帯広大谷短期大学紀要
Online ISSN : 2424-1881
Print ISSN : 0286-7354
ISSN-L : 0286-7354
11 巻
選択された号の論文の8件中1~8を表示しています
  • 原稿種別: 表紙
    1974 年 11 巻 p. Cover2-
    発行日: 1974/03/25
    公開日: 2017/06/01
    ジャーナル フリー
  • 村山 出
    原稿種別: 本文
    1974 年 11 巻 p. 1-13
    発行日: 1974/03/25
    公開日: 2017/06/01
    ジャーナル フリー
  • 佐々木 充
    原稿種別: 本文
    1974 年 11 巻 p. 15-28
    発行日: 1974/03/25
    公開日: 2017/06/01
    ジャーナル フリー
  • 千葉 千鶴子
    原稿種別: 本文
    1974 年 11 巻 p. 29-35
    発行日: 1974/03/25
    公開日: 2017/06/01
    ジャーナル フリー
  • 山下 昭, 池添 博彦
    原稿種別: 本文
    1974 年 11 巻 p. A1-A10
    発行日: 1974/03/25
    公開日: 2017/06/01
    ジャーナル フリー
    1.年令および性の違いによる対象を区分し,その各々の対象群における,食品の嗜好尺度値を求めた。2.肉および乳製品類については,男性の嗜好が高く,果実類,芋類では,女性の嗜好が高い,ラーメソ,カレーライス,サンドイッチは若い人で,また赤飯,ミソ汁,餅は年令の上の人でそれぞれ嗜好が高い。3.好まれる食品は果実類の嗜好度が大きく,中でもミカソが最も大きい。女性ではシイタケ,サラダ,エビ,男性ではサシミ,バターの度合が大きい。食品の好みは,年令の若い人および女性でその度合が大きい。4.嗜好度の低い食品としては,女性で脂肉,ウイスキー,馬肉,男性でキャビア,ユバ,ラード等があり,食品を嫌う度合は,年令の若い者のグループおよび男性で若干大きい。5.嗜好の面から食品を捉えるとミカン,イチゴ,モモ等の果実類は女性に特に好まれる食品,であり,男性ではスジコ,サシミ,ビール,ミソ汁,すき焼が特に好まれる食品である。若い人および女性では,年令の上の人および男性に較べて,好および嫌嗜好係数がかなり高く嗜好の巾が大きい。
  • 池添 博彦, 山下 昭
    原稿種別: 本文
    1974 年 11 巻 p. A11-A19
    発行日: 1974/03/25
    公開日: 2017/06/01
    ジャーナル フリー
    1.好嗜好係数(LFI)および嫌嗜好係数(DFI)を基にして対象の嗜好度合を3区分法および4区分法によって分類した。2.分別された3および4区分の各々の区分域における嗜好に影響を与える因子との関連性を分析した。3. LFI,DFIの両方で20才以下および女性でのIIおよびIII区分の割合が大きく,共に食品を好む度合と嫌う度合が強く,嗜好の幅が大きい。4. 3区分法の各区分と健康,兄弟の数,味の好み,好き嫌いおよび粉食度数等の各因子との間にかなりの相関関係が認められる。5. 4区分法でと各項目について,D群とC群との間に幾分の差違が存在した。
  • 間野 康男
    原稿種別: 本文
    1974 年 11 巻 p. A21-A29
    発行日: 1974/03/25
    公開日: 2017/06/01
    ジャーナル フリー
    1.米デンプン中の脂質含量は,エーテル抽出性のものが0.88%,また含水ブタノール抽出性のものが0.68%,両方合わせて1.56%であった。2.中性脂質と極性脂質の比率は,エーテル抽出性のもので80:20,また含水ブタノール抽出性のもので55:45であった。3. 2つの脂質料のうち主なものは,リゾレシチン,トリグリセリド,遊離脂肪酸およびレシチンなどであり,リゾンシチンと遊離脂肪酸が多く含まれていることは,小麦デンプンと同様であった。4.レシチンとケファリンは,ジグリセリドを基質として生合成される一方,リゾレシチンはα-アシル型とβ-アシル型との混合物として存在するものと考えられる。5.これらの脂質を構成する脂肪酸は,多い順からリノール酸,パルミチン酸およびオレイン酸であった。これは白米脂質の脂肪酸パターンと類似であり,白米胚乳脂質がデンプン粒中へ移行することを示唆するものであろう。本研究は昭和48年度北海道科学研究補助金の交付を得て行ない,その主要部分を昭和48年度日本澱粉学会大会において発表した。この研究を通じて終始御懇切な御指導を賜わった帯広畜産大学藤野安彦教授はじめ食品化学教室の諸先生,ならびに試料米を御恵送下さった北海道立中央農業試験場稲作部に深甚なる謝意を表する。
  • 佐藤 もと子
    原稿種別: 本文
    1974 年 11 巻 p. A37-A45
    発行日: 1974/03/25
    公開日: 2017/06/01
    ジャーナル フリー
feedback
Top