日大医学雑誌
Online ISSN : 1884-0779
Print ISSN : 0029-0424
ISSN-L : 0029-0424
最新号
日大医学雑誌
選択された号の論文の12件中1~12を表示しています
リハビリテーションシリーズ
原著
  • Ichikawa Rie, Shibuya Akiko, Misawa Jimpei, Maeda Yukihiro, Hishiki Te ...
    2019 年 78 巻 3 号 p. 135-142
    発行日: 2019/06/01
    公開日: 2019/08/07
    ジャーナル フリー
    Background: The complexity of decision-making and diversity of tasks in pediatric practice can lead to medical errors. To confirm the hypothesis that physicians’ emotions influence the occurrence of medical errors, we analyzed medical adverse event reports to assess the effect of emotional factors on pediatrician decision-making and medical errors. Methods: This study involved case analyses of reports of pediatrician-related medical adverse events drawn from a Japanese national medical database. We examined 310 adverse medical event reports involving pediatrician errors recorded over a 6-year period. Reports involving decision-making errors were extracted and analyzed by the patient’s age, doctor’s experience, severity of the adverse event, event circumstances, timing of errors by decision-making stage, and the presence of emotional factors. Results: We found decision-making errors in 58.6% of the examined medical adverse events reports. Most errors occurred in the situation awareness and decision stages. Overall, 53.2% of cases involving decision-making errors showed emotional involvement in the adverse event occurrence. The three emotional factors that most affected errors were trust, optimism, and distraction. Conclusions: Over half of the cases of errors in the decision-making process had an emotional component. The finding that trust influenced medical errors suggests that even positive emotions may affect errors. More awareness of the emotional aspects of clinical decision-making and research approaches that address emotion will help to reduce medical errors and improve patient safety.
症例報告
  • 中崎 公隆, 春日 悠岐, 桃木 恵美子, 木村 かほり, 窪田 園子, 石井 和嘉子, 福田 あゆみ, 渕上 達夫, 藤田 之彦, 高橋 ...
    2019 年 78 巻 3 号 p. 143-146
    発行日: 2019/06/01
    公開日: 2019/08/07
    ジャーナル フリー
    The patient was 12-year-old girl, who was admitted to our hospital with gait disturbance and involuntary movements that had appeared 7 days prior. Laboratory tests revealed elevated levels of serum anti-streptolysin O and anti-streptokinase titers. Doppler Color Echocardiography also showed mild mitral and tricuspid regurgitation. The patient exhibited the following required criteria: two major diagnostic criteria of Sydenham chorea and subclinical carditis; one minor diagnostic criteria of arthralgia. The Jones Criteria for Diagnosis of Rheumatic Fever was fulfilled after admission. Recently rheumatic fever has been decreasing rapidly in well-developed countries. It is believed that there may be many undiagnosed cases because the diagnostic criteria are unfulfilled when the symptoms of Sydenham’s chorea appear. We propose that it is necessary to consider rheumatic fever with carditis in the presence of Sydenham’s chorea.
  • 伊東 正剛, 小林 優人, 平林 幸生, 木曽 里美, 八田 善弘, 武井 正美, 高橋 昌里
    2019 年 78 巻 3 号 p. 147-150
    発行日: 2019/06/01
    公開日: 2019/08/07
    ジャーナル フリー
    73 歳の男性.M 蛋白を認め当院に紹介となり, IgG-κ 型骨髄腫 (D&S stage IIA, ISS stage I) と診断した. 経過観察していたが,IgG が 6,715 mg/dl に増加したた め bortezomib を週 1 回,1.3 mg/m2 の経静脈投与で開始 した.6 回の投与翌日に嘔吐がみられ,麻痺性イレウス と診断し,以後の bortezomib を中止した.Vincristine, thalidomide などの前治療歴のある症例や bortezomib を 週 2 回投与した症例で bortezomib によるイレウスが報 告されている.本症例のように初回治療例で,週 1 回の 投与でもイレウスに注意する必要がある.
  • 金丸 峯雄, 河村 千春, 遅塚 明貴, 小島 理絵, 野崎 高正
    2019 年 78 巻 3 号 p. 151-156
    発行日: 2019/06/01
    公開日: 2019/08/07
    ジャーナル フリー
    我々は初診時に自己免疫性溶血性貧血 (auto immune hemolytic anemia, AIHA) と寒冷凝集素症 (cold agglutinin disease, CAD) を認め CAD による AIHA と考え るも,最終的に SLE に伴う温式 AIHA と診断,治療に より改善を得た症例を経験した. 他院に狭心症で入院した 66 歳女性.狭心症改善後, 乳癌,十二指腸癌に加えクームス陽性の溶血性貧血,寒 冷凝集素価 256 倍の寒冷凝集素症も認められた.血液内 科専門医不在のため当院に転院となった.低力価寒冷 凝集素症による AIHA と診断し加温輸血を行ったが効果 を認めず.不規則抗体が検出され不規則抗体適合血を輸 血するも溶血反応が悪化し,直接抗グロブリン試験結 果より温式抗体 AIHA が疑われた.その後抗核抗体,抗 DNA 抗体に加え抗カルジオリピン抗体も陽性と判明, リンパ球数 1,000/μl 未満も認め SLE と診断した.プレ ドニゾロン 1 mg/kg にて治療し貧血を含む各種症状は改 善した.続発性溶血性貧血の原因疾患を考える上で示唆 に富む症例と思われ報告する.
  • 若林 正和, 河野 悟, 奥野 晃太, 木村 友洋, 藤平 大介, 船津 健太郎, 原 英則, 日髙 英二, 保刈 岳雄
    2019 年 78 巻 3 号 p. 157-161
    発行日: 2019/06/01
    公開日: 2019/08/07
    ジャーナル フリー
    症例は 52 歳,男性.突然の心窩部痛,嘔吐を 主訴に受診した.腹壁瘢痕ヘルニア嵌頓,腸閉塞と診断 し,腹腔鏡下に緊急手術を施行した.小腸の嵌頓を解除 し,ヘルニア門はメッシュを使用して修復した.術後第 6 病日に軽快退院となった.今回われわれは,腹腔鏡下 修復術を施行した腹壁瘢痕ヘルニア嵌頓の 1 例を経験 し,腹腔内観察と同時にヘルニア修復も可能であり有用 であったため,若干の文献的考察を加え報告する.
  • 徳永 航, 春日 悠岐, 西村 佑美, 小川 えりか, 阿部 百合子, 鈴木 潤一, 石毛 美夏, 浦上 達彦, 渕上 達夫, 森岡 一朗
    2019 年 78 巻 3 号 p. 163-166
    発行日: 2019/06/01
    公開日: 2019/08/07
    ジャーナル フリー
    症例は 6 歳男児.2 週間続く発熱を主訴に受診 した.入院後も発熱以外の症状を認めず,発熱出現から 24 病日に膀胱直腸障害及び歩行障害が出現した.髄液 検査で細胞数増多と IgG index の上昇を認め,臨床所見 および検査所見から横断性脊髄炎と診断した.治療はメ チルプレドニゾロンパルス療法を 2 クール行い後遺症な く症状は改善した.自己免疫性神経疾患は急速に進行す ることが多いとされるが,本例のように亜急性に経過す る場合もあり,長引く発熱の原因として本症も鑑別疾患 として重要である.
教授就任講演
話題
feedback
Top