耳鼻咽喉科展望
Online ISSN : 1883-6429
Print ISSN : 0386-9687
ISSN-L : 0386-9687
16 巻 , 6 号
選択された号の論文の8件中1~8を表示しています
  • 大西 俊郎, 瀧野 賢一, 日野原 正
    1973 年 16 巻 6 号 p. 649-659,637
    発行日: 1973/12/15
    公開日: 2011/08/10
    ジャーナル フリー
    It is often pointed out that the incidence of sarcoidosis in Japan is on the increase, while the etiology of the disease still remains unknown.
    This disease mainly involves the lungs, eyes, lymphnodes, skin, nervous system and bones, but it also involves various tissues and strucures in the field of otolaryngology, which include the external nose, nasal mucosa, paranasal sinuses, nasopharynx, pharynx and larynx, trachea and bronchi, tonsils and adenoid, salivary gland, external and middle ear, acoustic and facial nerves. Otolaryngologists, accordingly, should be aware of this systemic disease for an early diagnosis.
    The authors report on the otolaryngological manifestations of sarcoidosis in 15 cases that have been treated at St. Luke's International Hospital during the past 10 years and discuss contribution of otolaryngologists in the diagnosis of this disease.
  • 特にその皮膚温と組織像について
    渡辺 順
    1973 年 16 巻 6 号 p. 665-711,638
    発行日: 1973/12/15
    公開日: 2011/08/10
    ジャーナル フリー
    最近耳鼻咽喉科領域でもその立体的な位置的関係から, Tubed pedicle flapを用いて形成手術を行う機会が多くなつてきたが, Tubeを用いて移植を行う場合に最も重要なことは, 血行についてである。この血行状態を十分に知り, 安全にかつ早く, また確実に移植するために種々の実験的, 臨床的研究が古くから諸家により数多く考案され報告されている
    私はその中で皮膚温測定をとりあげ, 当教室で形成手術が行われた臨床例において, 可能なかぎり皮膚温を測定し移植時期決定の補助的診断の一助とした。
    なお, Tube作成あるいは移植時に切断保存して得たTubeの輪切りを用いて組織標本を作成し, これを染色鏡検し, その病理組織学的所見と皮膚温測定で得た成績との間の関連性についてもいささかの検討を加えてみた。
    すなわち, 当教室において行われたTube移植例に施行した皮膚温測定については, 作成された直後のTubeでは中央部が最低値を示し, 中枢端, 末梢端の皮膚温に比較してかなりの温度差のあることが認められたが, 全体として作成後1週間に高温像がみられ, その後徐々に下降し, 3週以上を経過すると一定の皮膚温を呈するようになつてくる傾向にある。
    また移植されたTubeにおいて最低値を示したのは中央部よりやや移植端に近い部分であり, 移植端の皮膚温は割合いと高温像を呈したが, これはTube移植端とRecipientarea, Carrierとの問に移植直後より早くも循環系統の反応が生じたためと, 新鮮創としての反応によつて高温像を示すに至つたものと思われるが, 移植端の皮膚温がRecipient area, Carrierの皮膚温と同じ温度になることはなかつた。
    一端移植後, ある期間をおいて他端を移植した場合も, 一端移植時と大体同様の皮膚温の変化が認められるが, 3週をすぎる頃になるとほぼ一定の値を示すようになつてくる。
    私の皮膚温測定実験の成績からするとTube切断移植の時期はTube作成後おおよそ3週間位が適当と考えられる。なお感染を起したTubeの皮膚温は他のどの部の皮膚温より高温を示し, 壊死を起したTubeではその壊死部に一致してかなりの低温像が認められ, 壊死部の周辺部ではかなりの高温像を示しているが, これは壊死部を修復しようとの機転が働いているためのものと考えられる。
    Tubeの病理組織学的所見については, 表皮ではTube作成後1~3カ月の標本に針脚の短縮, Spongiosis等の変化が強くみられるが, Tube作成後4カ月以上を経過したものにはわずかの変化しかみられなくなる。真皮ではTube作成後1~3カ月の標本にかなりの線維増生, 毛細管増殖, 円形細胞浸潤がみられ, 作成後4~6カ月の標本にも軽度の変化がみられるが, 作成後7カ月以上の標本で初めて変化が少なくなつてくる。皮下脂肪層についても真皮と大体同様の結果であり, 附属器についても作成後6カ月まで消失過程を認めている。なお作成されたTubeの標本全例において, 色素沈着がわずかに認められるが, 目本人では余り問題にする程のものではないと思われる。
    また標本のあるものに高度の異物反応や, 異物を伴つたAbscessを認めているが, これは手術時の縫合糸によるものと考えられるので, 手術時の埋没縫合時には糸の選定にも配慮する必要を感じた。なお肉眼的には変化の表われないAbscessについてはやはり手術時の操作上十分な注意を要すると考えられる。
