Otology Japan
Online ISSN : 1884-1457
Print ISSN : 0917-2025
ISSN-L : 0917-2025
29 巻 , 4 号
選択された号の論文の3件中1~3を表示しています
第28回日本耳科学会総会特別企画
会長講演
  • 土井 勝美
    2019 年 29 巻 4 号 p. 285-295
    発行日: 2019年
    公開日: 2020/06/25
    ジャーナル フリー

    I am happy to be able to have a chance to look back my personal history and carrier in the field of Otology and Neurotology. I have been operating more than 5,000 patients who suffered from hearing loss, deafness, and dizziness. For me, every single case was so important, and I could learn a lot in each case. I should be grateful to them, as they have been educating me and now fortunately I can do most kinds of surgery. I would like to continue to do better surgery to help suffering people in the future. I started my research carrier in 1987 as a graduate student at Osaka University Graduate School of Medicine, focusing on “glutamate receptor” and “acute endolymphatic hydrops”. Then I studied abroad in America in 1990 as a visiting fellow at National Institute of Health (NIDCD) where I was lucky I could learn deeply molecular biology and molecular genetics. When I came back to Japan in 1992 as an Assistant Professor at the Department of Otolaryngology, Osaka University School of Medicine, I was burning with dreams to become a master of surgery as well as a great researcher. I was interested in various molecules and continued my research while having fun. I do appreciate all the people I have met till now, who supported me. I do not know if my dreams came true. I may be very close to the master of surgery now. Unfortunately, I am not yet a great researcher. Anyway, I would like to keep pursuing my dreams forever.

原著論文
  • 伊藤 卓, 川島 慶之, 藤川 太郎, 竹田 貴策, 堤 剛
    2019 年 29 巻 4 号 p. 297-301
    発行日: 2019年
    公開日: 2020/06/25
    ジャーナル フリー

    我々の施設では2016年以降,耳硬化症および耳小骨奇形の全症例に対して経外耳道的内視鏡下耳科手術によるアブミ骨手術を行っており,2017年12月からは高精細4K内視鏡システムと4K対応55インチモニターを導入している.このうち,複雑な奇形ゆえに定形的な術式をとることができなかった2例について,本システムを用いた手術治療の経験を報告する.1例目では鼓室部で顔面神経が分岐して二股となっており,一方はアブミ骨底板直上を走行していた.高精細4K内視鏡による詳細な観察で,二股となった顔面神経の間に底板のわずかなスペースを見つけピストンを挿入した.2例目ではキヌタ骨長脚が太く短いためにピストンのループ部分を固定することができず,様々な角度から観察しながらキヌタ骨長脚に裏面を除いた約2/3周の溝を作成し,ピストンを固定した.高精細な映像および様々な角度から詳細に観察することができる4K内視鏡システムは,非定形的なアブミ骨手術の際にも応用可能だと思われた.

  • 村井 尚子, 内田 真哉, 齋藤 敦志, 村上 怜, 森本 寛基
    2019 年 29 巻 4 号 p. 302-307
    発行日: 2019年
    公開日: 2020/06/25
    ジャーナル フリー

    中耳腫瘍は比較的稀な疾患であり,鼓膜所見や画像所見のみでは術前に病理組織型まで診断するのは困難なことが多い.今回,我々は経外耳道的内視鏡下耳科手術(TEES)で摘出した中耳腺腫の1例を経験した.症例は61歳男性で,左難聴と耳漏を自覚して受診し,左鼓膜から外耳道下壁に突出する腫瘍性病変を指摘された.中耳腫瘍を疑い,TEESで試験的鼓室開放術,腫瘍摘出術を行い,内視鏡下に腫瘍を全摘した.鼓室粘膜はほぼ温存されたため,一期的にIIIc再建した.病理組織学的検査で中耳腺腫と診断された.中耳腺腫は,神経内分泌系とムチン産生系の両方への分化を示す良性腫瘍と定義されている.類義疾患である中耳カルチノイド腫瘍は,長期的に局所再発,転移の報告があるため,本症例でも長期的な経過観察を予定している.また,中耳腫瘍を内視鏡下に摘出した報告はまだ非常に少ないが,本症例では,明視下に腫瘍の摘出が可能でありTEESは有用であった.

feedback
Top