音声研究
Online ISSN : 2189-5961
Print ISSN : 1342-8675
8 巻 , 2 号
選択された号の論文の19件中1~19を表示しています
表紙
特集「日本語音韻史の新展開」
研究ノート
  • アーウィン マーク
    原稿種別: 本文
    2004 年 8 巻 2 号 p. 69-80
    発行日: 2004/08/31
    公開日: 2017/08/31
    ジャーナル フリー
    日本語の歴史的音韻学の定説の中で,音便というのは未だに不透明な部分もあり,中古語で発生した複雑な音変化群を示す。しかしながら,Frellesvigの『A Case Study in Diachronic Phonology - The Japanese Onbin Sound Changes』という著作が1995年に出版されるまで,ある意味では,音便の音変化の働きに関する特徴の理解,殊に音便の誘引や動機づけの理解が浅薄だったと言えるであろう。このFrellesvigの通時的な音韻学の例示研究はAndersenが60年代から開発した言語学理論の枠組の内で製作されたものの,Andersonの理論は記号学やヨーロッパの構造言語学に基づいたものである。この論文では,音便を定義し要約したのち,現象の誘引や動機づけを吟味しながら,現在までの学識及び観点の異なるFrellesvigの理論についても考察する。
第18回日本音声学会全国大会
会務報告
奥付
お知らせ
feedback
Top