 2016/12/06
    ジャーナル フリー
    大腿骨顆上骨折に対するロッキングプレートによる手術後に近位screwが折損した症例を2例経験した.1例目は右大腿骨顆部骨折(AO-C2)に対し受傷6日目にMIPO法に準じて骨接合術を施行するも術後6か月で近位screwが破損した.2例目は左大腿骨顆上骨折(AO-A2)に対して受傷2日目に骨接合術を施行するも免荷中の術後10日目に近位screwが折損した.2例目は,免荷が厳守できなかったことと,選択したplateが短かったことも要因と考えられるが,2例に共通して,粉砕骨折で内側の骨性支持が欠損していたことも要因と考えられた.MIPO法の原理の理解と手技の習熟が合併症を減少させ,かつ偽関節や遷延骨癒合が危惧される症例にはインプラントが破綻する前に追加手術の検討を要する.
  • 石渕 晃人, 石倉 透, 古子 剛, 福原 志東, 有田 忍, 赤星 正二郎, 馬場 賢治, 沖本 信和
    2016 年 65 巻 4 号 p. 769-772
    発行日: 2016/09/25
    公開日: 2016/12/06
    ジャーナル フリー
    大腿骨内顆骨折(AO分類33-B2)は稀な骨折であり,現在同部の解剖学的形状に合うプレートは存在しない.今回,我々は対側の腓骨遠位ロッキングプレート(Biomet A.L.P.S. Distal Fibula Plating System)を使用した1例を経験し,良好な治療成績を得たので報告する.症例は77歳女性.川岸の階段を降りる際に転落し,右膝を捻って受傷.単純X線およびCTにて右大腿骨内顆骨折を認めた.受傷後2日目に対側の腓骨遠位ロッキングプレートを用いて固定を行った.術中の固定性は良好で,術後5週より1/3部分荷重を開始し,10週から全荷重,12週で独歩退院となった.術後7ヶ月の最終観察時,膝の可動域は伸展-10°,屈曲140°と良好であった.本骨折に対して対側の腓骨遠位ロッキングプレートを用いた固定は治療の選択肢の1つとなり得ると考えられた.
  • 生田 拓也, 阿南 敦子, 細山 嗣晃
    2016 年 65 巻 4 号 p. 773-775
    発行日: 2016/09/25
    公開日: 2016/12/06
    ジャーナル フリー
    脛骨近位端の内顆後方骨片を伴う骨折に対し投げだしBURKS法を用いて手術治療を行い良好な結果を得ているので報告した.本法にて治療を行った症例は6例で,性別は男性2例,女性4例,年齢は平均57.7歳であった.骨折型はAO分類に従うとB3:2例,C1:1例,C3:3例であった.全例,仰臥位にて患肢を外転外旋位とした投げだしBURKS法にて内側の骨片固定を行い,C3の3例においては患肢を中間位に戻し外側plateの固定を追加した.全例において骨癒合が得られた.Hohl&Luckの評価では解剖学的評価でE:2例,G:4例,機能的評価でE:4例,G:2例であった.投げだしBURKS法は徳永が提唱した方法であるが,内顆後方の骨片を仰臥位で固定できるため,外側の骨片を固定する必要がある場合でも体位変換を必要とせず,症例を選べば本骨折には有用な方法であると考えられた.
  • 寺本 周平, 相良 孝昭, 瀬形 建喜, 渡邉 弘之, 畠 邦晃, 緒方 光次郎, 浦上 勝, 清家 一郎
    2016 年 65 巻 4 号 p. 776-779
    発行日: 2016/09/25
    公開日: 2016/12/06
    ジャーナル フリー
    【はじめに】当科における頚椎片開き式椎弓形成術の手術成績を年代別に分けて検討したので報告する.【対象】当科にて上記手術を施行し,術後1年以上経過観察できた61例とした.【方法】臨床評価には術前,術後のJOAスコア及び改善率(平林法)を用い,画像評価には術前,術後の頚椎弯曲指数(石原法)を用いた.65歳未満群,65歳~74歳群,75歳以上群と年齢別に分け検討した.【結果】自験例では術後の臨床成績はすべての年代で良好であり,若年者と後期高齢者群の改善率も有意差はなかった.頚椎弯曲指数は65歳未満群のみが有意に低下をしていたが,臨床成績と相関はなかった.上下肢機能別の改善率もすべての年代で良好であった.
