日大医学雑誌
Online ISSN : 1884-0779
Print ISSN : 0029-0424
ISSN-L : 0029-0424
最新号
日大医学雑誌
選択された号の論文の11件中1~11を表示しています
診療ガイドライン最新事情シリーズ
特  集
  • 持田 淳一
    原稿種別: 研究論文
    2022 年 81 巻 4 号 p. 187-192
    発行日: 2022/08/01
    公開日: 2022/09/27
    ジャーナル フリー

    Olaparib, a poly (ADP-ribose) polymerase (PARP) inhibitor, has been shown to be effective in the treatmentof patients with metastatic castration-resistant prostate cancer (mCRAP) who have BRCA1/2 or ATM mutations,which are DNA repair genes. In addition to ovarian, breast, and pancreatic cancer, the indication was extended to“castration-resistant prostate cancer with BRCA mutation-positive distant metastasis” in December 2020 in Japan.Prostate cancer has also entered the era of “personalized cancer treatment based on genetic information,” or socalled “cancer genome medicine.”This article will discuss the following: 1) the relationship between DNA repair genes and prostate cancercarcinogenesis, 2) the mechanism of PARP inhibitors, 3) the results of the PROfound clinical trial of olaparib, and4) the timing of genetic testing for prostate cancer.

  • ~アロステリック制御の臨床応用~
    入山 規良
    原稿種別: 研究論文
    2022 年 81 巻 4 号 p. 193-196
    発行日: 2022/08/01
    公開日: 2022/09/27
    ジャーナル フリー

    慢性骨髄性白血病 (CML) の患者の予後は,チロシンキナーゼ阻害薬 (TKI) の臨床応用によって劇的に改善した. 現在,わが国では 5 種類の TKI(イマチニブ,ニロチニブ,ダサチニブ,ボスチニブ,およびポナチニブ)が利用可能である.しかし,いまだに一部の患者では TKI に十分な治療反応を得られない.また,TKI 不耐容となる有害事象の発生は治療継続を困難にする重大な懸念である.日本と米国では,新しい作用機序を持つ CML 治療薬であるアシミニブが日常診療で利用可能となった.本稿では,新規 CML 治療薬であるアシミニブの特異的な作用機序について概説する.この薬剤は,CML 発症の本質的なドライバーである BCR-ABL1 融合タンパクのアロステリック調節を標的としている.さらに,アシミニブを臨床応用に導いた最新の臨床試験についても説明する.

総  説
  • 中嶋 秀人, 原 誠, 石原 正樹, 小川 克彦
    原稿種別: 研究論文
    2022 年 81 巻 4 号 p. 197-204
    発行日: 2022/08/01
    公開日: 2022/09/27
    ジャーナル フリー

    COVID-19 罹患後症状・Long COVID は,これまで新型コロナ後遺症,新型コロナウイルス (SARS- CoV-2) 急性感染後症候群とも呼ばれ,COVID-19 罹患後に感染性は消失したにもかかわらず,急性期から持続する症状や経過途中から新たに生じて持続する症状全般を指す.代表的な症状として,①全身症状:疲労感・倦怠感,関節痛,筋肉痛,②呼吸器症状:咳,喀痰,息切れ,胸痛,③精神・神経症状:記憶障害,集中力低下,不眠・睡眠障害,頭痛,抑うつ,筋力低下,④その他:嗅覚障害,味覚障害,脱毛,動悸,下痢,腹痛があげられる.LongCOVID の病態機序として,急性期からの遷延症状,肺機能低下がもたらす全身症状,集中治療後症候群などの複合的要因によるものが考えられ,神経症状としては中枢神経へのウイルス感染による神経障害,全身炎症に伴う中枢神経への炎症の波及,COVID-19 に誘導された自己抗体による神経障害などが想定されるが不明点が多い.Long COVID の症状は多岐であり,多分野におけるアプローチ・フォローアップが必要と考えられる.

原  著
  • 山本 悠介, 加藤 実
    原稿種別: 研究論文
    2022 年 81 巻 4 号 p. 205-211
    発行日: 2022/08/01
    公開日: 2022/09/27
    ジャーナル フリー

    超音波ガイド下腕神経叢ブロック腋窩アプローチ法における 0.5%レボブピバカインの最少有効投与量を検討した報告はない.そこで最少有効投与量および低用量投与による臨床的効果を検討した.上肢手術が予定された 25 例を対象とした.最少有効投与量は,Dixon のPositive-negative up-and-down method を用いて求めた.1例目の投与量を各神経あたり 5 ml とし,ブロックが成功すれば次症例で 0.5 ml 減量,失敗すれば 0.5 ml 増量することとし,最低量は 1 ml と設定した.最少有効投与量,鎮痛効果持続時間,作用発現時間,術中鎮痛薬使用の有無について調査し検討した.ブロック成功率は100%であり,一例の失敗もなく最低量である 1 ml まで到達し,その後 1 ml で連続 16 例の成功が得られた.鎮痛効果持続時間は 11.2±4.7 時間であり,投与量と鎮痛効果持続時間との間に相関関係を認めなかった.術中鎮痛薬の使用はなかった.0.5%レボブピバカインの投与量は,各神経あたり 1 ml で十分な鎮痛効果が得られることが示唆された.

