耳鼻咽喉科展望
Online ISSN : 1883-6429
Print ISSN : 0386-9687
ISSN-L : 0386-9687
54 巻 , 5 号
選択された号の論文の35件中1~35を表示しています
カラーアトラス
綜説
臨床
  • 内水 浩貴, 山田 裕子, 森 恵莉, 柳 清
    2011 年 54 巻 5 号 p. 267-272
    発行日: 2011年
    公開日: 2012/10/15
    ジャーナル フリー
    今回我々は非常に稀な耳下腺に発生した基底細胞腺癌の1例を経験したので, 文献的考察を含め報告する。
    症例は73歳男性。数年前から徐々に増大する左耳下部腫瘤を主訴に来院した。初診時には左耳下部に可動性良好な約40×30mmの弾性硬の腫瘤を触知した。疼痛や顔面神経麻痺は認めなかった。穿刺吸引細胞診ではclass IIIであり, MRI所見では悪性腫瘍の可能性も示唆された。2011年4月27日に腫瘍摘出術を施行した。腫瘍は顔面神経や周囲組織との癒着もないため, 顔面神経を温存し摘出した。病理組織学的検査にて基底細胞腺癌と診断された。術後にPET-CTなどを施行したが局所再発やリンパ節転移を示唆する所見は認めなかったため, 頸部郭清術などの追加治療は行わず経過観察とした。
    術後4ヵ月を経過した現在も再発は認めていないが, 基底細胞腺癌は局所再発が比較的高いと考えられているため, 引き続き厳重な経過観察が必要である。
  • 西嶌 嘉容, 清野 洋一, 青木 謙祐, 飯田 誠, 加藤 孝邦
    2011 年 54 巻 5 号 p. 273-278
    発行日: 2011年
    公開日: 2012/10/15
    ジャーナル フリー
    鼻中隔癌は鼻副鼻腔癌の中で比較的稀であり, 手術治療の場合は主に鼻外切開 (lateral rhinotomy) にて腫瘍切除をすることが多い。鼻中隔癌の中でも, 限られた症例ではあるが, 内視鏡下鼻内手術にて根治切除可能な症例もあり, 今回その2症例について報告する。
    1例目は47歳女性で, 主訴は鼻閉, 両側耳閉感であり, 所見としては, 鼻中隔後端から上咽頭方向に向かう腫瘍を認めた。組織生検での病理結果ではpapillary adenocarcinomaであり, 鼻中隔癌 (T1N0M0) の診断に至り, 内視鏡下鼻内手術での腫瘍切除術を施行した。
    2例目は43歳女性で, 主訴は鼻汁過多, 左鼻閉であり, 所見としては, 左の鼻中隔から鼻腔に突出する腫瘍を認めた。組織生検での病理結果はpapillary squamous cell carcinomaであり, 鼻中隔癌 (T1N0M0) の診断に至り, 1例目と同様に内視鏡下鼻内手術での腫瘍切除術を施行した。2症例とも術後の病理組織学的切除断端は陰性であったため, 後治療は行わず, 現在のところ再発はなくそれぞれ術後2年8ヵ月, 2年1ヵ月経過している。
    早期鼻中隔癌の場合, 鼻外切開を用いずに内視鏡下鼻内手術にて根治切除可能な症例がある。切除可能な症例の条件としては, 腫瘍が鼻中隔に限局し, 安全域をつけた腫瘍切除が可能である病変であることが原則である。しかし腫瘍が鼻腔を充満してしまうほど大きくなると, 内視鏡下でのワーキングスペースがとれないため, en-blockでの腫瘍切除が困難となり, その手術適応からは除外される。
    これらの条件を満たすような症例であれば, 手術治療のみで治療の完結が可能であり, また外切開を用いないことから審美的にも有用な治療手段であると考える。
境界領域
画像診断
薬剤の特徴と注意点
紹介
学会関係【第12回 耳鼻咽喉科手術支援システム・ナビ研究会】
feedback
Top