  • 金岡 丈裕, 寒竹 司, 鈴木 秀典, 今城 靖明, 吉田 佑一郎, 西田 周泰, 田口 敏彦
    2016 年 65 巻 4 号 p. 780-782
    発行日: 2016/09/25
    公開日: 2016/12/06
    ジャーナル フリー
    頚髄症の後方手術にはC3-C7頚椎椎弓形成術(以下L)が一般的であるが,当科では低侵襲化を目的に術中電気生理学的な高位診断を行い,選択的頚椎椎弓形成術(以下SL)を施行しており,その術後成績を報告する.対象は当科で2008-15年に施行した頚椎椎弓形成術のうち,詳細な術後経過観察が可能であった54例(頚椎症性脊髄症32例,頚椎後縦靭帯骨化症16例,頚椎症性筋委縮症6例,手術時平均年齢:66.4歳,術後平均経過観察期間:44ヶ月,術式L群42例,SL群12例)である.評価項目は術前・術後のJOAスコア,JOACMEQ,X-p変化(頚椎可動域とアライメント)である.JOAスコアは両群共に良好な改善率であった.JOACMEQでは頚椎・上肢・下肢機能,QOLにおいてSL群で有意な改善を認めた.VASの頚部痛と上肢痛及びSVAにおいてSL群で有意に良好な結果を認めた.当科における選択的頚椎椎弓形成術は他の低侵襲頚椎手術と比べて遜色のない結果であった.
  • 坂本 圭, 藤本 徹, 谷脇 琢也, 岡田 龍哉, 中村 孝幸, 水田 博志
    2016 年 65 巻 4 号 p. 783-785
    発行日: 2016/09/25
    公開日: 2016/12/06
    ジャーナル フリー
    強直性脊椎炎に頸椎椎体骨折を発症した症例を経験したので報告する.【症例】79歳,男性.20歳台発症の強直性脊椎炎の患者.後方に転倒後3日経過したが頸部痛持続するため近医より当院紹介となる.X線撮影にて,C6椎体の圧潰に伴う後弯変形,CTでC6椎体―棘突起にかけての骨折線を認め,C6椎体骨折の診断でハローベスト装着後に後方固定術を施行した.C2にlaminar screw,C4,5にsublaminar wire,C7,Th1にpedicle screwを使用し,手術時間は368分,出血量は660 mlであった.術後7日目でSOMI Brace装着下にリハビリを開始した.現在の頸椎アライメントは保たれており,受傷前の生活レベルまで改善している.【考察】強直性脊椎炎における椎体骨折の報告は限られている.骨癒合不全や偽関節を呈する症例が多く,long fusionにて対応する必要がある.本症例もC2-Th1までの後方固定術で良好な経過を辿っているが今後のフォローの必要性がある.
  • 山﨑 裕太郎, 白地 仁, 信藤 真理, 田中 潤, 内藤 正俊
    2016 年 65 巻 4 号 p. 786-790
    発行日: 2016/09/25
    公開日: 2016/12/06
    ジャーナル フリー
    【はじめに】首下がり症を伴った頚椎症性脊髄症に対し,手術を行った1例を経験したので報告する.【症例】72歳男性,H25.8月頃より右肩痛を認め,12月頃より書字のしにくさが出現した.H27.1月頃より歩行時にふらつくようになった.頚椎症性脊髄症が疑われ,当院を紹介受診となった.身体所見では,両手指の巧緻運動障害,筋力低下,深部腱反射亢進,痙性歩行,頚部の伸展保持困難を認めた.画像検査では,レントゲンでのC3/6の後弯変形とMRI上C3/4/5/6での狭窄を認めた.頚椎症性脊髄症に対してC3/4/5/6の前方除圧固定術を行った.術後より首下がりが見られなくなった.巧緻運動障害,痙性歩行,レントゲンでの後弯変形の改善を認めた.【考察】頚椎症性脊髄症により首下がりを伴う症例では頚椎の後弯変形を認める.後弯を伴う場合,脊柱のアライメントを矯正する必要がある.前方固定術は首下がりを伴う頚椎症性脊髄症の手術療法に適している.
