帯広大谷短期大学紀要
Online ISSN : 2424-1881
Print ISSN : 0286-7354
ISSN-L : 0286-7354
51 巻
選択された号の論文の11件中1~11を表示しています
論文
  • 石井 洋
    原稿種別: 本文
    2014 年 51 巻 p. 1-6
    発行日: 2014/03/31
    公開日: 2017/06/16
    ジャーナル フリー
    牛の乳成分組成は泌乳期の進行にともなって変動し,特に初乳期には顕著に変化する.本研究では,近年のホルスタイン種高泌乳牛の分娩後7日間の初乳乳量,乳成分組成を経時的に調査した.近年、1乳期の生産乳量は経産牛平均で9000kg前後までに達し,これを1930年頃と比較すると2〜3倍の増加である。しかし、初乳の主要乳成分と無機質成分の含量とその変動傾向は1930年頃とほとんど同じであり,変化が少ないことが確認された.乳中尿素窒素とクエン酸は,分娩直後にそれぞれ常乳期の9倍または2倍以上になっているが,その後急減し,乳に移行する血液成分の量の変動に影響されていると考えられた.これらの成分の変動から,多量の血液成分の乳への流入は,おおむね分娩後18時間で抑制されるものと推察された.また,氷点降下度は初乳成分の著しい変動にも係わらず,一定の狭い範囲で安定していることが認められた.氷点降下度と浸透圧が正の相関にあるため,乳の浸透圧が一定水準になるように微量成分のバランスが保たれていると考えられた.
  • 池添 博彦
    原稿種別: 本文
    2014 年 51 巻 p. 7-16
    発行日: 2014/03/31
    公開日: 2017/06/16
    ジャーナル フリー
    日本人の姓の中で、数字を用いる姓について分析した。十種の数字のうち、三及び四に関する姓について調べた。文字の別による姓の種類は三に関する姓では文字別827姓、訓み別1,373姓であり、四では文字別213姓、訓み別425姓である。両者の合計は文字別で1,040姓であり、訓みの違いによる数は1,798姓であった。姓の内、特別な訓みをするものについてはその謂われを分析した。
  • 上村 裕樹, 音山 若穂, 和田 明人, 利根川 智子
    原稿種別: 本文
    2014 年 51 巻 p. 17-26
    発行日: 2014/03/31
    公開日: 2017/06/16
    ジャーナル フリー
    本研究は、保育者養成段階にある学生が、保育者として必要な資質であるとされる学習し続ける力、すなわち継続的学習意識を獲得することが可能となる教育手法の必要性に注目し、帯広大谷短期大学において、問題解決型学習の手法を取り入れた授業に関する実践報告である。問題解決型学習の試行にあたっては、帯広大谷短期大学では、対話的アプローチの手法であるワールド・カフェを中心とした実践を既に保育者の資質向上の取り組みとして実施していたため、問題解決の過程への参画と実践的課題の解決における効果として問題解決型学習がある程度の効果を期待出来ることが確認された。また、保育者にとって自身の実践の振り返りを含めて学習し続けることにより質向上が図られるといった、学習による問題解決能力の醸成についても、学生が体験的に理解しやすいことがある程度示された。今後の課題としては、問題解決型学習が保育者養成における教育手法としてあげられる効果について、検証するとともに、他の実践的問題の解決に向けた更なる積み重ねと検証が必要であると考える。
  • 阿部 好恵
    原稿種別: 本文
    2014 年 51 巻 p. 27-34
    発行日: 2014/03/31
    公開日: 2017/06/16
    ジャーナル フリー
    小論は,日本社会福祉士養成校協会北海道ブロックにおいて考案された事前評価システム,特に疑似CBT に関する,帯広大谷短期大学の社会福祉士養成教育における取り組みを整理し,前年度の試験結果との比較検討から2012年度生の傾向,試験の効果や課題を明らかにすることを目的とした.疑似CBT受験者8名は平均得点71.3点,最高点82点,最低点52点であった.学生の傾向として,科目の未履修が正答率の低さに関連していることが明確になった.また,得点のばらつきは少なく全体的に知識量は向上しているが,設問別正答率は100%・0%の問題がいずれも増加し,正答率の二極化が見られた.また,昨年度と同様,学生によって得点に差があること,1名の学生が試験結果と今後の進路を踏まえ「相談援助実習指導II」の履修を取り消した等,試験実施の課題が明らかとなった.一方,学生同士の仲間意識が強まり,事前学習を促す効果が見られた.今後は他短期大学と協力し,継続したシステムの実施,検証の必要性が示唆された.