症例報告
  • 倉田 原哉 , 四條 克倫 , 大谷 直樹, 大島 秀規 , 鴫原 俊太郎, 大島 猛史 , 吉野 篤緒
    原稿種別: 研究論文
    2022 年 81 巻 4 号 p. 213-218
    発行日: 2022/08/01
    公開日: 2022/09/27
    ジャーナル フリー

    側頭骨錐体部を介した髄液漏は,稀ではあるものの難治性の頭蓋内感染症を生じることが知られている.その原因には頭部外傷,錐体骨周辺の手術,腫瘍,放射線治療,中耳炎,先天性,特発性などが報告されているが,その原因の如何を問わず,繰り返す髄膜炎や致死的な重症頭蓋内感染症を生じうる.治療には髄液の漏出部位の正確な特定と速やかな閉鎖が推奨されるが,画像診断では同定困難なことが多い.そのため漏出する可能性がある部位を推測して同定することが重要である.本報告では経頭蓋的なアプローチによる欠損部の修復術により良好な経過をたどった治療経験をふまえ,効果的な修復術を達成するための工夫について述べる.

  • Hata Mitsumasa, Wakui Shinji, Ishii Yusuke, Hinoura Rei , Kamata Keita ...
    原稿種別: 研究論文
    2022 年 81 巻 4 号 p. 219-221
    発行日: 2022/08/01
    公開日: 2022/09/27
    ジャーナル フリー

    A 46-year-old male and a 53-year-old female each required a second surgery because of dilatation of the distalaortic arch (> 55 mm) approximately 5 years after ascending replacement for acute type A dissection. Bothpatients showed patent false lumen associated with endoleakage from the distal anastomosis. We performed distalarch to descending aorta replacement through a left thoracotomy using femorofemoral cardiopulmonary bypasswith a 50% assist rate. The dissecting flaps were excised from both the proximal and distal aortic stumps, and polyester grafts were anastomosed in a double-barrel fashion under the aortic cross-clamps. No changes in the aorticarch diameters were observed 1 year after surgery. Here, we report the efficacy of proximal double-barrel anastomosis for residual dissecting aneurysm caused by endoleakage from distal anastomosis after emergency repair fortype A dissection.

  • 後藤 洋伯, 上田 彩華, 谷村 薫, 福本 咲月, 森 聡史, 渡邉 美帆 , 原 由起子, 榎本 克久 , 多田 敬一郎, 谷野 智将 ...
    原稿種別: 研究論文
    2022 年 81 巻 4 号 p. 223-226
    発行日: 2022/08/01
    公開日: 2022/09/27
    ジャーナル フリー

    (症例)74 歳,男性.(現症)約 3 年前より左乳頭血性分泌を認めていた.血性乳頭分泌を認めるのみであった.乳腺超音波検査では左乳頭部位に約 8 mm 大の低エコー腫瘤を認めた.針生検施行し,invasive ductalcarcinoma の診断で,胸筋温存乳房切除術およびセンチネルリンパ節生検術を行った.(考察)症状は,無痛性腫瘤として触知することが多い.血性乳頭分泌を伴うことはある.早期に治療でき経過良好となったので報告する.

  • Ogawa Katsuhiko, Akimoto Takayoshi, Hara Makoto, Suzuki Yutaka, Fujish ...
    2022 年 81 巻 4 号 p. 227-231
    発行日: 2022/08/01
    公開日: 2022/09/27
    ジャーナル フリー

    An adult male patient exhibited repetitive left hemiparesis of long duration caused by infarction in the distributionof the right lenticulostriate artery (LSA). Stroke occurred ten times in total and completely recovered within ashort period. Diffusion-weighted magnetic resonance imaging at each hospitalization showed an abnormal highintensity area in the region of the posterior limb of the internal capsule and the corona radiata on the right side;sometimes, the lesion extended to the lateral part of the thalamus, which indicated an acute infarct. The time duration between each stroke ranged from short to long periods. The periods between strokes extended up to 182 daysat the longest. The clinical diagnosis corresponded to capsular warning syndrome, based on repetitive infarctionof the LSA, with complete remission; however, the clinical course included prolonged periods between strokes,with some extending to a long duration, indicating an atypical aspect.

教授就任講演
話  題
feedback
Top