  • 鷲﨑 郁之, 大城 義竹, 六角 高祥, 勢理客 久, 金城 英雄, 金谷 文則
    2016 年 65 巻 4 号 p. 791-795
    発行日: 2016/09/25
    公開日: 2016/12/06
    ジャーナル フリー
    経過中に左右の環軸椎回旋位固定を生じたダウン症児の1例を経験したので報告する.斜頚,頚部痛が出現した2週後に当科を受診した.頚椎単純CTで環軸椎回旋位固定を認めたため,Glisson牽引を開始した.入院時は右回旋,左斜頚であったが,牽引7日後には左回旋,右斜頚と逆方向に回旋した.さらにGlisson牽引を3週間追加したが改善しなかったため,全身麻酔にて可及的整復後に中間位でhalo vest固定した.固定1週後の頚椎単純CTで左回旋の残存および後頭環椎関節での右回旋を認めたため,やや右に過矯正し固定した.固定3週後の頚椎単純CTで右回旋を認めたため,中間位に再固定した.固定8週後の頚椎単純CTで軽度右回旋が残存していたが,本人の不耐性のため9週でhalo vestを除去した.発症後6ヵ月の時点で,頚部痛,斜頚は改善し,頚椎の回旋可動域は正常である.
  • 伊藝 尚弘, 比嘉 勝一郎, 屋良 哲也, 仲宗根 朝洋, 金谷 文則
    2016 年 65 巻 4 号 p. 796-798
    発行日: 2016/09/25
    公開日: 2016/12/06
    ジャーナル フリー
    小児頚椎椎間板石灰化症は頚部の激しい疼痛と可動域制限をきたすが,ほとんどが保存的治療で治癒し予後は良好な疾患とされている.また本邦でのこれまでの報告は70例程度と比較的稀な疾患である.今回我々は本症の1例を経験したので報告する.6歳女児,1週間前に感冒様症状があったが,発熱なく数日で自然軽快した.特に誘因なく2日前に頚部痛が出現,疼痛は徐々に増強し,就眠できず当院救急外来を受診した.初診時発熱なく活気良好であったが,右斜頚位で固定され,右頚部前方に圧痛を認めた.頚椎単純X線像でC4/5椎間前方に石灰化像を,血液検査ではCRP 0.88 mg/dl,血沈(1 hr)41 mm/hと軽度の炎症反応の上昇を認め,小児頚椎椎間板石灰化症と診断した.頚椎カラー装着とアセトアミノフェン内服を開始,翌日には疼痛は著明に改善,頚部の可動域制限と圧痛は消失した.以後再発はなく,その後の単純X線像で石灰化は消退傾向を認め,初診後8カ月で完全に消失した.
  • 西 紘太朗, 諸岡 聡, 飯岡 隆, 朝長 匡
    2016 年 65 巻 4 号 p. 799-803
    発行日: 2016/09/25
    公開日: 2016/12/06
    ジャーナル フリー
    保存的加療を行った特発性脊髄硬膜外血腫の4例を経験したため文献的考察を加えて報告する.症例は36歳から84歳で男性3例,女性1例であった.初診時の主訴は,4例とも特に誘因なく発症しており,それぞれ背部痛,頸部痛,左肩痛および左半身の運動障害,背部痛および両下肢の不全麻痺であった.全例,初診は整形外科以外を受診し,大血管系疾患等が否定されMRIを施行されて脊髄硬膜外の病変を指摘されて当科紹介となった.脊髄硬膜外血腫と思われ,入院の上全例に保存加療を行った.経過において,抗凝固剤を内服していた1例においては同剤の内服を中止し,脳梗塞の発症を認めたが,神経脱落所見の出現等は全例で認めなかった.脳梗塞発症した1例は内科に転科して脳梗塞に対する加療を開始された.他症例については第11病日~第28病日に自宅退院となった.
  • 福田 和昭, 水溜 正也, 井上 哲二, 阿部 靖之, 田上 学, 横田 秀峰
    2016 年 65 巻 4 号 p. 804-806
    発行日: 2016/09/25
    公開日: 2016/12/06
    ジャーナル フリー
    術中の脊髄モニタリング(MEP)について日本脊椎脊髄病学会モニタリング委員会がアラームの基準をコントロール波形の70%減として適切な結果が得られたと報告している1).当科で2013年~2015年(25カ月間)に脊髄モニタリング下に行った136例の手術について同アラームポイントを用いた場合の有効性について検討した.結果は,感度100%,特異度94%と良好であった.またMEPアラーム陽性群の中で真陽性群と偽陽性群のSEPの振幅の変化を比較したところ真陽性群で有意な振幅の低下が認められ,偽陽性との鑑別に有用であると考えられた.
