応用物理
Online ISSN : 2188-2290
Print ISSN : 0369-8009
72 巻 , 11 号
『応用物理』 第72巻 第11号
選択された号の論文の14件中1~14を表示しています
巻頭言
総合報告
  • 國分 泰雄
    2003 年 72 巻 11 号 p. 1364-1373
    発行日: 2003/11/10
    公開日: 2019/09/27
    ジャーナル 認証あり

    筆者の研究室で開発した積層マイクロリング共振器型Add/Dropフィルターは,超高屈折率差(Δ=34%)光導波路を用いた超小型波長フィルターである.バスライン導波路がクロスグリッド構造をもち,また基本要素が数十 μm角と微小であるために高密度集積化が可能である.さらには,複数のマイクロリング共振器を組み合わせるとフィルター特性の合成も可能になるなど,次世代フォトニックネットワーク用の合分波器として多くの特長をもっている.本稿では,この積層マイクロリング共振器フィルターの基本動作と特長を述べ,筆者の研究室での最近の研究成果と,これを用いた集積化フィルター回路に関する今後の展望を紹介する.

解説
最近の展望
  • 八田 竜夫, 田端 誠一郎, 斎藤 健
    2003 年 72 巻 11 号 p. 1400-1403
    発行日: 2003/11/10
    公開日: 2019/09/27
    ジャーナル 認証あり

    近年,都市域ネットワークの大容量化と柔軟な運用を可能とする技術として,光スイッチを用いた光ルーターの研究が盛んである.光スイッチとしてはSiの微細加工技術を利用したマイクロ・エレクトロ・メカニカル・システム(MEMS)スイッチが先行しているが,さらに低コスト化を目指してポリマー光導波路の接続部を,外部応力変化によって結合・分離の制御を行う光スイッチ技術と光ルーターへの応用を紹介する.ポリマー導波路フィルムの柔軟性を使った機械式駆動というスイッチング方式は,制御の容易な2値制御でありながら高速切り替え,低損失などの特長をもつ.

  • 川浦 久雄, 馬場 雅和, 飯田 一浩, 佐野 亨, 井口 憲幸, 阪本 利司
    2003 年 72 巻 11 号 p. 1404-1407
    発行日: 2003/11/10
    公開日: 2019/09/27
    ジャーナル 認証あり

    リソグラフィー技術の進歩により10〜100nmレベルの人工ナノ構造物を自由に形成可能になった.このサイズは最先端トランジスタのゲート長と同程度であるとともに,DNAやたんぱく質などの生体分子サイズにも匹敵する.これまで生体分子分離には,ランダム構造からなる分離材が用いられてきたが,標的分子サイズに最適化された人工構造を用いることで効率的な分離が可能となり,チップによる微量・高速分析が実現される.

  • 坪野 公夫
    2003 年 72 巻 11 号 p. 1408-1412
    発行日: 2003/11/10
    公開日: 2019/09/27
    ジャーナル 認証あり

    1999年,TAMA300レーザー干渉計重力波検出器は,世界に先駆けて本格的な重力波観測を開始した.残念ながら,いまだ重力波は検出されていないが,TAMA300はわれわれの銀河内で起きる重力波イベントを検出できるだけの感度をもっている.2002年には米国のLIGO検出器も稼働を始め,数年遅れの欧州の2台の検出器も含めて世界的な重力波観測ネットワークが構築されつつある.さらには,次世代の高感度レーザー干渉計を目指した技術開発も活発になってきた.

研究紹介
  • 水本 哲弥, 横井 秀樹
    2003 年 72 巻 11 号 p. 1413-1416
    発行日: 2003/11/10
    公開日: 2019/09/27
    ジャーナル 認証あり

    半漏れ型光アイソレーターは,導波TEモードと放射TMモード間のモード変換を利用して動作するアイソレーターであり,磁気光学効果による非相反なモード変換とLiNbO3 による相反モード変換を組み合わせて,逆方向伝搬波に対してのみモード変換を発生させることで実現される.このアイソレーターは,構造が単純でデバイスの許容製作誤差が大きく,特性の波長依存性が小さいという特徴がある.製作するために,磁気光学結晶上に異種結晶であるLiNbO3を十分な光学コンタクトを保って,装荷することが重要である.これを実現するために,ダイレクトボンディングによって,希土類鉄ガーネットCe : YIGとLiNbO3 の接合を実現し,半漏れ型光アイソレーターを試作した.

  • 川本 徹, 阿部 修治
    2003 年 72 巻 11 号 p. 1417-1420
    発行日: 2003/11/10
    公開日: 2019/09/27
    ジャーナル 認証あり

    われわれは光誘起相転移の効率を高めるためのモデルを理論的に提案し,計算機シミュレーションによってその実効性を確認した.提案したのは,2種類の構成単位からなるナノ構造材料を使う方法である.具体的には異なる二つの安定状態をもちうる構成単位(分子など)を2種類用意する.その2種類の構成単位からなる超格子構造では,1種類の構成単位のみからなるものに比べて,より弱い光強度下でも,高速に相変化が起こることがわかった.この結果は,単独では相転移を起こしにくい物質でも,うまく二つの物質を組み合わせることで,効率よく相転移する材料を作り出すことができることを示している.

  • 岡嶋 克典
    2003 年 72 巻 11 号 p. 1421-1424
    発行日: 2003/11/10
    公開日: 2019/09/27
    ジャーナル 認証あり

    実験データと色覚系の階層性に基づく色のカテゴリカル認識モデルを紹介する.本モデルは視細胞レベル,反対色レベル,カテゴリーレベルの三つのステージで構成される.比較的シンプルな積算回路と最大検出器を有するネットワークモデルは,光源色モードや物体色モードなどの見えのモードの違いにかかわらず,基本色名の応答を反対色応答から統一的に精度よく予測できる.本モデルを色順応モデルと統合させることで,色名を認識するコンピュータービジョンや色管理システムに応用できる.また,色認識の加齢変化についても言及する.

基礎講座
feedback
Top