    般に移植可能な時期とされているのがTube作成後3週を経過した頃とされているが, それ以上を経過したTubeの組織像にかなりの病態が認められるのに反して, その皮膚温には何らの変化も認められないのが普通ゆえ, 移植時には十分このことを認識して行う必要があり, 只単に皮膚温それのみに移植時期の選定を頼るのは当を得ていないと思われる。
  • 臼井 信郎
    1973 年 16 巻 6 号 p. 717-725,639
    発行日: 1973/12/15
    公開日: 2011/08/10
    ジャーナル フリー
    The measurements of pulmonary mechanics were made on twenty unselected cases with varying degrees of nasal obstruction during both nasal and oral breathing.
    Values for transnasal pressure and resisitance in various parts of the respiratory system were calculated from Rohrer's equation.
    At a flow rate of 0.5l/sec, nasal resistance was greater during inspiration, while the resistances between nose and pleural surface and between mouth and pleural surface were increased during expiration.
    The resistance of the conducting airways below the pharynx is obtained as the total less the nasal resistance. A correlation between changes of the transnasal pressure and the resistance below the pharynx was detected. Whenever the transnasal pressure changed, the resistance of the lower part of the respiratory system including the larynx also changed and most frequently in the same direction. In addition, these changes are observed during mouth breathing as well as nose breathing, and are in direct relation to the degree of transnasal pressure.However, the site of increased lower airway resistance is not known.
  • 犬山 征夫, 高崎 敬, 犬山 幸子
    1973 年 16 巻 6 号 p. 727-729,640
    発行日: 1973/12/15
    公開日: 2011/08/10
    ジャーナル フリー
    A man aged 53 years visited our clinic with a swelling of the hard palate. Brownish liquid was obtained by an exploratory puncture and 30% Lipiodol was injected. X-ray examination demonstrated a cyst of the right maxilla. Follicular cyst or radicular cyst was suspected. The cyst was completely extirpated through an incision of the hard palate. Pathological findings were compatible with nasopalatine cyst. The cyst wall is lined with both stratified squamous epithelium and ciliated epithelium. Cysts occurring in the maxillary region are as follows;
    I. Non-odontogenous cyst
    1. Postoperative maxillary cyst
    2. Mucous gland cyst of the maxilla
    3. Maxillary sinus cyst
    4. Naso-alveolar cyst
    5. Globulo-maxillary cyst
    6. Nasopalatine cyst
    II. Odontogenous cyst
    1. Radicular cyst
    2. Follicular cyst
    3. Mayrhofer's cyst
    4. Broca's cyst
    5. Paradental cyst
    6. Adamantinoma
  • 1973 年 16 巻 6 号 p. 731-734,640
    発行日: 1973/12/15
    公開日: 2011/08/10
    ジャーナル フリー
  • 永倉 鋼太郎, 清水 淑郎, 高津 忠夫, 高柳 道治
    1973 年 16 巻 6 号 p. 739-743
    発行日: 1973/12/15
    公開日: 2011/08/10
    ジャーナル フリー
  • 本多 芳男
    1973 年 16 巻 6 号 p. 745-748
    発行日: 1973/12/15
    公開日: 2011/08/10
    ジャーナル フリー
  • 長谷川 直義
    1973 年 16 巻 6 号 p. 753-761
    発行日: 1973/12/15
    公開日: 2011/08/10
    ジャーナル フリー
feedback
Top