  • 佐保 明, 清水 建詞, 大友 一, 大茂 壽久, 永尾 保, 江島 健一郎, 柴田 遼, 長島 加代子, 濱田 賢治, 田原 尚直
    2016 年 65 巻 4 号 p. 807-809
    発行日: 2016/09/25
    公開日: 2016/12/06
    ジャーナル フリー
    脊髄サルコイドーシスは比較的まれな疾患であり頚髄症との鑑別が困難なことがある.今回頚椎症性脊髄症として頚椎椎弓形成術を施行後に症状が悪化し,脊髄サルコイドーシスと診断された1例を経験したので報告する.症例は56歳男性.歩きにくさ,四肢のしびれ,残尿感などが徐々に増悪し当科を紹介された.MRIにて頚髄圧迫および髄内信号変化を認め,頚髄症の診断にてC4-6椎弓形成術を施行した.術後1ヶ月のMRIにて除圧良好であったが症状は改善せず,その後下肢麻痺が進行した.術後7ヶ月のMRIにて髄内信号変化の明らかな拡大を認め,胸膜下リンパ節生検にてサルコイドーシスと診断された.ステロイドパルス療法を行い現在も加療中である.頚髄症で手術を行う場合,脊髄サルコイドーシスを念頭におく必要がある.
  • 李 容承, 齊藤 太一, 入江 努, 田中 哲也, 中原 寛之, 青野 誠, 糸川 高史
    2016 年 65 巻 4 号 p. 810-812
    発行日: 2016/09/25
    公開日: 2016/12/06
    ジャーナル フリー
    仙骨神経根嚢腫に対して手術を施行した1例を経験した.患者は42歳女性,主訴は左腰殿部の疼痛と左下肢後面のしびれであった.左S2に直径1.5 cmの仙骨神経根嚢腫を認め,保存的治療を行ったが症状が改善しないため,椎弓切除・嚢腫縫縮術を行った.術後は症状が軽快し嚢腫も縮小していたが,術後6ヶ月頃より左殿部痛が再燃し嚢腫も再拡大していた.仙骨神経根嚢腫に対する手術的治療は適応を慎重に検討する必要がある.
  • 冨田 伸次郎, 貝田 英二, 宮崎 洋一, 河合 尚志, 中村 隆幸, 鳥越 雄史, 森 圭介, 渡邊 精一郎
    2016 年 65 巻 4 号 p. 813-814
    発行日: 2016/09/25
    公開日: 2016/12/06
    ジャーナル フリー
    筆者の赴任先の公立新小浜病院に通院および入院している患者を対象に,短期的にロコモティブトレーニング(ロコトレ)効果を検証したので報告する.対象と方法:ロコトレ実践に同意が得られた運動器疾患患者20例(男性5例,女性15例),うちわけは,外来通院患者10例,入院患者10例.年齢は,平均79.6±7.5歳(66~94歳).方法は,対象患者にロコトレを2015年3月より1か月間実施した効果について,ロコモ度テストを含むロコトレ効果を把握する指標を用いて,前期高齢者(以下前期群)7例と後期高齢者(以下後期群)13例で検定を行った.結果:対象となる後期群では,介護利用が8例(62%),歩行補助具使用が10例(77%)とロコモ度が高く,前期群ではこれらの利用は認めなかった.考察と結語:今回の結果から,短期的なロコトレ効果が伺われ,継続的な訓練の継続が必要と考えられた.
  • 赤嶺 卓哉, 萬久 博敏, 高田 大, 藤井 康成, 添嶋 裕嗣, 田口 信教
    2016 年 65 巻 4 号 p. 815-818
    発行日: 2016/09/25
    公開日: 2016/12/06
    ジャーナル フリー
    膝関節症例53名(平均年齢61.9±8.5歳)に対し,平均約6.0ヵ月間(週2回)の水中運動療法を行い,以下の知見を得た.(1)水中運動後では運動前に比し,肥満の軽減,心肺機能の向上,体幹・下肢の筋力・柔軟性の増強,症状の改善がそれぞれ統計学的に有意に観察された(以下p<0.05).(2)水中運動後には,第4腰椎骨密度対日本人同性同年齢平均値比の増加,体幹伸展力の増強,ファンクショナルリーチ試験(全身バランス能力)の向上が,それぞれ有意に認められた.以上より,膝関節症例に対する水中運動療法の有益性が示唆された.
feedback
Top