  • 若菜 直美
    原稿種別: 本文
    2014 年 51 巻 p. 35-46
    発行日: 2014/03/31
    公開日: 2017/06/16
    ジャーナル フリー
    帯広大谷短期大学社会福祉科子ども福祉専攻の保育内容「表現(音楽)」(2013年度)において、学生が主体的に楽しみながら学習内容を理解し、保育者の資質を育成するための授業開発を行った。学習形態は、学生がそれまで学んできた教科としての「音楽」から幼児教育のための「表現(音楽)」へのまなびほぐしを行うためにワークショップ形式を採用した。授業開発の観点としては、学生が共に楽しさを感じながら学ぶ姿勢を得るための「プレイフル・アプローチ」と、保育者の資質を育成するための「気づき・協働」の2つを設定した。学習内容は、前半でわらべうたあそびの体験から子どもの発達をとらえ、後半では音遊びから即興的音楽づくりを行うことで、学生が子どもの音遊びから音楽表現へ繋がる体験をイメージできるよう構成した。その授業内容と受講生による自己評価アンケートの結果から、授業の有効性と今後の展望を示す。
  • 佐藤 英晶
    原稿種別: 本文
    2014 年 51 巻 p. 47-56
    発行日: 2014/03/31
    公開日: 2017/06/16
    ジャーナル フリー
    平成25年9月に発表された特別養護老人ホームへの入所を要介護3以上とする入所要件の変更など、介護保険制度における施設サービスの利用抑制や費用負担の見直しなどが進んでいる。高齢者人口の増大に伴う施設サービスニーズの拡大と介護保険料の高騰や社会保障給付費の増大という需給バランスをとりながら、福祉的理念を保った制度運営が求められる。しかし、一連の制度改革の方向性は、特別養護老人ホームの施設整備を抑制するなどにより、いかに介護保険給付費の増大を抑制するかという前提の下に進められている。特別養護老人ホームの入所要件の厳格化については、国が議論してきた内容そのものに大きな誤謬があることが、各種のデータ等から明らかになった。こうした財政的事情優先の制度改革は需給バランスの偏りや福祉的理念を欠き兼ねない問題を含んでいることが示唆された。
調査
報告
  • 棚瀬 麻実子, 滝澤 真毅
    原稿種別: 本文
    2014 年 51 巻 p. 65-73
    発行日: 2014/03/31
    公開日: 2017/06/16
    ジャーナル フリー
    帯広大谷短期大学社会福祉科社会福祉専攻の2011年度までのカリキュラムで開講されていた「表現I」「表現III」の授業において、音楽的表現力を向上させるための授業の工夫について整理した。「表現I」では、即興的な表現を軸とした創作活動を積み重ねながら、最終的にグループごとに脚本、演出までを担当したミニミュージカルの創作、授業内での上演をおこなった。「表現III」では、「表現I」での成果をふまえ、楽器と歌の表現活動を重ねる中で学生の音楽的表現力を実践的に向上させることをねらった。また、これらの授業を受けた学生の反応などもふまえて、保育者の養成における総合的表現活動の効果と、保育者養成のカリキュラムにおけるその位置づけについて考察を加えた。その際、保育内容「表現」に関する科目とピアノ演奏技術の習得を目的とした科目「ピアノI・II」との連携のあり方についても言及した。
  • 伊勢 正明, 藤田 晴美, 江刺家 由子
    原稿種別: 本文
    2014 年 51 巻 p. 75-86
    発行日: 2014/03/31
    公開日: 2017/06/16
    ジャーナル フリー
    本稿は、筆者の一人が昨年に行った保育者の専門性についての考察(伊勢(2013)保育者の基底を支持する専門性の探索と真宗保育、帯広大谷短期大学紀要(50)85-98.)をさらに深めることと保育者養成に関する方法論について提案することを目的とした。先ず、先の報告で曖昧であった専門性の把握・表現法については、レーダーチャートに注目して利用可能性を検討した。次に、養成校で学ぶ学生は< 育てられる者> のまま、養育者が取り組む<育てられる者> から<育てる者> への役割交代(客観的両義性の立場)を経験できないことを問題として指摘した。さらに、DSM-5の発表に関連して指摘されている問題に触れ、国内法上の「発達障害」の範囲を確かめつつ、診断名に依拠した子ども理解ではなく子どもを個別に丁寧に把握する特別支援教育・特別支援保育の理念を推奨した。最後に、養成校の学生の問題(役割交代の未経験)を克服するために、授業へ「立場と役割の逆転」という要素(日本剣道形の打太刀・仕太刀の関係)を挿入することを提案した。
  • 伊勢 正明
    原稿種別: 本文
    2014 年 51 巻 p. 87-97
    発行日: 2014/03/31
    公開日: 2017/06/16
    ジャーナル フリー
    本稿は、近年注目されている保・幼・小連携の話題を出発点に、将来的な目標として保育内容(特に人間関係の領域)の実践をとらえ直すことを意図して、保育所保育指針、幼稚園教育要領、小学校学習指導要領を手掛かりにして、保育内容と教育内容の対応関係を検討し、その所感をまとめたものである。特に、幼稚園教育要領における人間関係の内容と小学校学習指導要領における生活科、道徳(第1学年及び第2学年)、特別活動(学級活動)との対照作業を通じて、保育内容の要素が小学校教育における全ての区分に広く移植されている様子が確認された。また、小学校の特別活動(学級活動)における「友膳」の実践(新富、2012)を保育所で行った場合の効果について検討を行った。その結果、この「友膳」の実践を保育所へ導入することによって、子ども自身の育ち以外にも保護者間のつながりを促進する要素を含んでいると推測された。この所感から、今後も小学校における実践を手掛かりに保育内容の実践を捉え直す作業を継続する意義を見出すことができた。
論文
feedback
Top